戦術練習〜キックオフ

2000.10.15更新

コーチの経験から 戦術の種類 練習方法


トップへコーチの経験から




トップへ練習方法

 フォーメーション練習やミニゲーム、ハーフコートゲームなどのキックオフの時に練習します。
 正確で強いパスと的確なランニングと位置取りが個々の子供達に重要です。
戦術の種類へ(1)左右に開く
キックオフの時に左右のFWの前にスペースがあると想定して練習します。
キックオフをする中央の選手と左右の選手のコンビネーションがポイント。
中央の2人からスムーズに左右の選手にパスを出せるように練習します。
あるいはキックオフを一旦戻す時には図のDの選手がキーマンになります。
中央の2人からスムーズにDの選手に戻せ、左右に展開できるようにします。
中途半端なパス(キック)だと相手にカットされたり、思わぬ逆襲に合ってしまいます。
このことを子供達に身をもって経験させた方が良いので、
守備側の選手はキックオフと続くパスに対して本気で奪うようにさせます。
その方が上達は早いようです。
戦術の種類へ(2)中央突破
キックオフの時に中央のFWの前にスペースがあると想定して練習します。
中央の2人のコンビネーションとドリブルによる突破力がポイント。
そして突破している選手をフォローすることも大切。
せっかく突破して相手DFを引き付けてもフォローがなければつぶされます。
しっかりと中央と左右でフォロー、あるいはスペースに入ってパスを受けることができるようにさせます。
図のDの選手に戻しての中央突破は縦パス/スルーパスになるのでコースが空いていれば相手には脅威です。
これも中央の選手とDの選手のコンビネーションとパスコースがポイントになります。
左右からの展開と同様にパスが弱かったり、不正確だと相手にすぐ奪われ逆襲されます。
正確で強いパスと的確なランニングと位置取りが重要です。

練習メニュー練習メニューに戻る
ホームページ本年度のホームページに戻る
ボタンを押すともとのページにもどります