GUITAR BANJO  SELF MADE

  
  自作のギターバンジョー。余ってた胴体と棹をくっ付けてみたが・・・。

  セルフ・メイドっても、例によって在り物組み合わせて作っただけよん。
  でも元のバンジョーは5弦なワケだから、ブリッジ、テイルピース、あと
  ネックジョイントの木部台座とか、PU載っけて固定する、これも木製
  台座とか(もっともコイツはヤッツケだけど)、そこら辺は自作したんよ。
  ブリッジもホントは最初、もっと凝ったヤツ作ったんだけど高さ合わん
  くて、2コ目はこれもちょっとヤッツケに。

  それから裏蓋は欠品だったんで、ホームセンターで売ってる折り畳み
  椅子の座るトコで代用ナリ。こんなんにいい木材使ってもね(それに
  わざわざ丸く切るのもメンドイし)。ネックはお馴染みイシバシ町田店
  で大量購入したうちの一本、フェル製M・スケールね。コイツは既に
  塗装済みだったモノ。チャッチャと作り終えたかったんでのぅ。

  なんかエライ面倒がってるような書き方になったけど(実際、いくつ
  あるか解んない程の留めネジ付けるのはサイコーにメンドーだった)、
  コレはオラがギタバン欲しくて作ったワケじゃなく、別項
「バター」
  作成した際、使用したバンジョーネック以外の残り、まボディ部分を
  ポニーさんにやるって言われたんで、有り難く貰ったモノ(ついでに
  バンジョー用のハードケースも貰ったけど、これまた使い道が・・・)。

  なのでソレを放っぽらかしとくのもナンなんで、ギタバンとして再生
  したっちゅうワケです。弾いてみての感想は、ちゃんとバンジョー的
  な音にはなってはいるものの、なんてかバンジョーって音色もある
  けど、奏法に加えあのネックの仕組みによる音列ってかメロディ
  込みで、よりバンジョーっぽく聴こえるのねって思った次第です。

  ギャロップ・ピッキングってんですか、あの素早いロールってか
  アルぺジオで、ネックの途中からペグ生えてる、一番上側にある
  にも関わらずプレーン弦張るアイツ混ぜて弾くと、きっとよりらしく
  聴こえるんじゃないかっていうね。ワシャ初期のイーグルスとか
  リトル・フィートとか、バンジョー入ってるアメリカの土臭いカンジの
  バンドも大好きだけど、流石にソノモノを弾きたいと思ったことない
  んで、よっく解りませ〜ん。アメちゃんトコの民族楽器にケルトな
  グレンフィディックのロゴ貼り付けちゃうくらいだし。ホントならココは
  バーボン、NO7はジャック・ダニエルでしょ(ま、
「SALTY−Jr」
  使ったときのグレンフィディックの金属缶余ってたんでね)。

  ついでに知らなかったといえば、バンジョーってメチャ重いのね。
  ボディ面積も小さいしアコースティック楽器だから、金属部品は
  確かに多く目につくものの、そんな印象なかったんだけど、さに
  あらず(てかあんま考えたこともなかったってのがホントのトコ)。
  金属パーツが多いのもそうだけど、中胴のバウム・クーヘンの
  親玉みたいのがエラ重いのよ。そこにきて更に折り畳み椅子の
  腰掛け部分を取っ付けたから、尚更重くなったっス。

  初めはその腰掛け部分にアナ開けてなかったんだけど、音がも
  一つ響かず、籠ったというかヘンな具合に残響音掛かるカンジ
  だったんで、ポニーさんに聞いたら、ボディバックには穴開いて
  るのもあるってことだったんで開けてみたのよ。多少は軽くもなる
  だろうし。ま確かにそこら辺是正されたけど、トリマーでまん丸に
  整えてるとき、刃折れて死ぬか思うたで(ギター自作する人の
  サイト拝見すると、トリマー・ルーターに関しては、皆さんやっぱり
  ドナタも命掛けみたいですね。ナニよりあの回転音にビビるっ)。

  そんなヤな出来事もあったんで、その断面なんかもう塗装どころか
  ペーパー掛けもしてませんっ。挙句にゃヤッツケで作ったPUの
  台座が丸出しになるし・・・。ならばと残りの折り畳み椅子のアシを
  使い、ギター・ボディの折り畳みイスとして再生させました。塗料
  にゃ塗った面がゴム質になるヤツ使用。お陰でスベラーズ。

  窓拭きとかに中々便利で、ギタバンよか大分活躍してマス。色が
  少々マダラに見えるのは使い込んだ証で、ゴム質が少々コスれ
  ちゃったから。相変わらずアンコウ捨てるトコなしみたいな工作
  してま〜す。




TOP