大磯どうぶつ病院マーク


■予防のおしらせ



















マイクロチップ リーダー

データーコード:規格:ISO 11784

通 信 方 式:
規格:ISO 11785



オゾン水生成器



小鉄





当院では狂犬病予防注射 市町村の集合注射と同額て行っています。
(近隣市町村は、手続き代行無料毎年3〜9月まで)

■2017年度狂犬病予防注射
3月2日以降から9月末日迄、当院にカルテのある方は市町と同額で近隣地域、手続き代行料無料で行いないます。日曜祭日も接種出来ます。 (継続の方は愛犬手帳・葉書など登録番号が解るものをお持ち下さい。)カルテが無い方は、カルテ登録料が別途掛かります。
市町村から葉書等来ましたらご来院下さい。

2017年度 
注射代 3.050円税込み
登録料 3.000円(市町村へ) 新規のみ
注射済票 550円(市町村へ)

※大磯町町内の方は、鑑札・済票等をその場でお渡し出来ます。
その他の地域は後日、お渡し又は、郵送致します。

大磯町へ転入の場合、以前、居住の役所発行の鑑札をお持ち頂ければ大磯町の鑑札に無料で交換出来ます。(小田原市等は、1600円?の手数料が掛かりますので、転入先市町村へご確認下さい。)
当院では、料金支払いは、クレジットカード決済可能ですが、済票代=550円 ・ 登録料3.000円は、市町村に支払う、お預かり金ですので、現金でお願いします。)注射代3.050円はカード決済可能です。(2017 年度料金) 

4・5月から11・12月迄は、忘れずにノミ・ダニ、フィラリア予防を続けましょう。
フィラリア予防内服薬は6ヶ月分の料金で+1ヶ月の安心7か月分

1年以上混合ワクチンが空いてしまっている方は、怖い病気の予防にワクチン接種を行いましょう。

ワンちゃんの肥満・体重管理に関して
【ヘルスラボ犬用体脂肪計】
当院では、犬用体脂肪計を用いて科学的にダイエットのデータを取り心疾患・脊椎症・関節炎などの予防に努めております。

マイクロチップにつていて
【動物用固体識別マイクロチップ】
迷子になって保護されても、どこのワンちゃん猫ちゃんか調べる事のできる。強い味方!
マイクロチップ装着も当院へご相談下さい。
当院で採用しているシステムは、スイスのデータマース社製、製品名:アイディールです。
国内では信頼の富士平工業(株)/共立製薬(株)の取り扱いですから安心。
ISO規格品ですから安心。
マイクロチップのデータコードと通信方式については、国際標準化機構(International Organization for Standardization=「ISO」)が提唱していた規格です。
外国にペットをお連れになる為に装着される場合は、大部分の国は、ISO規格ですが念のため相手国大使館等にお確かめ下さい。

■国内で迷子になった場合■
マイクロチップを装着後、AIPOに登録を行う事で当院等の施設では、リーダーでデータコードを読み取ることのよりインターネット上で即座にオーナー様を見つけ出す事ができます。

※AIPOとは、動物ID普及推進会議)
    Animal ID Promotion Organization


皮膚病・外耳炎・手術術野の洗浄に
【オゾン生成器ヘデオシャワー】
当院では、皮膚の消毒等に安全で有効なオゾン水生成器を導入し抗菌剤・ステロイドの投与量を極力減らすことが出来るようにしております。気になる口臭・耳の臭いなどにも有用です。(オゾン発生器の販売も行います。アレルギー性皮膚炎等はご自宅で、オゾン水を使うことも可能です。お気軽にご相談下さい。


猫を飼われている方
習性から、犬のようにつないで飼うことは難しいですが、最近、具合が悪くて、ご来院頂く外に出る猫ちゃんのエイズ・伝染性の白血病・腹膜炎の感染による弊害が目に見えて増えています。また、他人の家の庭先等で糞尿をしたり、自動車などにに爪で傷をつけたりとトラブルも増えてきている様です。 責任を持って出来るだけ室内飼いをすることをお勧め致します。

猫避妊去勢手術費用一部補助
大磯町
地域猫(野良猫)等の
避妊・去勢手術費用の一部補助を受ける事ができます。(問い合わせ先:大磯町環境経済課 61-4100内線359)
飼い猫の補助は無くなりました。
平塚市でも2008年10月から避妊・去勢手術費用の一部補助が改正されました。
♀ 5.000円 ♂3.000円
(手続きのお問い合せは環境政策課23-1111 内線2659)


■里親&迷子コーナー





ペットが迷子になったら、下記へ連絡しましょう。
@ 警 察(近所の交番等)
A 保健福祉事務所(管轄の保健所)
B 動物保護センター 
C 近所の動物病院

迷子になった場所と時間、特徴(首輪の色、毛色、性別、年齢、大きさ、マイクロチップの装着をしているか・鑑札・名札が付いているか、手術痕等)をご連絡下さい。

迷子の動物を保護した場合、無料でマイクロチップが装着されているか検査致します。マイクロチップが装着され登録されていればオーナーと連絡が取ることができます。※(迷子の動物を当院でお預かりする事はありません。)

※写真入りポスターを作って動物病院、近所のスーパーなどに掲示してもらうと有効です。(注)見つかった場合は、速やかに連絡をして掲示をはずして貰いましょう。
(当院でも迷子が、見つかっても連絡を頂けずポスターの掲示を続けていて他のオーナー様から、「あら?この子、とっくに見つかったわよ!」という事も、善意で協力してくれた方達に迷惑を掛けない様に注意しましょう。)


OISO ANIMAL HOSPITAL© ALL RIGHTS RESERVED