かわいい系古書漫画の愉しみ


がかわいい漫画を読んでいると、とてもハッピーな気分になってきませんか?
“かわいい”といっても人それぞれだと思いますが、僕が古書漫画に求める“かわいい”は、
手塚治虫的な絵であること、ぬいぐるみのような暖ったかなモコモコ感、
作者のやさしさがページに滲んでいるような作風、という所です。


ここで紹介している漫画家の方々の作品が、いつか復刻されることを心から願っています。


川一彦-------------------まるでぬいぐるみの設計図のような柔らかさは絶品。

偵クリちゃん-------------------あまりのかわいさに一部ファンの間で異常なほど大人気(らしい)。

しだきみまろ-------「少年」誌に「大怪獣モスラ」を発表した漫画家。それ以前はどんな漫画を描いていたのか・・・

松晃---------------------全くもって謎に包まれているオブスキュアなかわいい系好き悶絶の漫画家。




もどる