L V B G  (○ouis ○uitton bag guitar)
  調子コイて作っちまったものの、商標侵害お縄必至?(w)コサエル  
              《TOPICS》 


  ●
  世界に冠たるブランド中のブランド、ギャル様からご婦人方まで
      皆大好きLV印、その高名なロゴを恐れ多くも禁断の無断使用、
      同社のバッグ風ボディな、笑撃的ギターに仕立てちまいました。
      拘置所刑務所面会に来てね〜、という覚悟の一本だす(w)。
        

  ●  どうせ捕まるなら一人殺めるのも多数殺めるのも一緒、的な
      思考で(w)、ま〜そこいら中にLVロゴを散りばめてありま〜す。
      大はサウンドホールから、小はトラスロッドカバーに至るまで、
      クドさ満点の仕上げで〜す。

  ●  とはいえイチバン目を惹くLVロゴは、やはりカラーロゴ・パターン
      部分でしょ〜。このホワイト・バックとブラック・バックのパターン、
      お馴染みの図柄ではありますが、実はその2つを組み合わせた
      意匠のバッグって意外や存在しないみたい、なのよね〜(っても
      ネットでの画像検索ワガ調べ、に置いてだけどw)。だもんで
      タイホするよかむしろ、同様なコンビ・パターンのバッグ、実際に
      売り出して、ワシャにインセンティブおくんなましよLVさ〜ん(w)。

  ●  LV様への釈明に終始し(w)、肝心なギターの詳細説明が未だ
      なされてませんでした(w)。そのバッグ型ボディはホロウ構造、
      先にも触れたデカLVサウンドホールがその証だす〜。またより
      バッグっぽく見せる為、言語道断にもボディの外へ追いやって
      しまったテイルピース部分は、異様に長いアームバーが生えて
      いることがらもお解りの様に、ヴィブラート・ユニットで〜す。
      その支点部にはボールベアリング搭載、長々アームバー含め
      全てワシャのお手製オリジナルで〜す。





  
・・・お手軽にチョチョイと『シガーボックス』的ギター、作るつもりも・・・   



    LVGB。かのライブハウス、CBGBの如くの4文字アルファベットにて
   逃げを打ち、命名。ってのもタダでさえ存在自体がイリーガルっぽい
   のに(w)、呼び名までモロ、じゃあねぇ・・・(とはいえ友人知人の間
   では、フツーに○ィトンギターの名で通っちゃっており、これまた物騒
   なんですけど。ま、それはワシャ自身も含め、だから処置ナシねw)。


   っても当初はこんな危ういギターにするつもりなど全くなく、単にその
   昔より『箱ギター』を作ってみたい願望があり(因みににそれは、所謂
   箱モノ、セミアコ・フルアコ等のことではなく、またボックス・ギター=
   VOXギターでもござんせんw)、言葉そのままにトトーンと箱でも作る
   ようにボディ部を簡便簡素に成形し、そこに既成品のネックを取り付け
   ギター1丁ハイ出来上がり!みたいなのをコサエたいと思っていたの
   です。お手軽に自家製ギター・コレクション増やすにゃ都合イイ、てね。


   海外ではその様なギターのジャンルがあるようで、中には箱さえ作る
   労力も厭うのか、葉巻やらなんやらが入っている化粧箱をまんま胴体
   扱い、あとは有り物or手作りネックを組み合わせホイ1丁、てなのを
   『シガーボックスギター』って称するようですな。勿論、あくまでそれは
   総称、他のモノの箱使って作ってもそのククリに入るらしく、それらを
   ネット検索してみれば、(いい意味で)素人様故の自由奔放なギターが
   目白押し、我国ジャパンにも素麺箱で作製された方、居られました(w)。


   そんなワケでお手軽箱ギターを作る機会を耽々と伺っていたのですが、
   このギターより先に手掛けた御進物用の
ミニ・若葉マークV君、その
   ボディ材にはMDFという、価格的には実にチープな材を使用し作製
   するも、直感あるいは雰囲気的に、ナニゲにイイ音がしそうな気が
   し始め、するってと元来性格ヤラしいワシャ(w)、『自分用にもMDF
   製のギターが欲しぃ〜っ』ってことになり、追随するように製作開始
   したと、そんな次第です(w)。


   ミニ若葉君のページにも記しましたが、元々が安価なMDF材、それを
   更に百均でゲットしたので当然一枚100円(w)、しかも箱ギター作製
   する場合、そもそもカタチが四角形型から大きく外れることはないので
   その一枚で充分網羅出来そうなサイズ。従い表裏の2枚分、200円で
   イケちゃう〜?その他ボディ・サイドを形成する材なんざは、家に転がっ
   てるの使いましょ〜そうしましょ〜、ってな、実にシガーボックスギター
   然としたノリのコンストラクションに決定、いつもながら、いや、今回は
   いつも以上にお安く済ませたのでした(w)。


   さて、材の組み方は決まったものの、肝心のデザインはあ〜でもない、
   こ〜でもないと結構な数の草案をお絵描きし、その中には箱の上下を
   窪ませた鼓型はどうか?それならハイフレットでの演奏性も向上するし、
   なんて小賢しいアイデアもありつつ、いややっぱ箱型まんまに拘るのが
   本分でしょ〜、等々考えるうち、それらの仕上げ、外装の一部にLVロゴ・
   パターンを使うのはどうか?っていう発想が沸いて来たんですな〜。


   するってとそこからはもう矢継ぎ早、全面LVパターン貼りにしてまえ〜、
   しかもそのカラーロゴVer.には白バック黒バックの2パターンあるし、
   これはもうM・シェンカー/白黒Vの如くのツートンで攻めちゃう?
   んじゃそのカタチはよ?んなもんヴィトンだもん、バッグにしちゃえ〜
   って、一気呵成に全大綱決定、その時点ではワレの刹那の閃きに
   陶酔するも、例によってそれはそののちの、工作人としてのワレに
   茨の道を踏み締めさせる、暴君の所業にも等しい発想に・・・。


   で、まず第一の難関は、ボディにテーパー形状を与えたことにより、
   様々な加工の煩雑さ、を生み出してしまったこと。さすればナニゆえ
   そげなお戯れカマしちゃったのかというと、すべてはバッグぽく見せる、
   その造形の為です。


   まず手始めにバッグの上ブタ部分(専門用語でカブセ、というらしい、
   ネット検索しちったw)、実際に厚みを持たせたリアルな造形とする為、
   そこにもう一枚MDFボードを張り付けると。裏・表の板と合わせ計3枚、
   300円の出費となったことはまぁヨシ(w)、そして全体のディテールも
   下(1弦側)はボトムですものどっしり幅広に、上(6弦側)はモノの
   出し入れ口、ユルユルじゃあアカンよタイトにね、と窄ませて、ほらっ、
   いかにもバッグっぽくなってきたでしょと、つまりはそれがテーパー
   形状ボディの起因となったのです。


   とはいえこれを上下とも同寸、四角四面に作ってしまったら、相当に
   イケてないバッグのミテクレになってしまうのは想像に難くなく、また
   そこへ更に、先に記したバッグのフタ部分、カブセの厚みが加わると
   もうアタマでっかち丸出し、そんなブサイク風体のバッグもどきにLV
   ロゴ貼り付けたらそれこそ訴えられかねないので(w)、そこら辺熟慮
   しつつカタチにしていったワケなのです。


   また本来はテーパー形状も、そのカブセを表現する為の板が上側に
   備わることで、上・下部共にそれ程大差ないボディ厚となり、すべてが
   メデタシめでたしに・・・、いやっ、確かに形状においては極めてナイス
   なのですが、先に触れたようにそのことで断然、工作煩雑度が跳ね
   上がっちまったのです。


   俗に言う板ンパ・エレキ、フェンダー系のボディや、アーチド・トップの
   ギブソン系だってボディ裏面はフラット、故に例えばパーツの取り付け
   孔などを加工するにしても(大方の場合)、盤の上にフツーに置けば事
   足ります。んがコイツの場合、ナニも考えず盤の上に置きチュイ〜ンと
   やっちまうと、恐ろしくアサッテの方向に、下穴やザグリが開いちまい
   ます。だってそりゃそう、自ずと傾き盤の上。まぁ当然ではあるけれど。


   加えてこのギターはホロウ構造、ボディ・サイド材は家に転がってる
   板切れ使ってお安く済ませよ〜ってほくそ笑むまではよかったけど、
   その作業の方は当然お易くありませんでした〜(涙)。これらも全て
   テーパー形状に削り出さねばならず(四角四面のボディだったらば
   単純に角材適度な長さに切ってそのままホイ接着、でイケたのに・・・)、
   またネックポケット周りやブリッジ下のセンターブロックも同様に、
   わざわざ台形形状に加工せねばならないという煩わしさ・・・。


   然様なこってトトーンとお手軽に作製ハイ一本、が醍醐味だった筈の
   箱ギター、よもやの飼い犬に手を噛まれる的事態(?)に陥り、むしろ
   フツーのギター・ボディの方がよほど忠犬、いや忠胴体で加工ラクショー、
   対してこのボディ、躾のなってない手間っ掛かりの駄犬の如く・・・。


