テレチャッター、やて。ダジャレですよアータ。ワタシャ人並みにお笑い好きも
  コイツだけは笑いと認められんのですよ。にも関わらずの命名。ま、オイラも
  オッサンになったし、年寄りのタシナミのひとつとしてマスターしとかんとねっ。

  さてパッと見、目にも眩い杢目にべっ甲柄のピックガード、ゴールド・パーツに
  ヘッドもストラト型じゃないし、コレはドコぞのハイエンド・ギター?などと思われ
  ませんでしたか?思わない。シツレイ致しました。

  このギターは、フジゲンがANBOYというブランドネームで出していたST型。
  杢もひとっ頃流行った、転写フィルムによるものです。そのギターを五千円で
  手に入れました(またかよ)。だもんで全然ハイエンドぢゃありません。失敬。
  あ、ネックは非オリジナルで、後からコンバートしたモノっす(後述)。

  ジャンク扱いで、ボディにはストーンズ例のベロロゴはじめシールベタベタ。
  ポットのノブも欠品してましたが、おウチに持って帰って弾いてみると機関
  良好音もヨシ、シール剥いでキュッキュと磨き、ムスタングでお馴染み六角
  ノブ付けてやれば、あの小汚かったシンデレラが一転お姫様に。

  そんなワケでメイカー関わらずこの入門クラス、定価5万円前後の価格帯に
  アリガチのヤな音(主観的に。これはいつか別項に詳しく記したいと思うけど)
  も薄いってか特に感じられず、充分使えるのでメインギターの一本として愛用
  となるも、そうなってくるとイジらずにはいられないのがオイラのマッドな性。

  
「青メタちゃん」トコにも書いたけど、おいらリアにはパワー欲しいんでハム載せ
  がちだけど、リアシングルの音も決してキライじゃないんでコレはそれキープ、
  しかし「神よ我に力をっ!」ってのはやはりあるんで、ないアタマ絞って考えた。
  コイツのミドルPU、調べたら逆磁なんで、コヤツを他のPUと組み合わせれば
  R・ロバートソンかE・ジョンソンですか?ってなアレが出来るかも。

  もっともその場合、逆巻じゃないといけないのかもしれないけど、そんなこと
  オイラ調べ方知らんから実際どーなってっか解らんし、わざわざリプレイスの
  PU買い直すよか酒買うし、とにかくやってみっぺ、レッツ・ビギンっ!

  で、ワイアリングだけど、リアだけじゃなく当然フロントにも絡めてハム音は
  出せるように出来るワケだけど、おいらフロントのハム音は個人的にtoo 
  muchってかツブシ効かん風にも思い、あんま必要としないんで、それは
  キャンセル。代わりにもっと効率のよい配線を考えてみました。

  ざっくり説明すれば、フロントシングル、ミドルとリアのシングルを合わせて
  ひとつのハムと考えた方法。1S1H配列ですわな。ミドルとリアPUの出力
  切り替えを司る3点式のミニSWを取り付け、配線は前倒し側から@ミドル
  PUAミドル+リアのハム音BリアPUとなります。

  そしてレバーSWは5点式から3点式に換え、配線は前倒し側から@フロント
  PUAフロントPU+ミニSWでの選択音BミニSWでの選択音、となります。
  ねっ、けっこうヨサゲでしょ。コレ結構普及してもいいサーキットだと思うよ!
  
  オリジナルから失う音はミドル+リアのハーフトーンだけで、その代わりコッチ
  にはフロント+リアのハーフトーンが生まれる。3つのPUから同時に音を
  拾えるってのも本家にはないし、ナニより外観損なわずハム音出せるのよっ!
  
  モチロンそれで操作性煩雑になってしまうのなら本末転倒だけど、ミニSWが
  ひとつ増えただけだし、レバーSWの接点は逆に減ってるしね。よくミニSWの
  操作性嫌う人いるけど、その場合はレスポールに使うトグルSWに置き換えて
  もヨイし(ただしアレそのものじゃダメで、中身は3Pじゃなくて6Pじゃないと
  アカンよ。真似される方の為にいちおー)。

  普通の5点式レバーだと演奏中ミドルPUに合わせようとして、「おっと行き
  過ぎちまったい」とかもタマにゃあるかと思うけど(ハーフトーンなら尚更)、
  オラのこのサーキットならそんなことも起きにくいし、回路把握してれば
  とっても使い易いハズ。少なくともPUごとに個別のSWが付いた、昔の
  ベックの白黒ストラトやエリート・ストラト(ジャクソンで流行ったヤツもそう
  だったよね)、あれらよりは素早い操作性という点に置いて、圧勝でんな。

