LEO PAUL with  ORIGINAL TP TREMOLO レスポールのリプレイス用を意識して、 テールピース換装のトレモロ・ユニット作ってみました!


 ・・・脳内では、もっと粗野なトレモロ・ユニットになるかと思ってたんだけど・・・


  このレスポールコピー、ネック折れ直してそのついでに化粧板貼って、
  オリジナルっぽくしてやったぜ的なコトが、この下方にある旧ページには
  ツラツラ記してあると思うのだけど、そんなことはどうでもヨシっ。

  再びリライトして記す理由はただ一点、コイツに自作のトレモロ・ユニット
  載せてみたんで、紹介しよ〜そうしよ〜、それのみによっててあ〜る。

  また、その旧ページ内にも「アーム載せる草案あるんでそのうちやるぜ」
  的なこと記載していると思うのだが、よってウソつきにならない為にも
  頑張ってみたのだ。ちなみに先程から旧ページの記述内容のことを
  「思う」「思う」と表記しているのは記憶を辿ってのもので、読み返した
  ワケではないのだ。すぐ下にあるにも関わらず…。

  だってさ〜、余り好きではないメーカー製のものとはいえども、なんか
  スゴイ罵倒しちまった記憶あるんだも〜ん。ソレ見るのが怖いのだっ。
  だから出来れば皆様にも読んで欲しくないんで、ここで解説しておこう。
  なんでレオ・ポールなんてクソサブいダジャレの名前が付いてるかと
  いうと、ワシャしし座生まれなんで、ヘッドにライオンのインレイもどき
  細工して施し、そんな命名にしたの。ささっ、これでもう下ページ
  読まなくても大丈夫ねっ!

  さて本題のアームの方だけど、本来コレに載せようと思ってたベスト
  ワンのアイデアは、これまたヘッド折れだけど御本家ギブソン様が
  手に入っちまったんで(レスポール・ライトだけどね。けどロハでよっ)、
  いずれソッチへ搭載することとし、コチラにはセカンド(かサード)
  ベストな素案を使うことにしました。ただ、そのどちらもワイルドな
  ルックスに仕上がる算段も、よりこちらの方がミタメ的にインパクト
  強いものになると思ったので、なら先んじてカマすにゃよかんべ〜と。
 
  で、詳しくはブログの方にも記してあるのだけど、シンクロ・トレモロ
  用のスプリングが腐るほどあったんで、ソレ豪気5本に使い、ご覧の
  様なイデタチのトレモロ(ヴィブラート)・ユニットになりやした。バネを
  こんなに沢山ボディ表面に悪びれなく露出させて並べちゃうんだから、
  想像ではもっと素っ頓狂なミテクレになるかと思って(期待して)た
  のに、実際はなんか意外に割とまとまったカンジだったんで、巧く
  スッキリ作れたことに嬉しさ半分、期待外れて残念半分ってトコっ。

  テールピース部分の上部にシルバーのポチポチあるのは、ヘキサ・
  ビスで、ご存知エンドロックスLOVEのワシャは、ユニット形状全く
  違えど同機能を持たせる為にそうしました〜。コレでヘッド側から
  弦通しボールエンド引っ掛け、テールピースでクランプすりゃもう、
  チューニングの安定感グンバツさね〜。

  ホントはトラッドにテールピースに貫通孔設けてソコに弦通すか、
  或いはビグスビーの様にピン立ててソコに弦ボールエンドの穴
  引っ掛ける、って方式にも色気出なかったことはないんだけど、
  ココはやはりアーム好きのワシャに取ってはね、ウニウニとシゴき
  まくっても調律狂わない方のがイイやね〜。ルックス的にもこの
  LPコピー、トラッドというよか’80sっぽいから、ヘキサ・ビス並ん
  でても違和感ないっていうか、むしろこの方が似合いじゃ〜ん!
  