   しかしよくよく思えばこれに先発して作り始めたミニ・若葉君だって、
   やはり奇異な菱形断面のボディ形状を与えたが故に、全く同様の
   辛酸を舐めていた筈。そんな前例がすぐそこにありながらのこの
   所作っぷり再び。ワレながらそのアホさに愕然とし、そんな厄介な
   2本をほぼ同時進行でこの先作っていかなアカンことにまた愕然と
   しました。その時はね〜。


   そんなワケで息も絶え絶えにどうにか木工作業を終わらせ、やっと
   これで楽しい塗装、仕上げ工程に入れるぞ〜、と思うも然にあらず。
   それ以上の第2難関が待ち受けていたんですな〜(涙)。再度、
   刹那のノリでこのギターを思い付いたオノレを、呪ったことは言う
   までもありません・・・。


   で、それはナニかと申しますと、ネット上にゴロゴロ転がっていると
   思ってたカラーロゴのLVパターン、確かにその通りではあるの
   だけど、よくよくチェックするとその殆のどが拡大した場合荒れて
   しまうKB容量サイズのモノばかり。だもんで容量サイズは小さくとも、
   小範囲のパターン画像を繋ぎ合わせ、それを大きく育てよ〜と画策
   するも、童子もペットもナンもかんも育てるのは難しか〜。


   ましてや、工作の方ならワシャまだしも、PC作業なんて全く達者
   じゃござんせん。その繋ぎ合せの操作法や、更にはそもそもLV
   パターンをじっくり見るのなんてその時が初めて。カラフルに並ぶ
   ロゴ・パターンにはナニか規則性があるのかナイのかも皆目解らず、
   しまいには遂にココロ折れ、不貞腐れて1カ月近く作業中断し、
   そらもう精神的世捨て人になっちゃいました〜(w)。


   その後、どうにか復活しミッション・コンプリートを果たすのですが、
   いやぁ辛かった〜。白バックの方は比較的大きなKBサイズで尚且つ
   広範囲の画像があったので、その上下左右の段や列を増すだけで
   求める大きさのパターンに仕上げられたけど、黒バックの方はもう、
   4×6位のロゴが並ぶパターンの画像しか使用に耐え得るモノが
   なかったので、ほぼほぼ自分で色替えナニ替え手間掛けて、大きく
   したようなモンです。けどその苦労の分だけ、黒バックの方がロゴの
   解像度も鮮明だしヨイ出来にはなったけど、それよかもっと楽に
   仕上げたかったわ〜っっ(怒)。


   いやぁ〜これで剣が峰通り越し、あとは安楽に工作山を降りましょ〜と
   安堵したのも束の間、その先にはまたも峰がそびえており、オイオイ
   双子山かえ〜ってな難関再び、いやトータル三たび、トホホなことに
   待ち構えておりました(涙)。


   それはようやく仕上げたLVパターン、その印刷方法です。取り敢えず
   試験的にコンビニのカラーコピーで試すも、ワレが欲しいサイズはA3、
   するってとナニゲに金額跳ね上がり一回100円近辺ゲーセンの如く。
   ボディ作製に掛かった木材コストは前記したように300円なのですが、
   しかしその外皮たるプリントを3回以上印刷するとボディ代よか高額に
   なるという、何たるアンビバレンツっ!


   まだそれでもプリントしたモノが使用に耐え得るモノであれば、何ら問題
   なかったのですが、所詮はコンビニのコピー機(失敬)、コピー機自体の
   性能やメンテ具合、そして不特定多数の人が利用する為その状態は
   決して芳しいものではなく、事実色褪せや印刷欠け等々、満足いくアウト・
   プットが望めず、加えて操作設定の幅も殆どないので、仮に綺麗な
   印刷でアガってきても、A3の枠いっぱいに印刷されていなかったりと
   なかなか要領を得られないのです。


   嗚呼、どうしよう?また不貞腐れて世捨て人になろうか?そんな誘惑に
   駆られるも、『嗚呼、そうだっ!イニシエの太古に
バンジョー&ギターの
   
ツインネック、バター作った時、お世話になった印刷屋さんが我が街
   平塚にあったっけ〜っっ』と思い出し、居ても立ても居られずに、とは
   ならず、まずはネット検索するトコが、ワシャも現代人のハシクレ(w)。


   その昔はといえば、仕上げたプリント手に握り締め出掛け、それを大きく
   して頂くという極々シンプルな方法でしたが、今のPC社会、先のコンビニ・
   コピー機でさえ(記し忘れたけど)USBメモリー突っ込んで印刷する時代、
   当然、その昔お世話になった印刷屋さんも技術革新されているだろうと
   思い、ネットでチェックしてみたワケっす。


   そして満を持し、その店名
IPS(お世話になったんでリンクしとこ〜。
   勝手にw)という印刷屋さん、という呼び方よかはもうチョイとオシャレな、
   プリント・ショップってなカンジのトコへ約15年振り?、位にオジャマし、
   印刷願う。っても基本自らの操作で作業し、数台並んでるPCを時間
   借りしUSBメモリ突っ込んで、んでプリンターからアウトプット。即ち、
   家のPCとプリンターでの印刷とそれほど要領は変わらんのだけど、
   プリンターの性能&用紙選択が可能なことで(お安いコピー用紙
   以外のチョイスが可)、より鮮明な印刷が、晴れてようやく出来ました〜。


   それでいて、そのPC使用料と紙代印刷代合わせても、コンビニ・コピー
   機と同等かむしろ安価なくらい。クッソ〜、今までアチコチのコンビニで
   不満足な結果しか得られなかった徒労はナンだったんだ〜ってな憤りも
   チョイ沸きましたが、ともあれこれで外皮も無事完成っ〜。と思ったらば、
   家でそれらの紙を製作途中のボディにあてがって初めて、黒パターンと
   白パターンのロゴ間幅がビミョ〜に違うことに気付く・・・(涙)。


   けど、それも当たり前といっちゃアタリマエ、元々がどちらも異なる手法で
   自ら拡大化させたLVパターン、そこらを鑑みあと幾許かの慎重さでコピー
   するべきだったのだけど、そこは何たってお気楽B型、キレイにプリント・
   アウトされてくるだけで舞い上がり有頂天、だったのですな〜(w)。


   それを看過したところで、仕上がりの大勢にあるいは影響はなかったの
   かも知れないけれど、しかし工作に関しちゃ偏執的なほど執拗になる
   ワシャ、それがどうにも見過ごせず、若干恥ずかしながら次の日もまた
   IPSさんにオジャマしちゃいました〜(w)。


   てなこってコンビニでの試し刷りとIPSさんでトータル3000円くらいの
   出費、いやはや外装でボディ材代の10倍嵩むという、市販品ギターに
   おいては全く理解不能なコスト配分しちゃいました(w)。ましてやその後、
   ラッカーよか高価な2液性ウレタン吹いたり、その前段ではキラキラ・
   パール粉まぶしたクリア吹いたり、ワシャがいかにミタメ重視でギター
   コサエてるかっていう、ナニよりの証左ですな(w)。


   いや〜、どうです、相変わらずの長文駄文ですが、ここに至るまでの
   工作過程で、ワシャがどんだけすっとこどっこいに右往左往し、断腸
   脱糞の思いで完成にまで漕ぎ着けたか、ということをお伝え出来たの
   ならば、この文字数も供養されることでしょ〜(w)。


   あと、ホントは自作のトレモロ(ヴィブラート)・ユニットも、その取り付け
   位置はクレイジーだし、そうかと思うとその支点部はボールベアリング
   搭載しメカニカルだったりとなかなか語るには事欠かず、しかもそんな
   ブツなもんで無論その搭載にも当然の如く難儀したんですが、これ以上
   ココにそれを記すのもクド過ぎるんで(現時点でも存分にクドイことは
   重々心得ております・・・)、このクダリは別枠に譲るとしま〜す。



   というワケで、ようやく完成〜〜☆☆ というテイで、音出ししてみての
   感想など、記してみませう。って、イキナリ結論から論ずれば、至って
   フツー(汗)。いや音色的なことを言えば材やホロウ構造故の特徴は
   モチロン出ておりソレナリ個性的な音ではあるけど、そのフツーという
   意味は、弾き始めると『気持ちよくて止め処なくプレイしてしまう』or
   『その途端にしっくり来ず、弾き続けたくなくなる』、その択一において
   どちらでもない、その中間ともいえる『フツー』の音、って意味です。


   ま、もっと有体に言えば(個人的主観で)いい音、好みの音であるか
   否かってことですな。で、それがフツーと(w)。もちろん、アンプの
   種別や設定、エフェクトをカマすこと等でそれが化けることも多々ある
   とはいえ、基本やっぱ素の音がその大勢を握っているのは当然至極、
   ってこってサウンド面においては残念ながら『お気に入りの特別な
   一本』、には成らず〜、と相成りました。


   そもそもこのギターを作り始めたのは、元来持っていた箱ギター作製
   願望を、MDFという存在が決定打となりスタートしたからで、それは
   (安価さもさることながら)その材で構築する音に期待したことが大で
   した。冒頭にもそう記したように。事実、同材で作製したミニ若葉V君は、
   人様用にコサエたにも関わらず譲るのが惜しくなるほど(w)、好みの
   音を奏でたこともあり、それをついつい知らず知らずに比較してしまい、
   その対比より辛い評点にもなっている、のかも知れません。


