クラッチ交換の巻(その壱〜エンジン降ろすのどうする?)。

(H20.1/正月)1/13更新

 

暮れも押し迫って、クラッチ交換の予定を決行するために・・・

エピソード101です。

これからもよろしくどうぞ〜。

クラッチが到着!

クラッチをFPSさんに注文、年末に無事に届きました。ありがとうございました。

症さまより「クラッチ交換オフ」会場提供のお知らせも。

ありがたいことです。感謝

さて、エンジンを降ろすのははじめてなんです。解体屋さんから購入したエンジンはミッション、エンジン込みで120kgの貨物で届きましたから(実重量は不明)、重いんだろうなあ・・。

症さまからのアドバイスによれば、「エンジン脱着は2名以上必要。麦酒のケースも用意しときましょ」とのアドバイス。また大佐@秘密基地さんからは、「台車があると便利ですよ」とのアドバイス。さらに、いろいろな方々よりありがたいアドバイスをいただきました。この場を借りて御礼致します。

で、考えたんだが、エンジンを降ろすのに簡易クレーンを作ってみたい・・・

お安く、分解可能な、でも役に立つかどうか?で、考えました。

まずは・・・・

エンジンは? 地上何センチのところにあるの?
持ち上げ量は? 何センチ持ち上げればバンパをクリア?
持ち上げてどうする?  

というところを考え、それをクリアできる最安値の木製簡易クレーンを(笑い)。

ひどいメモだ・・・・

エンジンは? キャブの上が地上70cmぐらい。シャシフレームとオイルパンの差が7cmぐらい。
持ち上げ量は? 7cm持ち上げればバンパー上にオイルパンを載せられる。
持ち上げてどうする? ちょっと持ち上げてクルマを下げればいいのです。

ホントかよ・・・(笑い)

平均台?(笑い)  要は、テコの論理でちょっとだけ持ち上げる事ができればいいんです。で、用意したのが、2X4の角材、ボルト、鉄製の補強アングル等です。こいつを症さんの家で組み立てて、テコの反対側を押し込んでもらい、シャシーをクリアしたらクルマを下げて、麦酒ケースなどに載せる・・・

いいじゃないですか〜(ちょっと満足)

いやあ、ダメでしょう!(すごく不安)

で、材木¥1570、ボルト類、アングル¥1520合計¥3090の簡易クレーン材料はそろいました(笑い)。

晴れて!いちがつよっか〜!!

クラッチ交換オフのはじまりです〜。

会場は言わずと知れた「症さん'sガレージ」。午後一番で大磯を出発し、1時間ちょいで到着しました。症さま、ウチで援軍を募集したところ、たけさん(はきこさん同伴)、charlyさんfamilyKさん、タチウオさん、そしてAMI6にお乗りのKさんが集合し、ちょっとした集まりになってしまいました。左の

濃い〜お写真!!(爆)

2CVX5,AMIX1、エクスプレスX1、お昼にはC3もあったのですよ!!

特にAMI6への添乗体験は夢のようでした。いいなあ、AMI。そして、今回、お写真は症さん、familyKさんが撮ってくださいました。感謝です。

さて、クラッチを交換するにはエンジン下ろしが必要。段取りをしておかなけりゃ、というわけで、段取りリストをA4版の紙に記入しておきました。段取りはこちら

段取りの紙をウインドウに貼り付けて、項目ごとにすすめれば意外と簡単なエンジン下ろしです。2CVのよいところですね〜。

症さんとAMI6の特徴、乗り心地などを試しているとタチウオさん、Charlyさん、familyKさんがご到着。まだか作業に入る前ですから、症さんのガレージにて記念のパチリ(こういうときにこの様な動きをしてしまうので、どうぞお気になさらず・・・)。

早速作業にはいることにしましょう。工程表をもとにボンネット外しからはじめます。familyKさん、タチウオさんにフォローしてもらい、ボンネットヒンジ近くを腰を振りながらスライド抜き。これは面白いなあ。はずれたボンネットは、避難しておいておきます。ボンネットのステーもこの後外しちゃいました。

ここからは手慣れたもので、サイドパネル、フェンダーの取り外しにかかってしまいます。

マウスを乗せてね。 フェンダーの取り外しがすんだら、上側から作業に入りましょ。バッテリーケーブルの前に、先にエアクリーナーを外しにかかりました。

エアクリーナーはユニット外して、インテークラバーはキャブ側につけっぱなしですね。ここでオルタネーターのケーブルを外しました。タチウオさんがバッテリーのケーブル外しをやってくれました。