  さて、そんなお気と入りとなり、自家製エンドロックスもお約束的に装備し、
  更に頻繁に弾く機会も増えていくコイツ、当然フレットも減って来ます。リ
  フレットでもいいんだけど、唯一気に入らなかったトコがネックの握りで、
  アイバニーズのナントカっていう名称のグリップ形状みたいな、平べったく
  薄いヤツ。オラそんな握りの選り好みなくて、丸太のようでもフェンジャパ
  STMみたくテナーウクレレ(例えウマイっ)の如く極細でも一向に構わない
  んだけど、これだけは唯一アカンのよ。なんてぇかネックサイドのエッジを
  必要以上にカンジちゃってね。なのでネックごとコンバートしちゃおうと。

  その代替のネック、手持ちの多くのギターみたいに家に転がってるヤツ
  とっ付けて、更にヘッドをお得意の4対2ペグ配列にしてもいいんだけど、
  その場合ボディのホーンとか削らんと全体のバランス揃わなくてカッコ
  悪くなるし、ソレやるとリペイントの必要性が出てくるからメンドいし、ナニ
  よりいくらウソんことはいえ杢目模様潰すハメになるので忍びないし。で、
  そういえばワテ、昔からテレネック付けたストラト(型)って欲しかったんだ
  よなぁっての思い出し、ならばちっと思い切って新調してしまおうかと。

  昔はこういうとき三鷹楽器が強いミカタとなってくれたけど、今は荼毘に
  臥されてしまったので(合掌)、色々他をチェックしてみたけど、ドコもソレ
  ナリにいいお値段なのね。ならばどうせだったら少し毛色の違うネック
  試してみるかと、円錐形状にフレット打ち込み、グンバツの調律性を誇る
  との謳い文句、フジゲンさんのサークル・フレッティングにいったろかい。
  モトは同じフジゲン同士、相性もよかろう。それともイケない近親者の
  恋の如く禁断の果実なのか、ああ興奮するわ(ナニ書いてんだか)。

  そうそう、そんな目星が付いた矢先、大事件が起こったのです。タマにゃ
  オンナのコ家に遊び来て、まあギターも弾くがな。そんときコイツ弾いてた
  んだけど、そのネックのヘッドみて、「コレ、シオちゃん自分で書いたの?」。
  「な、なにぃ〜?」在りし日のオリジナル・ネックが付いてたときの画像も
  残ってたんで載っけときますが、このロゴマーク、どう思います?ペグに
  まで文字が掛ったディテール、よくいえば大胆、悪くいえば大味。

  コ、コレはドッチや?このダイナミックなロゴを生み出す、グッドなセンスを
  ワシが持っとるという褒め言葉きゃ?それともワスがいかにも素人仕上げで
  書きましたってな、失笑めいた推測け?こ、後者や、間違いない・・・。
  
  冤罪で糾弾された被告とは斯く哉、ギブソンRDでアタマ殴られたような
  衝撃を覚え、涙に目を腫らしながら、そっこーフジゲン・ショップへ駆け
  込んだのは言うまでもありません。

  ま、かような悲劇もありつつ、無事テレヘッド型ネック装着、J・ペリーが
  かなり昔にギッチョ用でだけどこの組み合わせしてたし、ワシャなんと
  いってもT・ボガードのプレベにテレベネック付けてたヤツがカッチョイイと
  思ってたんで、このミテクレには大満足。で、肝心の特殊フレッティングの
  使用感は?って・・・。

  あらら・・・、アホなことばかりに文字数使い、残りスペース殆どナシ。
  ネックをコンバートしての音の変化とか他にも書きたいコトあったし、
  そういやあワイアリング云々は書いたけど、実際に弾いてみての
  シングル同士のハム音の感想とかも、すっかりスットバしてしまい
  ました。

  また日を改めて増項するかも知れませんが、こげなハナシに興味が
  御在りの奇特な方がいらっしゃるなら、老体にムチ打ち早めに手を
  掛けたいと思います。この項、尻切れトンボでゴメンちゃい!!



TELECHATER

              TOPICS
   ● FUJIGEN CIRCIE FRETING NECK
   ● ORIGINAL CIRCUIT WIRING
   ● END ROX




TOP