   それというのも音質的にはその2本、材は同じでホロウの構築方法も
   ほぼ同様なこともあり当然似通う部分も多く、ワリにジャキジャキ、
   カラっとした音で、あるいはMDF材でこの1本しか作っていなかった
   なら音的にもお気に入りの1本だったのかも知れないけど、どうも
   アチラと比較してしまうと、あの突き抜けるカンジが備わっておらず、
   その感覚が決定的な差異なのでしょうな。


   そこからより以上を求めるなら、リプレイスのPUを奢る等々改善策も
   様々ありますが、ま、コイツはそもそもがまずミテクレ第一重視(w)、
   そしてビッグマックよか安い木材コストでボディ作成ですもの(w)、
   PUも分相応にビギナーズ・クラスのエレキのもので、というのが
   身の丈をわきまえる、ってトコでしょう(因みにリアハム/ヤマハ製、
   フロント/フェル製。もっともミニ若葉君のシングルPUも、後者と
   同一製品なのだが、しかしあの音・・・)。


   で、それでイイ音、好みの音が出たなら儲けもん、よってそれが否
   だったとしても、すわブランドPU搭載、というノリにはあんましならん
   のですよ。第一、なんたって折角リアハムにはキラキラなLVロゴを
   貼り付けてるんですもの、また再びアレを切り貼りし、しかもクリア
   塗装まで行うなんざ、到底メンドくて実行不可ですな〜(w)。


   そうそう記載し忘れましたが、フロント・リアともノッペラボウな面持ちの
   PUなんでアクティブ?という訝りあるかも知れませんが、前述した様に
   ビギナーエレキのPUですもの、なんてことないパッシブで〜す(とは
   いえヤマハのハムの方は、EMGデザインとかPUカバーに謳って
   あったけど、ソレ磨いて消してカバー艶っ艶にしちゃったw)。


   ついでに一応、電装コントロールの御説明も。ってもご覧のように極々
   シンプル、1VOL、そしてあとは2つのトグルSWのみ。その片方、
   前側は3点式でごく普通のPUセレクター、フロント・ミックス・リアと。


   後側は2点式SWで、先のヤマハ・ハムの(擬似)タップ操作。シリーズと
   シングル(音風)の切り替えなんだけど、カッコ書き加えているように、
   どうも一般的な片コイル音切り替えではないらしく(ワイヤーもアース線
   含めて3芯という中途半端さ)、タップしてもノイズが殆ど増えないのは
   いいとして、肝心の音は(一般的なタップよか)異様に小さくなり、従い
   殆ど使い処ないような回路だす〜(w)。



   と、例によりこのクダリも長くなっちゃいましたが(w)、音的な評と、
   それにまつわる主要諸元は、大体そんなトコで〜す。


   そんなワケで音的には平凡点に終わったものの、何ていってもこの
   ギターのいっとうのウリはそのミテクレ、ギャルやご婦人方の目を
   惹くことは間違いないだろうし(w)、そのブランド・ロゴのご威光は
   さておき、確実にミタメ『デーハーなギター』に相違なく、よって
   ステージ映えすることまた然り。その部分では非常に完成させて
   満足感の得られる1本となりました〜。


   だもんでコレ、ちょっと話題になりそうな期待感もあるけど、それが
   度を過ぎると訴訟問題誘発しそうだし(w)、ひっそりいいアンバイで
   人伝になれば、まぁワシャ的には本懐ですかの〜(w)。



    さてさて、シックなオリジナルのLVパターンと違い、その真逆とも
    思えるほどにデーハーでポップなカラーロゴ・パターン。ワシャ
    それを初めて見たとき、それこそバッタもんかと思いました(w)。
    けど、にしちゃ〜センスいいな〜、みたいな。

    斯様なワケで、以前よりチョイ気になる存在ではあったのですが、
    そんなカラーLVロゴの(バッグはともかく)ウォレットとか持ち歩く
    ようなキャラでもワシャないし(w)、よってギターにて、そのバッタ
    もんを作り出すこととなったのですな(w)。

    《TOPICS》項にも記したけど、この黒地色と白地色の両パターンを
    組み合わせたバッグやお財布は、ワシャがネット検索した限りでは
    見当たらなかったし、よっていちお〜自己発案、ソレなりナイスな
    カンジじゃありませんこと?

    またその柄もさることながら、ミテクレ的にも結構ちゃんと、バッグ
    バッグしてるでしょ(w)。そう見せる為にブリッジはブラックパーツを
    奢り地色に埋没させ、テイルピースなんてボディの外に島流しだす〜。

    ミタメ最優先でフロントPUもオミットしたいトコ、ではあったけど、
    そこはエレキの機能として欲しい、みたいなヤラしさが出て(w)。
    ただフルカバード/のっぺらぼうのPUをチョイスし、黒子に徹し
    させるという姑息な手段は抜かりなく・・・、ね(w)。


    ボディど真ん中に鎮座ましますキラキラなLVロゴが載ったPU、
    それってよもや○ィトン・ブランドのハムバッカー〜? いえいえ
    モチロン違います(w)。ホントにそうだったならば、さぞや高貴な
    音を奏でそうではあるけれど、残念ながらフツーにヤマハ製、
    そしてフツーの音です(w)。

    このPUとメタルのエスカッションのコンビで、バッグのバックル
    (留め金ね)風に見せ、より鞄ぽいミテクレに仕立てようしたつもり
    なんだけど、如何であろうか?

    ちなみにココをカチャっと外すと、バッグの上ブタがパカッと、とは
    なりませんよモチロン(w)。まぁ過去、そんなおバカ可動式メカ
    搭載のエレキもコサエては来たけど、今回は堪忍だす〜(けど
    実際に開いたらこのギター、ホロウ構造なんで中は空洞だし
    ホントにモノ詰められちゃうね〜。ストラップやシールド仕舞う
    のに丁度いいかもw)。


    ブリッジは、何たって自家製ヴィブラート・ユニット搭載してるんで、
    その効きの足を引っ張らぬよう(w)、ローラー・サドル仕様のモノを
    搭載。そして先にも触れたようにLVパターンの地色に合わせた
    ブラック・パーツを奢り、保護色化させ目立たなくしたのだ〜。
     
    そうなるとやはり、フロントPUはミタメ少々オジャマといえばお邪魔、
    ESPさんならココはパターン・ラインに合わせ、白と黒の塗り分けを
    施すことでしょう(w)。なんたってギターのボディをキャンバス化、
    その凹凸も構わずパーツごと豪快にペインティングしたモデルも
    あるし、勿論それはアーティスティック、イチャモンなんて微塵も
    ありませぬよ。
     
    ただワシャの私的流儀では、パーツはパーツでひとつの存在と
    して搭載したい、させなアカン、っていうノリの不文律あるんで、
    そういう絵画的な塗りはどうも食指進まんのですな。その上で
    目立たせたくないなら前述の如くボディ色と同系色のパーツを
    合わせたり、またナニかに見せたいのなら、ギター・パーツ自体で
    ソレ風に見せると。このギターの場合のそれが、先にも記した
    エスカッション&PUでバックル的に、ってトコで〜す。


   アホみたく、異様に長い自家製アームバー(w)、別にナニもハッタリで
   この長さに設定したワケではなく、なんせヴィブラート・ユニットとなる
   テイルピース部の位置が位置ですから(w)、ココからアームバーを
   操作し易いトコまで持って来るとなると、必然的にこの長さにならざるを
   得んのですな(w)。

   そんな自家製アーム・ユニットの詳細は、何せ加工・構造・搭載、それに
   付随する悲哀交々(w)、色々ありますんで後述に譲ります〜(w)。

   また当初は四角四面的な箱ギターを作製するつもりだったものの、そこ
   から派生し、いつの間にやらバッグ・ギターへとメタモルフォーゼ(w)、
   しかしそれが使い勝手としていいアンバイになった箇所もあり、どこかと
   いえばボディ上部、バッグとして言えば(w)上ブタの天辺、そこが
   ラウンドしてるでしょ、そのディテールがストラトのエルボー・コンター
   的な作用をし、腕や肘にフィットするのよ〜。こげなおバカなギター
   でも、ナニゲに人間工学的に、よく出来ているのだ(w)。


   このギターのイチバン残念なトコが、このヘッド部分。なんせ本来は
   極めてお手軽に箱ギターを作製するのが本分であったので、それに
   あてがうネックも、この先々使いドコないようなので十分と、画像の
   シャーベル&ジャクソン型ヘッド、俗にいうコンコルド・ヘッドですな、
   それを採択してしまったのよ〜。

   しかしその後、お手軽どころか辛酸ナメナメ子で完成させたコイツ、
   けどその甲斐ありパンチ効いてるボディ完成〜、なのは嬉しいけど、
   そうなるとヘッドにももうチョイ手間掛けて、それこそオリジナル・
   シェイプとかを与えとけば、「これはどこぞのギターぞや?」って
   訝られること間違いなし(w)、ってね。けどこのヘッドじゃ、イタい
   アマチュアが気張って作ったんね〜、ってバレちゃうじゃ〜ん。