  そんで肝心の使用感の方はというと、そらもうベアリング4つも
  ブチ込んであるし、グンバツに滑らかさ〜。ま、こういうテール
  ピース可動型はシンクロ系とは違いそんな急激な音程可変は
  望めないけど、そういう特殊な使い方をしない限り、音なんて
  ちょっとピッチが変わっただけで耳に障って届くから、アーム
  本来のコードを揺らす様な緩やかな使い方や、あるいは摩訶
  不思議サウンド響かせるにも好都合な具合に仕上がってま〜す。

  それに、アームバーの上下動に対する音程可変こそ上記の
  通り緩やかだけど、バーの上下動の稼動範囲は大きいんで、
  頑張ってウニウニやればソレなりの音程変化するし、なんか
  そのときは非常に『ヤってる』感あって楽しいよ〜。ちょうど、
  ムスタングのダイナミック・トレモロのカンジに似てるね〜。

  ただ・・・、それにしても少しナニかがヘンだ・・・、と思いつつも
  弾いてて、暫くしてからようやく気付いたのだけど、アーム・
  ダウンで、音が上がってる〜? いやぁコレには驚いた。この
  ユニットに対してではなく、我が耳に(w) 

  とはいえ自己フォローするワケではないけど、前述のコードに
  掛けるような緩やかなアームの使い方だと、アームダウンで
  音程アップだろうがダウンだろうが、別段違和感感じることなく
  使えて(しまって)いたので、これは初体験というか、新たなる
  発見っ。通常のトレモロ・ユニットをアームアップでヴィブラート
  掛けても、ダウン時とは違った感じの音の揺れに思えてしまう
  から、多分に人間の感覚によるもの、みたいなトコなのかの〜。

  またそういう緩やか系でなく、アームダウンで大きく音程上げた
  ときも(逆だからヤヤこしいw)、「そんなんチョーキングで代用
  出来るんだからムヨーの長物だろ?」となど思いつつも弾くと、
  これまたやっぱ、指の音の揺らし方とはどうやろうが全く異なる
  んで、これはコレとしてゼンゼン、アリだったんだよね〜。

  とまぁ、オノレのダメダメ・セッティングのお陰で、目から鱗の
  アーム祭りと相成り、またこのユニットは特殊とはいえ使い
  勝手オモロく、機能としても十二分に成立していたので現状の
  ままでもいいかと思ったのですが、名残り惜しくもフツーの
  操作方法のアーム・ユニットに戻しま〜す。なんせ新たな加工
  一切不必要、雑作なく直せてしまうんで〜。

  各画像では現時点、弦が裏通しで留められてるけどソレを
  止め、弦をブリッジから直にへキサ・ビスへクランプして
  しまえば、テールピース部のパイプに掛かる弦の張力の
  向き変わるし、んじゃスプリングの方はよ?となるだろけど
  それも反対に出来る取り付け孔設けてあるし。

  ただ、その設定にするとブリッジ→テールピースに向かう弦の
  角度が浅くなって、弦テンションが落ちてはしまうけど、それ
  でもまだ角度は残ってるし、それでテンション弱いと感じたら
  テンションバー作製すればいいだけだし(とはいえ今現在
  けっこうシンプルにまとまっているだけに、その形状や
  設置場所には留意せんと。センス必要ですな)。

  とまぁ今回、工作自体はバッチシ問題ナシ、セッティングの
  方はチョイとばかし大ボケかましちゃいましたが、その怪我の
  功名かなんだか色々楽しめ、おベンキョーにもなりました〜。
  
  そうそう、コレ作ってので弾く楽しみは、アームバーをイジる
  の事ともうひとつ、こんだけスプリング並べてるんだから、音の
  方の変化にもソレなりあるんじゃないかっていうね。ストラトも
  バネが影響与えての音質変化の割合、少なくないしね〜。
  
  で、果たしてそれは、残念な結果に…。殆ど弾いてなかった
  ギターだから、前の音がどうとかいう記憶は忘却の彼方だった
  んだけど、少なくともバネった質感の音は全く、響いてません
  でした〜。Sad!