すでに工程表を完全に無視です(笑い)。ヘッドライトステーのボルト外しにかかっています。ちなみに、前日、ケーブル類には荷札を用いて、ケーブルごとにマークしてあります。取り外しはそれを目安に行います。ヘッドライトステーを外すときには、ステー側にコイルがあることから、コイル関係、油温警告灯関連のギボシを抜いておかなければなりません。
ヘッドランプステーのボルトを外しているところ。
コイル関係のケーブルに荷札がついているのがわかります。ヘッドライトステーは布をひいたバッテリー上に避難。車内からランプ・ウインカーをコントロールするケーブルがつながっています。タイラップなどをいくつか外さないといけない場合があります。
ここで、アクセル、チョークのワイヤーを外しました(工程表と順序が異なります)。※、アクセルワイヤーのホルダーを取るの忘れた。エンジン持ち上げてから気がついて外す顛末となりました。
コイルにつながるケーブルです。「コイル−」「コイル+」などなど。
まだボンネットキャッチは外していませんが、エンジンマウントボルトを外して、ジャッキアップを準備しています。
フュエルホースは金属部分、ゴム部分の継ぎ目を抜くのですが、ガソリンがダダ漏れします。タチウオさんからクリップをお借りしました。
アンダーカバーを外してます。アンダーカバーはウチの個体はポルトガル産なので、ベーク板みたいな樹脂製プレートが。11mmのボルトで固定されています。簡単撤去。
まだまだ行きますよ〜。
アンダーカバーがはずれてきました。もうすぐ降ろしです。クレーンが使えますなあ・・・・。
エンジンマウントボルトもはずれ、床を汚さないようにブルーシート、ジャッキに木っ端をかませて持ち上げています。あ、この時点でエキマニのクランプ(前)は外し済みですね。
位置決めをしながらどうするか?考えています。
さあ、エンジンとミッションをつないでいるナットを外しにかかりましょう。下側はディスクブレーキクーリングシュラウドのステーが共締めになっています。外してしまいましょう。

さあ、エンジンクレーンを組み上げなきゃ。

つづく。

実は、この後にいろいろあってね。エンジン下ろしは「その弐」にて

オドメータ81560kmでした。

次に続く

やらなきゃいけないことリストっ。

次回オイル交換は83000kmあたりです。ここでエアフィルター掃除もね。次回ドライブシャフトグリスアップは80000kmぐらいかな?次回キングピングリスアップは85000kmぐらいかな。ミッションオイル交換は87000kmあたりです。ファンベルト交換は次回の車検前です。エンジンマウント交換は120000kmぐらいかな?つきることが・・な・・い(笑い)

やりたいことリストっ。

シート調整、さび対策、定期的なフッ素コートフェンダーキャッチラバー交換、リアデフォッガー(ファン式)&ユニット製作、・・こんなにあるの?(笑い) 、ロールスクリーンの遮光アミ取り付け、オイル漏れ探索の旅・・・「左フロントキングピンキャップ締め直し」、エンジンミッション降ろしたら、ステアリングラックのあちこち部品交換。もやりたい事に。雨漏り補修。窓のスキマにウレタンを貼りたい。クラッチ交換

エンジン欲しいのです・・・。分解・勉強・組み上げ・再搭載(笑い)買っちゃいました!

やっちゃったことリストっ。

ETC装着幌交換内装張り替え、バックランプ交換ハイマウントストップランプ間欠ワイパーフロントベンチレーションシャッターパッキン交換ハイマウントストップランプベース作成排気漏れ対策ミラー調整、レギュレーター交換&移設オイル交換ルームランプ掃除、ウインカーレンズ修理! 仮免許練習中プレート(前後)作成、「すだれトップならぬ2CVなのにアミ仕様」加工、キングピン交換(左。69382km時)、センダーユニット結線絶縁修理。グリスアップ、ジャッキアップ用「かませ」づくり、バタンコ騒音修理?。アンテナ調整、ハイマウントストップランプ球交換。ステアリングラックグリスアップ。中間ジョイントグリスアップ、ガスリタンバックホースのフロントアーム干渉の解消。定期的なフッ素コート(6月)、トランクパネル中古探し。前ナンバープレート位置調整、ショックを改造・ふわふわに。ハンドブレーキ調整、ブレーキラインのエア抜き(プロにおまかせ)、シフターダストブーツ交換&プラグ交換、ラジオ交換、助手席サンバイザー取り付け、右キングピン交換、ボールピン分解と組み立て、アジャスタスクリュー調整、トランクパネル塗装&交換。バルブカバー交換&プッシュロッドチューブダブルジョイントシール交換(右肺)、ドライブシャフトグリスアップ、ウインカーリレー交換、レギュレーターベース取り付け。ユーザー車検。ミッションオイル交換。キャブコンバート、オルタベルト交換、オイルクーラー掃除、エンジン&ミッションマウント交換、ダクト交換、タペットクリアランス調整。隙間ウレタン貼り付け、タコメーター取り付け。

2CVに戻る     “つまいそ”TOPに戻る