   そう思って作製途中に、ヘッドのシェイプ変更しようかとも実際
   思案したのよ。けどフェンダー系ストレート・プルのペグ並びじゃ
   ないことと、ペグ間隔も若干広い設定なこと、その条件下で
   新しいペグ配置に変更しヘッド形状をリシェイプするのは実に
   難儀でね〜(製作後記に載せま〜す)。結局刀折れ矢尽きる・・・。

   なワケでコンコルドなアタマそのままに完成させちゃったんだけど、
   ボディはほぼ四角四面な直線的形状、それと同様直線シェイプな
   このヘッドの組み合わせ、造形的にはマッチしてるだろ〜、ってな
   ことでヨシとしました。それに、何たってボディはチャラッチャラに
   軟派一直線、そこに同じくチャラい’80sなネック・ヘッドを、
   という意味合いでもマッチしているかな〜、って思ってね(w)。


   ナニ故このギターをコサエたか? というのは隣りの長駄文にも綴った
   ように、『以前より作りたかった箱ギターをMDF材で』、ってのが歩を
   踏み出す決め手になったんだけど、実はそれ以外にも裏動機があり、
   実にしょーもない、けどパーセンテージとしては結構デカい理由で
   箱ギター欲しい〜、となったのですな。

   それはここ数年、年末か年始に放映されるテレ東のマジ歌選手権、
   芸人さん達がオリジナル曲を披露する特番で、マジ歌といえどそこは
   芸人さん、笑いがのっかってくることは言うまでもなく、ワシャ的には
   爆笑に次ぐ爆笑、そんな視聴者累々により長年継続されてると思う
   んだけど、そこにある時、箱ギターが登場したのですな。
    
   それは他番組でもチョイチョイ、ギターを持って登場することのある
   フット(ボールアワー)後藤君が、ボ・ディドリー・モデル、しかもアナタ
   特注55万円ですってよな銀ラメ、シルバー・スパークル仕様のソレを
   持って現れたのだ。

   ディドリー・モデルってったら、フツーは赤箱のアレね、と大抵思い
   浮かべるだろけど、まずはそれに度肝を抜かれ(そして番組内では
   当然の如くそのギターを散々イジられw)、しかしそのギターに
   触発され箱ギターが欲しくなったワケではなく、フット後藤の活躍
   というかマジ歌っぷりにクラクラし、ワシャも箱ギター欲しぃ〜、
   となったのです(w)。

   どんなパフォーマンスやマジ歌だったかということは、綴り出すと
   際限なくなるんで割愛するけれど、とにかく笑撃の一言。ちなみに
   長渕ファンで有名でもある彼だけど、そのマジ歌ではブランキー
   (ジェット・シティ)風?、だからか初回登場時にはグレッチの
   黒ジェット持って熱唱し、そして翌年満を持して(?)、ソチラも
   同様、グレッチ製の銀ラメ箱で現ると(w)。

   その得も言われぬソングライティングとステージングっぷりに
   ヤラれ、こげなエレキ持てば舞台ウケ間違いナシってな幻想を
   ついつい抱き、彼の銀ラメ箱に匹敵するような箱エレキが欲しく
   なったってのが、文頭記した裏動機と、そういうことで〜す。

   まモチロン、そんなエレキを携えたところで、ワシャには彼のような
   詩曲や話術は備わってないワケだから、そんなん全く幻想に過ぎ
   ないのだけど、まずはツカミにひと笑い、ギターだけでも、ってトコで
   このLVギターを作り出したってな経緯もあるので〜す。

   どうかな〜? 演奏者対決的では当然負けるけど、ギター単独の
   対決ならこのLVBG、彼の銀ラメ・箱グレッチ55万にも負けじ劣らず、
   だと思うんだけど〜(w)。


       さてここからは細かなディテール紹介を、画像はペタペタ貼りつつも文字は極めて少なめに、でいってみよ〜(いけるだろうか・・・?)。

       まずはどアップ画像、光や灯りの穏やかなところでは、フツーに白と黒のLVパターン・コンビ、な外装に見えるけど、光源が強く
       当たるとホレこのように、ザラザラしたギラつきが現れるのだ(ホコリじゃないよw)。これはトップコートのクリア吹きの前、その
       下地にパール粉を混入したクリアを吹いてある為。なんせコイツのカラーリングは、ほぼ印刷によるもので色味を吹く作業が
       殆どなかったからさ〜、チョイ寂しいんでひと手間加えたの(w)。

      
       同様に、こちらは黒バックのパターンに光を強く当てたトコ。白バックではほのかにお上品にギラつくも、こちらの黒地だともうワルい
       カンジにギラッギラ(w)。このギターにはホワイト・パール吹いたんで白地パターンは穏やかな輝きに留まったということもあるけど、
       基本パールパウダーは暗色バックの方がエグくギラつくモノですからの〜。

       まぁ今回は世界のブランド、LV様ロゴを模したエレキなんで、あんまりお下劣にギラつく仕上げは芳しくないと思いパール吹きを
       抑えたけど(それでも黒地はご覧のように結構ギラって、そして白地は上品な輝き、よりパターンの対比が鮮明になるんでアリでしょ)、
       今度は黒地にたっぷり、しかもホワイト・パール以外のカラー・パール吹いた色味ギラギラのギター作りたいの〜(虹色揃う程に、
       正に色々パール粉の手持ちあるんだけど、なかなか出番なくてね〜)。


      そうそう、今回(ガン及びエアブラシで)色味を吹くことは殆どなかったと先に記したけど、ココではしっかりその出番がありましたがな〜。
       このピンクの枠は、ギターで言えばバインディング(と呼べるのだろうか・・・)、バッグで言えばパイピング、それを模して施したモン
       なのです。

       こういうディテール処理を行うことにより、ギターもバッグもその見られたくない結合部分を隠蔽し、尚且つよりカッチョよく見せるという
       災い転じて福、的な工法ですが、、ワシャも正に同様(w)、これを施すことにより貼り付けたLVパターンの交わる部分、それを区切る
       ことが出来、加えてよりバッグっぽいミテクレにもなるという、一石二鳥のナイスなゴマカシ方法〜。

       だもんでボディ前端・後端のその表と裏、果ては底面、どこも手抜きすることなくグルっとキレイに巻き付けました〜。ちなみにこの部分、
       世の中には半円状のプラ棒、というお誂え向きな素材があったので、ソレ使用しモノホンのバッグのパイピングの如く立体的に仕上げ
       られたと、そんなアンバイで〜す。


      というワケでパイピングを模したボディの枠をピンクに塗装したので、ヘッドの方にも同意匠、ってなカンジでピンクの枠を。なかなかに
      芸コマでしょ(w)。ちなみにナニ故ピンク色をチョイスしたかというと、如何にもギャル受けしそうなバッグ風に、というあざとい発想
      からで〜す。

      ペグポストには毎度お馴染み、コチラに弦のボールエンドがきてますが、これも毎度ブリッジ部に(まぁ今回はテイルピース部だけど)
      弦留め機能を設け、これによりシュパーゼル等のロック・ペグ要らず、なギターになっちょります。とはいえこの発想はイニシエの
      フェンジャパ、エンドロックスに端を発するものでオリジナル・アイデアじゃないけど、施工方法は全く異なるので権利侵害には
      なるまいっ(そうなるのはもっとデカイ箇所そしてデカイ相手、ギター全体に施したLVロゴの方だっw)。


      もういっちょ、ネックまわりの画像を。他のところで記したように、このギターは当初、箱のボディをトトンと簡単に作り、それに既成ネック
      取り付けハイ出来上がりってなお手軽なギター作製のつもりだったので、あんまし好みではないコンコルド・ヘッドのネックをここで消化
      しちまうか〜、ってなノリだったのがひとつと、そしてもうひとつにはこのネック、その裏側は全面に白色塗装が施されているカラーネックで、
      後からではあるけれどLVパターンを貼ると決定した際は、白地LVパターンと同色になるし丁度いいチョイスだった〜とほくそ笑んだのです。

      しかし作業を進めるうち、プリント・アウトした白地LVパターンは純白そのもの、それに対し単独では白ネックだな〜と思っていたソレも、
      合わせて見るとよく言やぁアイボリー・ホワイト、悪く言やぁ黄ばんだ白、そう、よくあるポリウレ塗装の黄変が目立ってしまうのですな(涙)。

      だもんで一時は白ネックをチョイスしといてラッキーと思ったものの、どうにもその白の差異が気に入らず、結局黄ばんだ白を隠蔽すべく
      白を塗り直すという、トホホな工程増えちゃいました(ちなみにその時、どうせ塗り直すんだったらこの段階で、ヘッド形状もオリジナルに
      作り変えてしまお〜と意気込むも、既に特殊形状のそのヘッド、リシェイプは難儀で無念にも諦めた、というのは既述の通り〜)。