  


   追記/ 確かコレも旧ページに記したと思い、既にブログでは
        同ネタ既出なんだけど、このレスポール・コピー、
        なかなかにイカサマな製造工程なんで、いずれ
        その部分画像に収めて載っけるぜ、ってなことも
        記してあると思いやす。だもんでこの件に於いても
        嘘つきにはなりたくないんで以下2枚の画像、貼っと
        きたいと思いま〜すっ!! 

        トップがプレス合板、ソレをむりくりボディと結合
        してるんで、ご覧のように空洞化現象、よくいえば
        セミ・セミアコ化orセミホロウ・ボディってね〜。

        またオモテからは紛うことなきセット・ネックなのに、
        ナゼか『+』のネジあたま…。ひょっとして、コレ
        回せばテイラーみたく、ネック角調整出来るのかなw
  
  どーすかこのイデタチ? ワイルドでっしゃろ〜、と記したかった
  トコなんだけど、実際作り上げてみたら想像よか、ドデ〜ンと
  異物乗っかってる感それほどでもなかったんで、チョイとスカ
  されたカンジ…。ま、ゴテゴテせずにスマートに仕上がったことを
  喜ぶべきかの〜(いや、これイキナリ見た人は異形そのものに
  映るのかな〜?)。

  上にも記してある様に、イメージとしてはストップ・テールピース
  仕様のエレキのリプレイス用ヴィブラート・ユニットとして、全く
  ボディに対して無加工で取り付けられる製品、そんなお題を自らに
  課して作製してみました〜。但しこのギターでは唯一、ストラップ・
  ピン上にスクリューをもう一本、足してます。このままでも大丈夫
  とは思うんだけど、後端の留め金2本で留めときゃ左右の首振り
  なくなるし、そんな大事なギターでもないんでネジ穴イッコくらいw

  で、その留め金、例により100均製品の栓抜き加工して作ったモノ。
  名残りあるでしょw こん位の厚みでこの位の大きさの金属、しかも
  安価でなんてホームセンターじゃチョイ厳しいからさ〜、妥協の
  購入もその割にゃ、狙ってこのカタチにしたかのディテールねっw 

  またソコには長〜いヘキサ・ビスが2本通ってるけど、ご想像通り
  それはスプリングを弦の張力と拮抗させバランスを取る仕組みの
  為のものでもあるの。ストラト用のSPハンガーの方にはタップ
  切ってあるんでビス回せば引っ張られ、SPの張力増していくと。
  ハンガーの後ろにあるのはナットで、SP調整しないときはソレ
  締めとけばダブル・ロック掛かり緩みナ〜シっ!


  ベアリングは贅沢にも計4ヶ使用〜。この雪だるまアタマみたいな
  パーツの両側にね。コッチはホームセンター売りのもの。すぐに
  見つけられると思いますw 本来パイプを通すモノなんだけど、
  ソコに敢えてベアリング放り込み、けど完成後傍目にはまるで
  ココにパイプ通して構成されてる様に見えるでしょ。これがミソ
  なのよ〜。ココにそのまんまパイプ通しても問題なく回って、
  ユニットの可動部として成立するんじゃない?と思われる方も
  居られよう。実はワシャもそう思ったの、過去。

  だもんで実際そげな構造のトレモロ作ってみたのだが、回るは
  回るも弦の張力と吊り合わず、というかアーム使ったらその
  位置までリターンせず、チューニング狂いまくり、みたいな。
  擦れ合う面積広くて抵抗多過ぎなんでしょうな。・・・と、斯様の
  様に失敗踏み台にしてコレがあるってワケ。偉人の台詞に
  「失敗〜」云々って格言多いの、身に染みて解りましたw

  で、ホント滑らかなタッチのアームバー可動に仕上げられた
  のだけど、するってと前方のブリッジ、ローラーサドルの
  タイプに変えたくなるぜっ!


