ヒョウタンツギの存在は、
今や「なんだかよく分からないモノ」のままで放置できる状態ではない。
菌糸類学会での発表以来各界からは異論が沸き連日国会を賑わしているが、
それは日本はもとより世界に対する「危機的状況をはらむ何か」であると言う真実が、
覆い隠すことのできない実体としてそこに隠されているからである。



ヒョウタンツギ探偵団報告(最新 2003.7.20)

ヒョウタンツギ化現象 中間報告 NEW!
ヒョウタンツギ 仙人説
ヒョウタンツギ 宇宙人説

▲記事へ戻る