      で、ヘッドもイジれないまま再塗装だけ施すというんじゃ余りにも悔しいので、唯一新たに手を掛けたのが、余りに小さな箇所ではあるけど
      サイド・ドット。元は黒ドットだったのをチュィ〜ンとほじり排除、そして赤アクリル棒を挿入。赤とはいえ半透明なんでミタメは殆どピンクに
      映りパイピング類と同色になりグゥ〜、ってカンジ。

      と、記したいが為の上画像2枚と長い前フリの文章だったんだけど(w)、どの道新たに白吹いたんだから元ドットは消えるんで何らかの
      手立てをここに施さなきゃならなかったし、そんな施工したワリには接写するとピンボケ、大きく写せなくて、何だかな〜のこの段ね〜(w)。
      


      ナニゲにちょいと自慢なのが、このシールド・プラグの挿入部。当初はドコに設置しようか結構迷い、ボディ裏に、とかも考えたけど、
       結局奇をてらわずごく普遍的な位置へ、そして派手な仕掛けも持たせず配置。そこに凝りまくると全体のバッグ型に破綻及ぼすし、
       ソッチに目が奪われてしまうのもイヤなんで。

       そんなワケで、ちょ〜シンプルなジャック受けにしたんだけど、ボディ全面にロゴ柄貼り巡らせるなか、突如柄が立ち消えポコッと
       ツルッツルな窪み出現。そしてこういう曲面箇所だとパールの輝きも一層引き立つんで、目立たないよう設置するもナニゲに
       存在感高しっ、というのが自慢なトコで〜す。

       ちなみにそのジャック受けがある面、バッグで言えば底面ですな、そこは左右のロゴ・パターンが同一になっているでしょ。それは
       唯一この面だけ貼り合せで、表裏面のパターン紙をココで結合、手裏剣というか(w)、十字型のロゴを境に紙をカットし、貼り合せて
       あるのです。けど画像ではその作業跡も認識出来ない程、フツーに仕上がっているでしょっ(肉眼で粗探しすればバレるけどw)。

       ナニゆえそうしたかといえば、他のパターン紙貼りの境目はパイピング・バインティング(しつこい呼び名だw)でごまか・・・、いや
       デザイン処理しているけど、ボディ底面のエッジは面が連続しているんで当然、パターン紙も巻き付けるように貼り込まなければ
       ならず、ってな道理です。けどその甲斐あってロゴもペロンと曲面で貼り付きいいアンバイ(何故かここも手裏剣ロゴ柄だw)。
       
       ただ、その底面でのパターン紙貼り合せによる弊害が全くなかったといえば、然に非ず。それは以下〜。

      
      (上文より続き)、ホレご覧のように一目瞭然、ボディ・バッグのロゴ・パターンは、反転模様にせざるを得なかったんですな〜あはは〜。
      そうしないとボディ底面での貼り合せ部分、手裏剣ロゴの柄の並びを表裏で合わせられなかったモンで。

      でもさ〜、これはコレで逆にスカしてるカンジや遊び心も出て、冗談も効くしヨイんでない?っていうかむしろ、対訴訟に備え(w)、
      他の面の殆どをこの裏焼きロゴで仕上げ、唯一この面だけを正規のパターンに留める、という仕立ての方がよかったかな〜と、
      今になって初めて思いました(w)。

      バックパネルは四角と丸、電装用とトレモロ・メカ用の2箇所、そのどちらもロゴ・パターンを崩さず連綿となるよう、施工してありま〜す。
      パターン紙を印刷する前は、バックパネル部分には黒バック・パターン紙を貼り込んで目立たせようか?ってな考えもあったけど、
      そうすると黒パターンも反転印刷しなきゃいけなくなるし増してやサイズ合わせも面倒だし、で、あっさり諦めました〜(w)。


       ギター裏面ばっかだと飽きるだろし(w)、その最後はネックの画像を。といってもネック自体は既製品流用だし、取り立てて
       ご説明申し上げるトコもナイんだけど、しいて言うなら先にも記したように、こういう曲面はパールの輝きが解り易く映って
       ヨロシイですな。っても所詮画像はガゾー、高いカメラで撮ったモノならまだしも、ワシャの廉価デジカメじゃあ肉眼で見て
       取れるキラッキラっぷりは再現出来てません(涙)。他のギターでパール吹いたときにも決まって記すお約束の一言だけど、
       しかし実際そうなのだから書かざるを得んのだっ(まっ、基本パール塗装はそういうモンだけどね〜、と書くのもお約束w)。

       とはいえ当初は元のままのウレポリ塗装黄変ネックそのままでいこうと思ってたこのギター、作っていくに従い手が込んで
       くると、どうにもそのやつれ加減が看過出来ずに、黄ばんだ白を新たに純白、しかもパール上吹きで再塗装、手間はモチ
       掛かったけどその仕上がりをみれば、やっぱコッチでしょ!という充足感&満足な出来で〜す。

       一方、ネックはそんなカンジもその付け根、ネックポケット面積の半分くらいを網羅する、バッグ形状から突き出た半球状
       の物体(より正確に記せば半々球状かW)、それはハイフレの演奏性を高める為にネック・ジョイント位置を浅めに設定
       (ボディへの挿入を少なめに留める)、しかしネックの結合面積は大きく取り、ガッチリ固着させたいことがひとつ。もう
       ひとつはデタッチャブル・ネックの場合大抵、ネックポケット結合部の上はその延長でフラットな板面が露出している
       のだけど(ストラトやテレのこの部分をご覧あれ)、ワシャにはどうしてもソコが、いかにも量産品のテイを醸し出して
       いるようでミタメ気に入らないので、それを覆い隠す意味でもこのようなディテールのジョイント部に仕立てたワケ。

       もっとも、このような立体造形を施すことで、本来はハイフレ演奏もソレなりコナせるようにと浅めのネック・ジョイント
       設定にした筈が、この部分が運指のジャマになりハイフレ演奏を妨げるという本末転倒っぷり(w)。でもいいのだっ、
       ミタメのカッコよさがナニよりイチバンっ。ネック同様にこの球状部分も、パールの輝きキラッキラ〜。


      リアハム&エスカッションをバッグのバックル風に見せる為、その搭載位置は必然的にボディど真ん中へ、というのは冒頭の方にて
      何度か記したけど、しかしそのお約束事と、弦長/スケールの二重の縛りで、ボディの大きさやネックジョイント位置などにかなりの
      制約が生じてしまい、それに触れぬようボディの長さとその縦横比、ネックポケットをどこまで食い込ませるか等々、かなり熟慮した
      のよオチャラケ・エレキ作る割には。ソレなりアタマ使って(w)。

      だもんで結果、結構コンパクトなボディ・サイズにはなったんだけど、シルエット的にはどこも絞られてない四角四面、ホロウ構造で
      若干ボディ厚あり、そしてテイル・ピースがボディ外に飛び出しちゃっていることから(w)、ミタメそんなにコンパクトなギターの感なく、
      ごくフツーのサイズってカンジに仕上がっていると思います。そこがワシャの類い稀なる、デザイン・センスだがね〜(w)。

      その縛りのなかハイフレだって、どうにか最終まで運指出来るように設定したし(上の段に記した、ネックポケットの造形の件で少々
      辛いけどw)、このテのギターの始祖的な、ボ・デイドリー・モデルが大多数のハイフレ見殺しにしてることを鑑みれば(w)、制約ある
      なか結構デザイン、頑張ったんよ〜。
     
      傍目にはただの四角だしそうは思えないかも知れないけど、他にもバッグ(型)の左右対称形に合わせ電装コントロールもシンメトリー
      配置にとか、ソレなりデザイン・コンシャスに仕上げたのだっ。ギター的もレスポール等のアーチド・トップ・モデルのように、ブリッジを
      頂点にして弦が結構な角度で山折り、それに合わせネック角も付け(シムなんて小細工はしとらんよ〜)、いかにもボディにテンション
      しっかり掛かり弦振動伝わりそうなイデタチでしょ〜♪

 
      もしこのギターが、単に白と黒のLVパターン・コンビ仕上げのエレキ、だったとしたならば、ちょいと面白味はあるもミタメ的にはさほど
      インパクト強くなかったかも、と思っているのですワシャ的には。しかしホロウ・ボディということもありサウンド・ホールをLVロゴ型に、
      しかもダイナミックな大きさで(w)与えたことにより、一気にLV度が高まり、声高にブランド・アピールしてる感アリアリになったかと
      (その分だけ怒られ度も増すんでしょうねw)。

      そのアイデア自体もワレながらナイス、とは思うのですが、実際においての施工でも、その位置・大きさ・角度、どれをとってもドンピシャ、
      工作としてもほぼパーフェクトな仕上がりでカタチに出来たと、満足げな部分ではあります(だってさ〜大きさとかは倍率の違うLVロゴ
      何枚もプリントして吟味したし、工作だってかなり手間掛けたし〜)。

      ちなみにそのLVサウンドホール、ご覧のようにそのカタチのままポコッと穴になっているワケではなく、底にはパンチング・ホールのアルミ
      材を配してあります。ナゼかってと、気が付く人はすぐ気が付くとは思いますが、こんな形状のサウンドホールだとどう考えたって強度
      弱々、なんかの拍子に指でグイって押しただけでパキッってな惨劇、簡単に起こり得るんで、そんな悲惨なメに遭わないようにねっ、って
      こと(w)。と、本来それが本分なんだけど、ミタメ的にもカッチョよく、よりメカニカルな風体にもなったんで一石二鳥、断然アリな芸コマね〜。

