'65 CITROEN AZU blue

エピソード25

〜ガソリンホース崩壊と修理の巻〜

H21.7/19(7/20更新)

今日は年に一度の学術発表の日です

例年、この発表は私にとっての節目でもあります。

今日はMacやプロジェクターなどをもっていくので、クルマで会場まで行くつもり。

で、いつも整備する仕事場の駐車場へ移動。仕事場のお掃除をしておりましたら、“つまいそ”が、

「ね〜、なんかガソリン臭くない?」

私:「そうだな〜、くさいな〜」

あれ?  で駐車場へ・・・。

 

あ"〜っ!ガソリンの海〜!!(激驚いた)

写真も撮っていません(泣き)

翌日の保管用駐車場の地面写真をご覧くだされ。

ピンとこないでしょ?

これでどうだ!(自慢げ)お漏らしは跡が残るのね。ちょっと結構、漏れてるな。

で、早朝から修理しまして、無事に学術発表は終えることが出来ました。帰り道の二重の虹。きれいだ・・・、そんなことを言っている場合ではない!(笑い)

休診日には飯田方面、多治見方面への旅の予定が。修理しないとね。でも連休で部品の手はずが・・・。

しかぁ〜し!カントクさんのアドバイスで、ホースは近所のマツダアンフィニサービスで手配が出来ました。なんと、工場のえらい方らしき人が、タダでくれましたの。感謝!!

で、患者さんの合間に修理です(爆)。赤いつなぎマンになりまして。

勝手知ったる分解手順(笑い)。このクルマは425から602へのコンバートもの。フュエルホースの取り回しも、助手席側ガソリンタンクから運転席側のフュエルポンプまで、エンジン下を通しています。燃料漏れはフレーム下のホースから、コネクタを介してフュエルポンプへ上る25cmぐらいのホース部分。このホースだけ劣化が激しく、恐らく、交換をせずに使われてきたことからコネクタ部分が崩壊して燃料漏れが発生したようでした。応急措置(約2cmカット、つなぎ直し)で、ひとまずは止まっていました。
ハイハイ、このホースです。エンジン下から上に上るホース、この画像だとわかりませんが、近くで見れば亀裂いっぱい。
アップです(笑い)。下の方に外寸の大きいホースが保護用に巻かれているのがわかります。この保護ホースの下側で約90度折れて上方に向かう部分で漏れは発生していました。ポンプ前なので圧力が多くかかり、亀裂からガソリンを噴射するようなことがなかったので、燃えることなく、下にポタポタという漏れ方で済んだのはラッキーでした。キャブ付近ですとポンプの圧力がかかるので噴霧されて引火の危険もあります。
点順はさほど難しくはない。しかし、自己責任でお願いしますね。私はホースプランプでタンクよりのホースを閉じ、ガソリンの漏れを最小限にとどめます。それからコネクタ部分を抜きます。
わかりにくいですが、ホース先端に樹脂製のコネクタがあるのがわかります。クランプがあればガソリンの無駄は数十滴で済みますね。
こちらはエンジン上側からフュエルポンプを見ている図。ポンプ本体の下側にホースがクランプされているのがわかります。ポンプの継手は真鍮のような材質で、ギザが切っていないため、ホースを引っ張れば簡単に抜けました。
これがホースの亀裂・・・(苦笑)。怖かった。ほぼ同じ長さでカットした新しいホースにクランプを取り付け、ポンプ側から止めていきます。
わかりにくいと思うのですが、ホースにクランプを付け、ある程度クランプのネジを締めておいてから、ヒモ(ここでは荷造りヒモを使用)を引っかけて、フュエルポンプの継手部分に引っかけ、ひもで上に引き吊りあげると簡単に装着できました。狭いところですが、念入りに7mmのクランプネジを締めて行きます。

無事に締めることが出来たクランプ。では、下側をつなぎましょう。

下側は無事に装着。保護用のホースごとエンジンマウントに緩やかにタイラップ止めしました。
こちらはポンプ上のキャブへのホース。ちょっと人為的っぽい亀裂発見!急がねば。
ひとまず、無事に修理完了。ホース関係のリニュウアルを予定に入れなければなりません。

明日は、「学術発表お疲れ様でした旅(笑い)」

カントクさんと精進料理&らんくさん宅畑を見学(?)ツアーを決行予定。

あ、ガソリン入れて驚いた。

現在1035km、前回ガソリン補給時1008km

ってことは?

27kmしか走ってないの。

ガソリンは・・・

13.56L入りました・・。

今回の燃費^

1.991km/Lです。

十いくつではなく、いってん、キューキューいちキロメートルパーリットルですがね。

(慟哭)

次の旅が楽しみです。

エコランしてやる・・・。

雑誌・PV・TV撮影用にご興味のある方、遠慮なくメールください  こちらまで

オドメーター・日本に来て1035kmと4マイルでした〜。

やりたいことリストっ。

キャブ掃除、サビ対策、センダーユニットの調節、テレスコピックダンパー交換、下回りをきれいにしてさび止め塗装。本当は欲しいのハンドル(笑い)。

やらなきゃいけないことリストっ。

オイル交換は3000kmぐらいです。ギアオイル交換は15000kmぐらいです。キングピングリスアップは10000kmぐらいかな?ドライブシャフトグリスアップは10000kmぐらいかな? エアフィルター洗浄は12月ぐらいかな? タッチアップは急いであちこちやりましょう(笑い)、燃送系のリニューアル。

やっちゃったことリストっ。

掃除!、ルーフキャリア外し、メーター交換、シートゴム交換、フロントウインカー取り外し、ヘッドライト交換、サイドスリップ調整、フロントディスク、ブレーキパッド交換、サイドブレーキパッド交換、エアクリーナーユニット掃除、エアフィルター交換、オイル漏れ修理(バンジョウボルトワッシャ交換)、排ガス漏れ修理、オイル(エンジン、ミッション)交換、リアポジションランプ加工、ウインカーマーカレンズ交換、リバースランプスイッチとりつけ、ナンバープレートベース製作、リアマッドガード装着、リバース灯設置、エアクリーナー新調、リアシート取り付け。ナンバー取得!!ETC装着、バンパードレスアップ、サイドのサイン完成。ポンプ手前燃料ホース交換。

 

戻る    次に進む