  本文中にあるように、完成後のセッティングには大ボケかました
  ものの、工作自体はほぼ問題なく、順作動に戻すのにもなんら
  雑作ないんで取り敢えずOKと。あ、でもそういえば、全パーツ
  加工後組み上げるとき、スプリングがテールピース部とハンガー
  部に少しばかし届かなくて、ソレ繋ぎ渡すのソコソコ苦労したなぁ。

  ハンガーとボディ後端の留め金繋ぐヘキサ・ビスが、もうチョイ
  長ければ、スプリング繋いでからレンチでビス回し、キリキリと
  SP締め上げれば何の問題もなかったのだけど、無念にも画像に
  映っているものが、規格では最長尺のものだったので…。

  なのでホントにSPの橋渡し難儀し、2回ばっかペンチに手の平の
  お肉、挟んぢまったぜ〜。まぁ肉切ったり潰したりはなかったけど、
  プチ血マメ出来たぜっ。そんなこんなあっての、完成で〜すっ。


TOP

 LEO PAUL 


  レオ・ポール。いつもながらのサブいダジャレのネーミングながら、おおっ、モノホンのスペルに
  対して、一文字しか違わん。日本エレキの黎明期、如何にしてスペリングとかロゴ・マークを
  似せて仕上げるかってのが当時のコピー・モデルの醍醐味(?)だったけど、そのときコレを
  ご進呈差し上げたかったですな。

  もっともそれを狙ったワケでなく、ヘッドに化粧板貼ろうと思うも何かしら装飾がないと殺風景、
  で、ワテの生誕日が獅子座の始まる日なもんで(ベツにナニかを期待して記載しているつもり
  など毛頭ござんせん。来るもの拒まずだけどっ)、ライオン・キャラとブランド・ネーム(失笑)を
  貼っただけ。んでHP作る段階になってムリクリ命名してみたら・・・、というトコです。しかし・・・、
  ライオン貼ったはいいけどディテール荒く、画像じゃカオが正面向いているように見えるけど、
  実は横顔、ナゼか鼻口近辺を伸ばして描かなかったので、スフィンクスというかまるで人面犬
  ならぬ人面ライオンのよう・・・。まあそういったやる気のなさの元凶は後述しますけど。

  それ以外には特に語るべきところもないエレキで、HP載せるの控えようとは思うも、コレには
  自家製トレモロ・ユニット付ける予定があるので、そのビフォー・アフターを見て頂くのもヨイ
  かなと。ミテクレ的にはビグスビーみたいに無骨で大袈裟なカンジにはせず(ま、そこがカッコ
  いいんだけどね)、さりとてケーラーとかみたいにメタルちっくというかオタクっぽいメカっぽさ
  にもしない、その間の頃合いを狙った、程よい無骨さと素朴なメカっぽさを持たせた外観に
  設定しようと思案済みで(現代的なトレモロってレスポール系にゃ完全ミスマッチだし)、あとは
  作るのみ。上手く作動するかな?そうそうボディ無加工での装着を考えてます。乞うご期待っ。

  さて、ほんじゃ本器のエトセトラでも記しませうか。コイツはアリアプロのレスポール・コピー。
  ジャンクで3本ひとまとめ、八百屋のザル盛りキューリみたいにして手に入れました(だから
  特にコレが欲しいワケでもなかったのよねん)。で、そんなんだから、PUとエスカッション、
  それにポッドのノブも総てなかったのかな。手持ちにあったバー・タイプのハム、レスポール
  にゃ不似合いと解っていつつも敢えて装着、イメージとしちゃあ’80Sのディーンやハマー
  みたいな、ちょっとチャラいレスポールのコピーっていうか派生系モデルのノリで。だもんで
  ピックガードも取っ払らい、ノブはイシバシのパーツセンターで10円か20円で売ってた、
  やたらタッパのあるテンガロン・ハットみたいなのでお茶濁し、あとはメイカー名隠したかった
  んで、先の化粧板貼ったらハイお終いと、そんな投げやりに現状の姿へと変身させました。

  というのもオラ、アリアって偏見でなく今まで色々イジってきてみての実感で好きなメイカー
  じゃないんだけど(まあ多少偏見もあって、昔悪名高いハリーやトムソンのエレキに並んで
  通販で売られてたこともあって、安普請なイメージが拭い去れないのよ。が、果たしてソレは
  見事にマンマ)、まあ高いヤツはソレナリに作られてるのかもしんないけど、端的にいって
  今まで見てきた定価10万以下のヤツは、造り荒っぽいし誠意もなく、色んな部分に行き
  当たりばったりな作業や考え方が散見され、これらを新品で掴まされたら哀れだと思う。