 
      さていよいよ、自作トレモロ(ヴィブラート)・ユニット部の巻〜。ってもかなりキテレツ(w)、簡単にご説明申し上げるのはなかなかに
      難儀なんで、画像何枚も使い、段階的に記します〜。

      まずこの自作ユニットはテイルピース部が可動する、モズライトやビグスビー、フェンダーだとジャガーやムスタング、’80sなら
      メカメカしいケーラー等と同様な形式ですな。だもんでブリッジ部にはソコソコお金叩いてローラーサドル式の既製品奢り、そして
      その可動部、テイルピース部のみを自作と(もっともソッチも既製品使った方が、対時間で考えればよっぽど割安なんだけどw)。

      んで、ボディから生えてる丸先端の金属部、その中央には丸頭のヘキサ・ビスが鎮座してますが、その内側にボールベアリングが
      搭載されています(無論左右に1コづつ計2ヶ)。だもんで当然、ココがこのユニットの支点部であり可動箇所、そしてそんな設え
      故に、その作動感操作感は言うまでもなく滑らか〜、という次第です。

      そしてその支点部の後方、モロに金属四角棒みたいなのが取り付いていますが、ソコがテイルピース部(以下TP部)です。モロに
      四角棒なのは当然で、元々はただのアルミの角材だからで〜す。けど、その素のときを思えば、色々加工し面取りし磨き上げ、
      結構パーツちっくになったのですよ〜、これでもね〜(w)。

      その、様々な加工を施したなかのひとつ、TP部上面に開いた孔はネジ穴で、中に(ヘキサ・レンチ回しの)イモネジ入っており、
      そこで弦を固定する為の箇所。いわゆるフェンジャパのエンドロックス的に、ペグの方に弦のボールエンドを引っ掛け巻数少なくし、
      ブリッジ(=TP部)側でロックすると。これでアーム使ってもチューニング安定、よってシュパーゼル・タイプのペグ要らず、ってな
      仕掛けなのです(蛇足ながらこの方法気に入ってるんで、手持ちのアーム付エレキは殆どこのテに改造しちゃってま〜す)。

      尚、アームバーの側面にもほぼ同様の加工を施してあるけど(イモネジ径が違うだけ)、そちらはアームバーのトルク調整用。
      まぁ、よくあるっちゃある方法ですが、それを自ら設える者はそう多くいまい(w)。ちなみに弦用アーム用そのどちらも、チョクに
      イモネジが(対象物に)接触するワケではなく、インサート・パーツが別途仕込んであり、それによりアームは金属同士が擦れ合う
      嫌な回転感を払拭し、弦の方は特にプレーン弦において、イモネジ回してロックする際、切断してしまわない為の配慮で〜す。

  
      アーム・ユニットの説明一項目で、早くもの長文ですが(汗)、引き続き二項目は、弦はこのようにアルミ角棒のド真ん中にその
      通し孔があり、そこに通し先に述べたようにイモネジを締めることで固着されるワケです。それらの孔、以前通販で結構な本数の
      マイクロ・ドリル・セットを購入したので、孔開けの径もよりどりみどり、だもんでここは1弦から6弦まで、敢えて別径で開けて
      みました(w)。暇人〜、ってツッコまないでね(w)。6弦なんてもう径ピッタシで、アルミ棒から生えてるかのようでしょっ(w)。

      で、その裏面側も表側同様、マイクロ径の孔がそのまま貫通しているかと思いきや然に非ず。うって変わって各弦共通のデカ穴に
      (右上画像ね)。
      これは(エンドロックス的な弦の張り方ではなく)スタンダードな方法、TP部側から弦を通してこちら側にボールエンドを留める場合、
      そのボールエンド部がこの穴へとキレイに収める為の加工ナリ。芸コマでしょ(w)。もっともワシャの場合、コッチから弦通して張る
      ことは、多分まずナイとは思うけど(w)。

      そのくらい、この方式で弦を固定することに手馴れているんだけど、ただ今回の施工法の場合、弦ロックしたあとの余りの弦の
      部分をどうやって処置したらいいかが、なかなか良案なく・・・。弦切らずワイルドに生やしっぱなし、というのもいいんだけど、
      場所が場所だけにかなりジャマ(w)。ご覧のように取り敢えず現状ではギリでカットし、そのカットしたトコに刺さらぬよう曲げて
      処置してあるけど、とてもカッコいいとはいえませんな(w)。ココの処理方法、今後の課題っす(w)。

      ま、そんなダサい余り弦が現状生えちゃってはいるけど、それはさて置きその下側には、ナニやら黒いツマミのようなブツが・・・。
      ひょっとしてこれは、かのスタインバーガーのようにそのノブ回すことでアーム・ユニットのテンション可変出来る仕掛けかぁ〜? 
      と期待持って頂けたなら、ジツにスイマセン・・・。単にこのアーム・ユニットの構成パーツたる、そのボルトのアタマを隠して
      いるだけの材に過ぎませ〜ん(w)。

 
      さてさて、いよいよのユニット本体の構造解説、ってもその部分はボディ内に殆ど格納されちゃってるし、そのメンテ用のパネルも
      小径なことから内部構造はお見せし辛いんで(一応この下段に載せたけど)、まずはざっくり解説し、実際の内部構造画像は
      『製作後記』の方に貼ったモノで理解して頂けると有り難し。そして後述するけど、もうイッコの理由により現状若干のお茶濁しが
      あるのです。

      そんなことで掻い摘んで説明。TP・ユニットの下方にはボルトが設置され、それはロッドとしてボディ内へ貫通し、その内部に設えた
      スプリング部に結合、そして弦張力との均衡を図り、それをアームバーにて人為的に可変させることで音程も変化と、まぁ世に出て
      きたアーム・ユニットとその構造において、なんら仕組み的に真新しいものはござんせん。まぁしいて言うならその取り付け位置と
      (何たってボディの外ですからw)、それを成立させる為強引に、長ロッドでボディ内のスプリング部に橋渡しする、ってくらいのモン。

      そんな構造的には真新しさゼロのこのユニットですが、それでもキチンと機能すればまぁ言うことナシ、だし、そうなるよう事前に
      テストも行ったにも関わらず、いざ完成し弦を張ってみたら目論見通りに行かな〜い(涙)。それは、スプリングのテンションを
      最大に設定しても弦張力と拮抗せず、レギュラー・チューニングにさえ届かないという致命的欠陥(!)。勿論すぐさま、対策を
      嵩じるも抜本的な解決に至らず、この時点でまたも製作放棄しそうになり・・・。


      しかし、なんていっても完成はもうすぐ目の前、ここで挫けてなるものかと、それまでストラトのシンクロ・トレモロ用スプリングを、
      ムスタング(のアーム・ユニット)的構造でここまで作り上げて来たものを一気に路線転換、強固なバイク用クラッチ・スプリング
      (ブライアン・メイみたいでしょw)に変更し、再度トライ。一回目はそのバネを横置きに搭載するも上手く行かなかったので、次に
      縦置き配置、それでようやくアーム・ユニットとして機能したと。

      とまぁ実に矢継ぎ早に次から次へと異なった構造を発案、しかもこの間僅かに3日(!)。上手く行かなかったら次の日また
      別な方法発案しすぐさま施工という強行軍。そんな短期間で何通りもの構造を思い付いた自分を、ワシャ誉めてあげたい(w)。
      だってですよ、既に外観はモチロン、内部構造だって殆ど仕上がっているモノに対し、新たな方法と構造で、しかもなるだけ
      新たに加工施すことなくという雁字搦めの条件下で、頑張ったんだもの〜。

      ちゅうワケでどうにかフツーにアーム・ユニット、使えるようには無事完成したものの、実はワシャ気にいってないのです。
      本来は先に記したように、シンクロ・トレモロ用のバネ使い、ムスタング的なアーム・タッチでごく緩やかにグイグイ動かせる
      使い心地のアーム・ユニットを目指していたのですが、どうにか修正した現状のユニットは、ビグスビー的にイッコの硬い
      押しバネ使用した、使い心地としてはその真逆、然様なこって操作感として全く満足いかないのです。

      ということでアーム・ユニットとしては問題なく機能するものの、ワシャとしては現状は仮処置みたいなもので、ゆくゆくは再び
      シンクロ用の引っ張りバネ使用して、件のような使い心地のユニットに仕立て直すつもりなので、この項冒頭に記したお茶
      濁しというのは、現段階での構造や画像を記すのは今いちナンセンスに思ってしまう、と、そういうことなのです。

      ちなみに現在の硬バネ仕様に改造する際、新たにボディへ加工した孔は、ボディ裏にポツポツと2箇所、丸頭のヘキサ・ビスを
      設けた部分。その2本でボディ内へアルミ板固定し、その上に硬バネ仕込んでいます。一箇所にバネのテンション掛かると、
      なんせホロウ構造の薄板、バキッっとなっちゃう恐れあるし、よって応力分散し広域に力が掛かるようにしたワケです。

