・・・百均製品で安価にコサえた、リゾネーターギターもどきで〜す!・・・

  ダイビング・パン。世界お初と謳われるエレキ、リッケンバッカーのフライング・
  パンをもじって名付けた、ムコーが飛ぶならコチトラ潜ってやろうかえという、
  これまたお里が知れるアンチョクな命名ですな。トーゼン形状が近しい故から
  です。或いはボディにお皿使っているから、ダイニング・パンってのもアリかと
  思うも、元ネタから離れてしまうんで敢えなく却下としました。

  これも
「四味線」に同じくシャレというかお遊び的なナンチャッテのギター、と
  いうか弦楽器で、やはりコチラもそのボディには100均製品を流用し、金属
  製のお皿とボールを二枚貝のように結合して構成しています。こんなんに
  お金掛けてられまっかっての。というのもこのネック、オラと同世代前後の
  方には共通認識あるだろう安普請なエレキの代名詞的存在、二光の通販だ
  トムソンだハリーだっていう、そのレベルの作りのもの。

  これらのエレキってば、よくぞここまでと呆れるよりは感心してしまう程の工作
  レベルで、そのボディの造りなんかも画像に上げたい位です。それらがどこで
  生産されたモノかは知らないけど、これならノーブランド的に安価に売られて
  いる近年のコリア製やチャイナ製のもの、あるいはそれ以前のものでもよく
  出来ていたヤツもあるし、その工作精度には大きな開きがあります。ホント、
  前者は図工の時間ぶきっちょな子が投げやりに作ったも斯く哉のデキだもん。

  もちろんワシがそんなエレキを掴まされるワケもなく、タダでの頂き物で、でも
  貰ったはいいけどコレがフレット音痴も甚だしいのよ。見た目にはソレナリに
  フレット打たれてるように見えるし、そんなことになっているとは思えないけど
  (もっとも肉眼でフレットがアチコチ向いてるようじゃハナシにならんけど)、
  とにかくあきまへん。この絶対「不」音感を持つワテにそう思わせてしまう位
  じゃけ、こらアカンと思いソッコーにバラしてしまったのでした。

  で、マトモなギターにそのネックをコンバートなんてのもあり得ないし、使い道を
  考えあぐねた結果、オチャラケなギターを作ってお茶を濁そうとなったワケです。
  そのワリにゃブリッジとか3対3にスプリットしてオクターブ調整考えたりなんか
  して凝ってるし(ネックがネックなんで徒労というのにねぇ)、ちゃんとそのサドル
  も前後に調整可で、オール金属で構成したソレナリにリキ入ったモノですわね。

  かと思えばそのネック・ジョイントは、如何にもの手抜き感バリバリなミテクレ
  だけど、ちょっと待ってくれいっ。これにはある理由があるんじゃい。それはま
  後述するとして、このネック、御覧の様にホワイトでのツブシ塗装なんだけど、
  出自が出自だけにどうにも安っぽく、どげんかせんとなと思い家に転がってた
  艶消し黒の缶スプレーをそのヘッドに吹いてみたら雄々しく黒々、これなら
  悶々な奥さんも狂喜乱舞ってトコでしょう。ついでにPUカバーとVOLノブも
  それで塗っちゃいました。おおっ、ナニゲに精悍ぢゃぞっ。

  そんなこんなカンジで完成したコイツ、同じく適当作業の四味線よか、コイツは
  ほぼ塗装工程がないに等しかったんで、あれより更にチョチョイと仕上がっちゃ
  ったなぁ。さて、そんなトコでコイツの弾き方ってか使用法なんだけど、まず
  そのネック・ジョイントを見てお解りのようにレギュラー・チューニングなぞカマ
  したら、あえなくタイタニックのようにサバ折りになってしまうことでしょう。
  それにモトより音痴なネック、その調律の意味も薄いしね。