  別にアリアに対してはナンの恨みもないけど、それが今まで手に取って来たヤツをイジっ
  たり調整したり、バラしたり塗装剥いだりナンダしたりした感想。もちろんそうでないものも
  あるのかもしれないけど、ワシが出会ったヤツの範囲内ではそうでした。中傷だ、というの
  なら、具体例を箇条書きにズラっと記載しますけど。ま注釈付けるなら、それらはどれも
  今世紀以前のモノだから、2000年以降のモデルはしっかり作られてることを祈ってます
  (大昔のまでいくと、それはそれでイジったことないけど、スルーネックのヤツとかはソレ
  なり作りよさそうな気も。ただ、アリアに限らずマツモクだフジゲンだって出処を杓子定規に
  神格化してる一部風潮はイヤね。事実は含むも殆ど愛器自慢や転売の売り文句でしょ)。

  ワテ自身が手に入れたヤツは、それ解った上で身銭切ってきたっていうか、すべて二束
  三文で手に入れたんで等価感覚(以下?)あり、そういう部分でも先にも記したように恨み
  まったくないけど、友達のがそうだったり(何本か面倒見たことある)、例えばエレキに詳しく
  ないパパさんが欲しがってた息子にプレゼントするとか、そんなシチュエーションで不出来
  なモノ掴まされたら、それはアリアに限らずギターに限らず、とても悲しい光景です。

  さて、アリア関係者に後ろから刺されるのが怖いからフォローするワケではないけど、この
  レスポール・コピー、先のヤンチャな工作ぷりが(具体表記は避けたけど)これにもしっかり
  反映されてはいるものの、それがヨイ方に作用している感も、なくもないカンジなのです。

  まずはそのコントロール部。な、なんとポッドのASSYがプリント基板で構成されておる。
  ラジオですか?ってツッコミたくなります。今やアンプもポイント・トゥ・ポイントが持て囃さ
  れる最中にコレはなかなかにスゴイかも。ただ、世代的にっていうかオラとしちゃ基盤の
  ミテクレは、ガキんときにラジカセとかバラしたときに見た、その精緻でハイテックな感が
  残像に残ってるんでキライじゃないけどもね。

  で、問題は次。ジャンクでの入手時、そのPU未搭載のザグリから覗いた世界はコレ驚嘆、
  神秘の鍾乳洞みたいに謎の空間が広がっているのよ。ミステリーみたいに書いてもアレ
  なんで理知的に説明すると、コイツのトップってばメイプル・トップのような、ま材質云々は
  置いておいても別種の木材をトップ&バックで貼り合わせ削り出す正調の工作法とは全く
  異なり、(大半の)セミアコのトップ板同様、合板プレスでアーチ状に成型したものをボディ・
  バックに接合させた作りなのです。

  だもんで、そのアーチ形状の膨らみ分とそれにプラスされボディ内全体に渡り5ミリちょい
  くらいの隙間が均一に設けられ、よってフロントPU部だとアーチの膨らみ分1センチ弱と
  その5ミリ分で1、5センチ程度のタッパの鍾乳洞ってワケ。それが端に行くに従い5ミリに
  なっていくと。そのプラス分は配線作業を容易にする為なのかとは訝るも、配線経路の
  ザグリもしっかり大きめに取られてて(普通このテのザグリはその断面の穴の姿でしか
  見られないけど、コイツはそんな構造なんでソノモノが見える)、一体どんなコンセプトで
  斯様のようなコンストラクションになったのか・・・。今日びエア・チャンバー備えたエレキが
  各社から割と豊富に出てるけど、その先駆けっ?と好意的に解釈しちまいますか?