      けど、再びユニットに手を掛け満足いくように仕上げられたならば、その時はもうこのビス孔、不要の存在に・・・。切ない
      名残り痕になってしまいますな〜(w)。


      ということで上段の長駄文解説にあるように、押し硬バネ使ってどうにかアーム・ユニットを完動にした、現在のボディ内部画像ではなく、
      志相半ばで力尽きた、シンクロ・トレモロ用バネ搭載時の画像をば掲載。同じく上段に既述したように、このメンテ用パネルの部分には
      現状その硬バネの応力分散する為のアルミ板が這わせてあるので、パネル外した画像撮ったところでアルミの地肌が見えるばかり、
      バネの姿はどこぞ〜?、という、実にツマンない画にしかならないので、こちらをチョイスしたワケです。

      で、再びシンクロ・バネ仕様で、ちゃんと機能させられる見込みはあんのかい〜?という点だけど、多分大丈夫。上段でも意に反して
      文字数膨れ上がっちゃったし掻い摘んで記せば(w)、結局この失敗段階では、シンクロ・バネの引きでの張力を十二分に利用出来ず、
      主に押し下げでの張力を使用しているに過ぎなかったと思うのです、色々鑑みて。

      そうでなければ、シンクロ・トレモロとは違いブリッジ部とTP部に弦張力が分散するこのテのユニットの場合、シンクロ用スプリング2本で
      充分応力対応出来る筈なのですよ(なんたってそのシンクロ・トレモロだって、スプリング2本で事足りるセッティングも可だし)。よって
      ワシャのように弦を巻けば巻くほどにユニット部が引っ張られちゃってレギュラー・チューニングも侭ならず、なんて悲しいメには、本来
      遭わないハズなのです。

      と、そこら辺の目星は大体付いたし、その対処法もユニバーサル・ジョイントちっくなパーツを使用することで解決するんではないかなと
      考えているんで、そのうち機をみてイザ。今度こそムスタング・ライクな、緩やかな操作感もアームバーはグイグイと揺らせ、そしてその
      揺らしが音程変化に直結するような、正に『ダイナミック・トレモロ』的なアーム・ユニットに仕上げたいと思ってま〜す。

      オマケで、電装部もチラと写っていますな(w)。いちお〜こんなオチャラケ・エレキでも、ワイヤーにはかのベルテン使い、ポットや
      SWが乗る部分には薄アルミ板這わせて接着し、シールディングとかもソレなり慮っているのよ〜(w)。


      そんなワケで数段に渡り、長々記した自作アーム・ユニットのクダリではありますが、既述したように取り敢えずは完動も、その作動感は
      全く好みでないのでいずれはリ・メイクする次第。けど、ともあれこのギター、まずは外観がそのイノチ(w)。そういう意味ではどうにか
      完成の域にまで達することが出来たと、安堵してはおりま〜す(あ、あとまだ付属品、このギター専用のストラップも、これからコサエ
      なきゃいけないんだったっけw)。

      いや、コマゴマしたコト言えば、忸怩たる部分もありますよ〜。これは自分のミスではないんだけど(結局は自分のミスなんだけどw)、
      試行錯誤の果てに、ようやく満足のいく仕上がりのLVパターン紙をを印刷出来、小躍りしつつ(の気分で)貼り付け、塗装を乗せるも、
      それに用いたコート紙というのが、厚みはコピー用紙とそれほど大差ない筈なのに、爪とかで紙面をキュッって引っ掻くと、結構な
      段差の跡が残っちゃうのです。勿論、フツーの紙だってそうなるのは当然なんだけど、このコート紙の場合それが顕著に過ぎて、
      そしてそのことを無念にも塗装後、気付く・・・。

      よって残念ながら、クリアのトップコートを施してある状況下でも、くだんの爪あるいは鋭利な突起物を引っ掛けてしまったら、途端に
      大きな跡が付いてしまうし、また鋭利なものでなくとも、結構な力でギュっとボディを握り締めたりしたら、やはりその部分にはうっすら
      凹みが・・・。まぁ凹むとはいっても、光に翳して塗膜の凹凸の揺らぎが視認出来る、という程度のモノではあるけれど、やっぱピッチリ
      鏡面塗膜に仕上げたモノがというか、手塩に掛けて作製したモノが耐久性なく簡単にやつれて行くのを見るのは、やはり偲びないですな〜。

      とはいえ、世の中にはバナナに彫刻彫って、黒ずむ前に食べてしまうという儚いゲージュツ嗜む御仁も居られるようだし、それを
      想えば、傷付き易かろうがナンだろうが取り敢えず姿カタチは保って当面存在し続けられるし、ナニをケツの穴の小さいことを。と、
      そう考えることにし、よって今後このギターは箱入りにすることなく持って繰り出し、そして出オチ取りまくっちゃうぞ〜(w)。その
      出先で付くキズや窪みも、モノホンのバッグの皺や傷のようなものと思えば、よりリアルになってヨロシかろ〜。

      ってな些かキレ悪いシメで、この○ィトン・ギター、もといLVBGの項終了〜(w)。


      先に『切れの悪いシメで、このLVBGの項終了〜』、と記しはしましたが、舌先乾く間もなく撤回、オマケ画像をば〜。
      で、ワシャのお気に入り、ダスティちゃんとの2ショットで〜す。実はこの2本、なかなかに大きな共通項があるので、
      このような画像を撮ったのですよ。お解りですかな〜?

      フロント・シングルPUでリア・ハム、そしてアーム付?ブブ〜、そういうオタッキーな観点ではなく、出典というか出生に
      まつわる事柄で〜す。ダスティちゃんはZZTOPのビリーが持つ、ジュピター・サンダーバードをモチーフに作製した
      のですが、元を正せばビリー・モデルではなく、ボ・ディドリー・モデル。そして、LVBGの方は箱ギター、その偉大な
      始祖といえばもう言わずもがなっ。ってことでこの2本、ディドリー・モデルをナニゲに継承しているのですな〜(w)。

      もっとも、そう記さなきゃ10人中1人もそう思わないだろし、ワシャですらそう思います(w)。そもそもディドリーとか、
      殆ど聴いてこなかったし〜(ブルース好きだけど、紐解けばロック並に様々な御仁いるじゃ〜ん。網羅してなかったのよ。
      ビッグ・ネームではあるけどね〜)。

      とまぁそんなワケでこの2本並べて見たけど、しかしつくづく、ワシャってデーハーなギター好きねっ(んにゃ、そんな
      こともないのよっ。そのうち木地活かしたシブいの仕上げてやる〜)。

〜〜製作後記〜〜
   
     さてさて製作後記、ってもイキナリ製作の画像ではなく、実験画像(w)。実はバッグ造形の為アーム・ユニットを外に追いやる、
     という目論み以前に、ボディ外アーム・ユニットという着想はあったのです(w)。それがコレ。しかし、いくらバイクのかった〜い
     クラッチ・スプリング2本掛けしようが、テコのチカラも何の作用も利用せず、チョクにモロに弦張力がスプリングへ加われば、
     他愛もなく縮んでしまうのね、というのをコレで知る・・・(w)。

 
     実験画像のお次もまた唐突なカンジで(w)、もうイキナリの既にボディめいた姿カタチで登場〜。だってさ〜、これよか以前の画像は
     残っとらんかったのよ。なんせ当時作る時間あてがうのさえ精一杯、しかも同時進行でミニ若葉Vちゃんもコサエてたし。そら写真
     なんか悠長に撮ってるヨユーなんておまへんがな〜。

     で、いかにもなボディ形状な風体ではあるけれど、実は工程としてはまだまだ初期の段階で、切り出した各部材を積み木のように
     積み重ねただけ、の画像に過ぎませ〜ん。当然そんなこって、各部のエッジもまだスクエアな状態。これでは高貴なLVバッグには
     程遠い、昭和な学生カバンの風情ですな〜(w)。


      上画像は、アーム・ユニットの支点部、そのボールベアリングが納まる部位も、ショッパナはこげなナンの変哲もないL字材
      から切り出したんだぞい、という画。左上画像手前はステン材、後ろが鉄材。前者に全く歯が立たず、泣く泣く鉄材選択決定〜。
      というか、それしか選択肢有らず(w)。

      そんな憂き目に遭いながらも、キチンとベアリング混入の仕事を成し遂げるワシャって素敵〜☆☆ 右上画像を見ておくんな
      ましよっ、まるでCAD切削したかのようにピッチリ寸分の隙間なく施工〜。別におウチに特殊加工器機があるワケじゃござんせん。
      ショッパナはボール盤で孔開けするも、最終的にはこんな大径のドリル刃なんて持ってないんで(あっても怖くてこんな径のドリル、
      しかも金属に対してなんか回せんっ)、リーマーで手動でピッタリの大きさに合わせたのよ〜。やっぱワシャって素敵〜☆☆


      左上画像、性懲りもなく今度はクラッチ・スプリング、縦置き配置で鑑みる、の画(w)。様々、そらもうアタマから湯気出るくらいに
      色んなパターンを思案したんで、本項で既述したように完成間際になって急遽アーム・ユニットの内部構造を路線変更せねば
      ならん事態に陥っても、矢継ぎ早に色んなアイデア浮かんだってワケっス(w)。