  だもんでワテが考えた演奏法は、2〜6弦の解放弦を共和音と不協和音のギリ、
  例えるならインドっぽいシタールの共鳴弦の如くなカンジに設定します。で、
  それらを掻き鳴らしつつ1弦のみ運指してメロを奏でるって寸法。コード進行も
  ヘッタクレもないけど、でもいいの。もともとインド音楽には洋楽的な和声の
  概念ないし、てかそんな講釈よかああいう怪しげなサウンドを紡ぎ出せれば、
  それでツカミはOK、お勤めゴクローさんでしたってトコだし。

  まああとはその延長上の考え方のチューニングだけど、1、2弦をユニゾン
  あるいは和音にして、それら同時に運指してメロ弾きってのもアリかもね。
  モチ残りの3〜6弦を共鳴弦に使ってね。かなりアナーキーな使い方だけど、
  本来チューニングなんて自由に設定していいものだし。ただ正調の調律って
  いうのも理に適っているから普及しているワケで、オラもエラソーに書いた
  ワリにはギター沢山あれど、ほぼレギュラー設定だし。ミニ・ギターとかこう
  いう奇天烈なギター作らない限り、そうそうはやらんわね。

  なんだ、調律変えただけがウリで、あとはいつものギターのようにミテクレ
  のみでウケ狙いのモノねと蔑んだアータ、ちょっと待ってくれいっ。コイツには
  もひとつ奥の手があるんぢゃいっ。前述したチープなネック・ジョイント、それ
  故剛性弱くレギュラー・チューニングもままならないというのも先に記した通り
  だけど、そこを逆手に捉えて演奏法に加えるのです。どゆことって?ネック・
  ベンドですがなダンナっ。こげな構造なんで容易くそれが可能で、マイコー・
  シェンカーのようにソレやり過ぎてネック折ってしまうなんて悲しい出来事
  とも無縁やがねっ。

  もっといえば、ネック・ベンドというよりかはネック・ダウン方向の方がより
  有用で、その効果も大。その前記した演法、2〜6弦を共鳴弦として鳴らし
  つつ1弦でのメロ弾きのときオモムロにダウンってカマせば、より怪しけ感や
  キテレツ感が高まり、もうこれでツカミから本ボケまでのネタもバッチシっ
  てなアンバイ。こげなチャチなギターにナゼにわざわざストラップ・ピンを
  配しているかは、もう敢えて記さんでもお解りでんな。そうそう、取って
  付けな命名だったダイビング・パンってのも音程ダイブってのを表すかの
  如くになり、これで演奏法との整合性も出てメデタシメデタシってカンジ。
  アーム大好きのオラもこれならナシでも楽しく遊べますっ。

  なんかこんなインチキ楽器なんで、ハナから終りまでチャラけた文と内容
  だったけど、最後に少しマトモなこと書いて置けば、その度々話に出した
  か弱い作りのネック・ジョイント、ジツはその内部構造は少しだけ凝ってて、
  ジョイントの金属バーがそのままボディ中央まで延びて、なんてか中空
  位置でボディ裏に設けたボルトに結合されている構造なの。ナゼにそんな
  造りにしたかといえば、なるだけネックはボディにがっしり固定はせずに
  アンニュイな鳴りを狙い、けどその弦振動はしっかりボディの金属皿と
  ボールに伝えて震わせたいって観点から。その甲斐あってかどうかは
  解らんけど、そんなナンチャッテのヒンドゥー漂う演奏にいい華というか
  響きをを添えて鳴ってくれるしね。

  と、そんな高度な計算の下ボディ・コンストラクションを決定したワリにゃ
  (ウソよん)、ボディ裏の画像撮影のときおもきしワガが映り込んじゃって、
  ナニも考えてないのマルダシ。オマケにそういうときに限って真っ赤な
  オベベなんて着てて無頓着この上ないバイ。まあそれはこんなメタルな
  ボディ故、映り込みも致し方ナシってことでゴカンベンをっ!


DIVING PAN

TOP