  ま、いってみちゃあレスポールというよりは、その構造や仕様はセミアコ寄り、いや正確
  にはそれとも違う、良くいえばある意味オリジナリティ溢れる造り、悪くいえば外見だけ
  ソコソコにコピーした紛いモノ、きっとその造りも工程効率を優先したものだろうし、先に
  箇条書きしてもよいとしたアリアのイヤな工作ぷりというのは(大人げないんでやらんか
  ったけど)、主に殆どストラト系及びその派生機種でのことで、なのにレスポール・コピー、
  オマエもかってなカンジ、ただ・・・。

  音が非常によいのよっ! というかそれは主観に左右されるもの、どうやらワテの好みの
  音はテレキャスよりはザグリの多いストラト、更にはボディにエア・チャンバーを持った
  ものは大体にして好きな音であることが多いのです。その点じゃまさにコイツもそれに
  符合し、膨らみある暖かい音質で、右手での強弱のタッチも音にしっかり反映される、
  個人的に音響面(のみ)においてはお気に入り、手持ちのイバ
「AR305」よか断然(涙)。
  
  また同
「AR300」とはまあそれぞれ音のキャラが違うんで痛み分け、けどコッチの方が
  マホ・ネックなんで本元のレスポールに準じた音という点では遙かに上ですな(ま、ARは
  オリジナルなんだし似る必要もないしぃ〜)。ただ本家のようなズガッとした音の塊り感
  みたいなのは、流石にそのボディ構造故かナイけどね(但し音の輪郭はしっかりしてる
  から、決して「モアっ」とした音質ではナシ)。

  この音を狙ってその構造にしたのではないだろうけど(もしそうだったのでしたらスイマセン。
  菓子折り持って参じます)、万人が弾いてみてその多くが気に入る音だったのなら、この
  工作法もアリなんじゃないかと思うのです。

  ギターに限らずクルマでも家電とかでも、カタログに大書きで「世界初っ」とか謳ってるワリ
  にゃ子供騙しのチャチい仕掛けだったり、逆にまったく喧伝していないのに「おおっコレはっ」
  と思わせるモノあったりってことが、機械オタクやモノオタクの人には往々にしてあるかと
  思うけど、もしかしたらこのプレス合板をソリッド・ボディ載っけ(にチャンバー足してもいいし)
  って、安価にいい音するエレキの製作法足りうるかも、とか思っちゃうんだけど。まあその
  構造をカスタマーがどう思うかよね。安物のレッテル貼られちゃうとちょっとキツイけど。

  それに他にもチープな作りや構造であっても同様になかなか捨て難い音を奏でるエレキも
  けっこうあったりしたけど、それらが過去現在と特段高評価を得て中古価格が高値で取引
  されてるってなケースなんてほぼないに等しいし(誰ソレが使っていたのと同じとか、製造
  本数が極めて少ないとかいうケースを除いてね)、大抵はサラピンからソコソコ値がこな
  れるか、あるいは二束三文に落ちぶれてしまうかだもんね。やっぱ出自が安物だと行く末
  までそれがついて回っちゃうのかしら。人の成りや羽振り見て揉み手で近づくか、もしくは
  見下す態度に出るかっていうのはヤなカンジだけど、ギターはソレがもっと露骨なのねん。
   
  まもっともこのアリアに関しては、確かに音こそ良かったもののその他の部分でもやっぱ
  作りショボショボでねぇ、ネック・ジョイントもいちおう本家同様セット・ネックではあるけど
  ジツにそこもアンバイよろしくなく・・・って、これ以上書き綴ると、ホント夜道にゃ気ぃ付け
  なきゃならんくなるからこの辺で。サイナラ〜。


  追記:  この項に記した、コイツのその内部構造にもしご興味持たれた方がいらっしゃった
       なら、画像にてミステリー・ツアーを敢行致したいと思いま・・・、ってソレやったら
       ワシ確実に消される?

  追記2:最近ネット検索してたら、大昔のグレコ、デチャッタブル・ネックでのレスポール・
       コピーにも内部空間があるとかいうハナシを発見。モチその画像探索してみた
       けど、残念ながら辿り着けず。同じよな構造なのかな?てか、実はナニゲに昔は
       ポピュラーな製作法だったりして?


 










TOP