オリエンタル 電話:0463-37-3874 / フリーダイヤル:0120-94-5875 / 
FAX:0463-37-3875


@湘南地域の海側に住みたいけど塩害対策はどうですか?
回答:構造材や基礎は勿論ですが、外壁や屋根、空調機なども塩害に強い商品をご提案しています。

A家が完成するまでの各職人さんはどんな方なのですか?
回答:当社では常に一定の業者(職人)さんで施工を行っています。CSマナー研修も終えた熟練の信用出来る方々を採用しています。

B設計士さんは敷居が高いイメージがあるのですが?
回答:当社の設計スタッフを含め、国家プロジェクトまでこなすデザイナーさんまで、一環して10年同じメンバーで構成されてきました。資金計画から親身になってお客様のご意見を伺い自分に合った家づくりをご提案しています。

C水廻りの商品は高価だとか水漏れのトラブルが多発するなど心配なことを書かれた建築雑誌を目にします?
回答:当社では住宅設備施工部門があり大手メーカーのシステムキッチン、システムバス、洗面化粧台など据付けをしています。もちろん、メーカーの指定工事店登録や施工認定士の資格を取得した熟練工が施工致します。また、商品においては極力お客様に良い商材をできるだけ安くご提案させて頂いております。

D鬼門とかアドバイスは家づくりに反映させてくれますか?
回答:勿論、風水とか鬼門などの気にされる方は沢山おられます。科学的には実態の無いものですが、私達も目に見えない効力に対して出来る限りのアドバイスはさせて頂きます。

Eオリエンタルで家を建て住んでいる方の家を見学したり、話を聞くことはできますか?
回答:勿論、大丈夫です。事前にご相談して頂ければ、すでにお住まいの方にご了承頂き内見させて頂けます。

F自然素材の提案や金額、効果などアドバイスはして頂けるのでしょうか?
回答:自然素材も数多くございます。私達の知らない素材も、まだまだ有りますが国内外の商材を含めお客様と一緒になって体や環境に優しい素材を探し、ご提案出来ればと考えています。

G木造、鉄骨、コンクリートそれぞれの長所と短所などは説明して頂けるのでしょうか?
回答:様々な素材はJISなどの衝撃試験など報告書類があります。しかし、余談になりますが何年も前に京都の清水寺修復工事で有名大学の偉い教授百数十人、屋根の構造は鉄骨にしようとの見解でしたが当時現場を取り仕切った宮大工の棟梁に見解を求めたところ、『鉄は100年、檜は1000年』の言葉一つで全員黙ってしまった。結果すべて『檜』で施工した。このように、試験結果だけで無く現場の職人さんの意見や経験もお話し出来ると思います。

H家は建てたいけれど土地も探してもらえるのか?
回答:当社は不動産屋ではないので、提携している大手、中小の不動産屋さんを直接ご紹介いたします。お客様と最初の一歩から一緒にライフスタイルにこだわり、お手伝いさせて頂きます。

Iなかなか気に入った土地がない?
回答:お客様のご希望を100%満たす条件は、ほぼ不可能だと思います。妥協点はいくつか、まず、ご自身の資金計画とマッチした住宅計画をお勧めいたします。金銭的にすばらしく余裕がある方でも、100%は不可能に近いと思われます。

J日本の風土に合った建物は何がいいのでしょうか?
基本的には、在来工法が日本古来からの建築方法なので多湿の風土に合うと考えます。また、ホワイト系の木材はシロアリや湿気に弱いとされていますので注意が必要かと思います。

Kecoと一口に言いますが何を指してecoと言うのでしょうか?
回答:国土交通省や世間一般に言われるecoも勿論ですが、私達は家を建ててから手間(手直し等)のかからない家こそ本来のecoと考えております。但し、保全の為の手入れは当然と考えますので勘違いはしないで下さい。

TOP
Copyright © 2011 Oriental Co.,Ltd. All Rights Reserved.