IKAGUITAR  イカギター
                TOPICS
     ● HEAD LESS & TAIL END TUNER
     ● ORIGINAL SET NECK JOINT & BODY
     ● TRI SOUND SW 

  イカギター。まんまそのミテクレからの名前。オラはバック側の
  起伏ある形状から女体ギターとも呼んでたんだけど、それは
  まったく定着せず、行く先々では上記の名で通ってます。そう
  言われてしまうのは、持ち運びに便利な携帯エレキを主たる
  目的として作成し、そのお役目を果たしていたからナリ。

  もっともこのイカ形状にしたのはウケ狙いや酔狂でなく、座って
  弾く際引っ掛かりとなるクビレ部分を、フロントPUの台座外周に
  そのラインを合わせ、整合性あるディテール処理を施した高度な
  工業デザインなのよっ(言い過ぎだっつーのっ)。まあソモソモが
  フロントにテレのリアPU載っけなんてアナーキーなことしてるん
  だから、ナニ言われても仕方ありませんわな。だけど他に使い道
  なかったんだも〜ん(まぁL・ジョージみたくストラトのリアに搭載
  なんてテもシブイしアリだとは思ったんだけどね)。

  そんなこって、昔あったリバーヘッドってメイカーのベースとか、
  あとバーンズとかにもイカっぽいカタチのギターあったような気ぃ
  したけど、けっしてパクったわけではありまっせ〜ん。あくまで
  オリジナル・シェイプなのよん。シツコイ?けどそのデザイン力の
  高低はさて置き、工作の方はだいぶ前に作ったヤツだし、例に
  よってコスト掛けとらんし、ナニより携帯エレキとして実用最優先
  の仕上げなんで、けっこー今見ると作り荒いかな。なんて、先ん
  じて言い訳なんかしてみたりして。

  で、まずネック、察しのスルドイ方ならお解りかも知れませんが、
  コイツはアコギのモノを流用してあります。ヘッド折れのジャンク
  ギター、千円ポッキリでゲット!(チナミにそのアコギのボディは
  自作のセミアコ
「ドーフィン」ちゃんに流用、昨今流行りのモッタイ
  ナイ精神はオラに学べ、ってカンジ?)。

  ボディ材はホームセンターに転がってたモノ、確かトチの木だった
  っけか、この木固いのに削るとき粘りっけあって、メッチャ工作し
  辛かった(ま紫檀黒壇みたくパリっと欠ける木よかマシだけど)。
  ボディ材で音が云々とかいうけど、まずは加工のし易さありきで
  の今日ポピュラーな材なんでしょ、てな実感をした次第。

  だもんでバック側の女体整形には、グラインダー使って、ぐぅわん
  ぐゎん削りました。自作エレキをコサえる方は多かれど、あんな
  乱暴な電動工具使って木工加工する人は少数でしょう。鉄工所
  かっつーの(鉄工所といえばお笑いコンビ、モンスターエンジンの
  ピンでの鉄工所ネタはワシの大好物。特にそのラップはベースの
  弾き語りで是非マスターしたい・・・って、またハナシ反れた)。

  それからこの頃オラまだトリマー持ってなかったのだけど(これも
  グラインダーに負けじ劣らずヤンチャな工具やが・・・)、その割
  にゃあPUのザグリ、割とキレイに仕上がってるでしょ。コレには
  トリックあって、ホームセンターにゃそうそうブ厚い木材売ってない
  から、このボディ、2枚の木板を貼り合わせてあるんだけど、その
  作業前にザグリの穴開けたの。ナカナカにイカサマな手口だけど、
  おかげでヤスリ掛けとかもストロークとってジョリジョリと出来たし、
  チョー楽だった。それになんかザグリの深さもちょうどいいアンバイ
  だし。てへっ。



NEXT