      で、そんなこんなの模様は右上画像をご覧頂ければ、一目瞭然っスな(w)。
      

      アタマから湯気出しながらも、どうやらユニットの概要決まり、それに沿って着々とパーツ作製、の画ですな。先程は単にベアリング
      圧入したに過ぎなかった部位も、ここではソレなりパーツっぽくヘンゲしつつありま〜す(左上画像)。

      同じく右上画像にても、既にテイルピース部の(アルミの角材感はそのまんまもw)各部の孔開けも終わり、パーツ然とした姿に
      なりつつありますな〜。


      完成後の画像のみ載せたメインの項では、当然その内部構造の全容を写しようがないんで載せられなかったけど、この
      製作過程ではホレご覧の通り、こんなカンジだす(右上画像ね)。ってもまだまだこれは仮組みの段階で、各パーツも
      ビミョーにマイチェンが施されるのだ(一段上の画像では、スプリングの片側に設置された、短く切り詰めたトレモロ・
      ブロックが写っているけど、こちらの画像ではソレ、既にお払い箱・・・。そのことからもこのユニット・パーツの生き残りが
      いかに過酷かというが解ろ〜て)。

      そんなことこんなを繰り返しても結局、このシンクロ・スプリング仕様では満足な作動が得られなかったのね〜、という
      ツッコミは、ワシャ泣いちゃうんでやめてね〜(w)。

      
       そんなシンクロ・スプリングでは不完全作動だったこのユニットではあるが(自虐的になってるw)、しかしそのユニット自体は
       着々とカタチになりつつあり、左上画像、ボディからユニットをボコッと抜いたその全体のサマは、なかなかにメカニカルで
       カッコ宜しかろ〜。

       んで右上は、それを装着した画と。この段階ではお手製アームバーにはまだ手を掛けておらず、従いフロイドローズ用の
       アームで代用しテストしていたのだけど、フロイド用だってソコソコ長いアームの筈も、コイツには帯に短し襷に短し(w)。
       
       あと、いつの間にかLVサウンドホール開いてるね〜(w)。


       左上、おおっ、大分それらしくなって来たじゃない?と思われるかもしれないが、まだまだっ。ナニせこの段階でも、各部ボディ材は
       接着されておらず積み木状態のままなのだっ。その証拠が右上画像と(w)。もっと詳細に語るならば、バランバランの右上画像の
       方が時系列では後のモノ、だかんね〜(w)。左画像ではまだジャック部への施工、何ら手を付けてないけど、右画像の上部に写る
       サイド材にはソレがしっかり、加工されてまっしゃろ〜。


      上段からハナシを続ければ、この左上画像も時系列的には前後してしまうのだけど、まぁご勘弁(w)。そんなこってボディの底面となる
      部材にジャック部施工、の過程画像ですな。キレイなすり鉢状に加工されてはいるけど、完成後もこの擂り鉢面がそのままジャック挿入部
      となったワケではなく、更にこの後ココへ、アイバニーズ製と思しきプラ・パーツを嵌め込んだのです。

      お茶の水はイシバシ楽器のパーツセンター(俗称、というかワシャがそう呼んでいるだけw)にてスイッチクラフト製のジャックソケット付で
      お安く売ってたんだけど、まぁあんま使いドコないだろうし、押さえで2コだけ買っとくか〜、と入手したモノ。

      しかしダスティちゃんに引き続きこのLVBG君にも使用したんで、いとも簡単に在庫ハケてしまった(w)。もっとも、画像を見てお解りの
      ように、別にそのプラ・パーツなくても同様形状に加工することなんて雑作もないんで、今後この方式でジャック部をコサエるとなっても
      何ら困りませ〜ん、のですよ(w)。

      それはそうと右上画像、いつになったら箱ボディになるのだっ(w)。

    
      なかなか箱に(する為各部パーツを接着)出来なかったのは、ソレなり理由がありまんがね〜、という上の画像。まずはLVロゴ型に
      開けたサウンドホール部、その縁(ミドリじゃなくて、フチ、ねw)を予め塗装して置くにはこの段階を置いて他にはないからなのだ〜。
      というのも、この先パターン紙貼りをしていくのだ、そのあとにこの縁のみを任意の色に塗るなんざ、手塗りならまだしもガンorエア
      ブラシで塗装するのは至難の技(正確には塗装じゃなくて、その為のマスキングがチョーめんどくせ〜)。従い箱に組む前にやっち
      まっとくのだ。で、それが右上の画と。

      加えて、こげな華奢なサウンドホール形状、どう考えたってなんかの拍子にパキッとやってしまうのは必至、それを防ぐ為の補強材、
      パンチング・メッシュのアルミ材も、この段階で施工するよか有り得んでしょ〜(ボトルシップみたくメンド臭い工作で張り付けるのは
      ご免だがね〜っ)。加えて、サウンドホールの縁はホワイト塗装、対してその補強材たるメッシュ・アルミ材はアルマイト仕上げの
      ブラックカラー。当然コレ張り付けたあとからサウンドホールの縁だけ白く塗るのもまた難儀だし、だもんでナニゲに、ちゃんと工程
      手順踏んで工作してまんのよ〜(w)。

       
       というワケでようやく、積み木状態から脱し、各部接着を果たして箱になる、の画。もう積み木じゃないんで、ご覧の如くこのように
       箱で起立させたり、持ち上げたりも出来ます(w)。ボディ側面には、よりバッグ形状とすべく上面部をラウンド・カット施工する、
       その罫書き線なんかも鉛筆で描いちゃったりしてますな(w)。

       ただ、この画像段階においても悲しい出来事がひとつ。それは一段上で触れたLVサウンドホール、その縁の塗装ををわざわざ箱
       接着の前段階で施したというのに、縁色白では角度によっちゃ、しっかりLVロゴに見えないケースが多々発生するのですな(涙)。
       
       こんな初期段階で早くも辛い目に遭い、しかし負けるもんかと採った手立ては・・・。


      
       上段からの続き、LVサウンドホールの縁色バナシね、上画像に写るそのサウンドホールの周囲が黒くなっているのがお解りか?
       そこから推察出来るように、あの段階でわざわざ白色に吹いたものを、再度黒色に塗り替えたのだ(w)。ホントならその黒々
       したLVロゴ状態をお見せしたかったのではあるが、残念ながらその画像は残っておらず、でした。従い上の画像と。
       
       しかし、そんな事柄よか上画像において引っ掛かるのは、白だ黒だとモノトーンのハナシではなく、そのサウンドホール内に
       蔓延るミドリ色の物体、ソッチの方でしょうか?(w)。これは、白色改め黒色に塗り直したサウンドホールの縁を、この後の作業、
       ボディへのベースコート吹きをする際、塗り潰してしまったんじゃあ元も子もないんで、それを回避する為の、マスキングテープ
       ならぬマスキング紙粘土(w)。

       無論ミドリじゃなく他色でも機能的には一緒だけど、なんかこの工程段階では地味な色やモノトーンしか殆ど目にしてないんで、
       寂しいこともありビビット・カラーの紙粘土をチョイスした次第。モチ、使い捨てする材だし当然これも百均製品で〜す(w)。


       処変わってネック部画像。ご覧のようにヘッド回りとフィンガーボード脇にはバインティングが施され、且つネック裏側に着色が
       なされたまあまあ凝った仕様だったんで、特に手を加えることなく仕上げようとしてたの、当初は。んがっ、ボディの方がいい
       カンジに仕上がりつつあるなか、こんな中古感丸出しのジャンクなネックそのまんまでヨイのか?と内なる声が聞こえ(w)、
       手間を掛けることに・・・。

       まずは上画像のように、ネック・サイドの割れやヘッド先端の欠けをしっかり手当てし、そして耐水ペーパーでツライチに研磨。
       するってとそのペーパー当てた部分から眩いばかりのホワイトがぁ〜。今まではこのネック、チョイと黄ばんだ白色、よく言やぁ
       アイボリー・ホワイトだなぁとか思ってたのが、純白うっすら現れることにより、いかに薄汚れた白だったのかということを如実に
       知らされる・・・。てかもうこんなん茶ばんだ白、いやっ、もはや白ではないがね〜。今までよくコレをそのまま使おうとしてたな〜と、
       ワレながら呆れる始末(w)。

       ちなみにこれは手垢や泥汚れによるものではモチロンなく(w)、ポリ・ウレ塗料、そのクリア塗装部分の経年変化による黄変に
       他ならず。その悪癖はつとに有名でありますな。しっかしこんなん黄変じゃなくて茶変だっつ〜の(w)。


       上段にて先ほども記したように、セル巻仕様のヘッドなもんで、そのアタマを切り刻んでのオリジナル・シェイプに変更〜、ってのは
        考えていなかったの。だってそれやるとセルが途中で途切れて、おかしなミテクレになっちゃうじゃ〜ん。

       けど、その薄汚れた白色に気付かされ、労力惜しまず純白にリペイントしよ〜と決意すれば、もうセル巻の存在は気にせずとも
       よくなり(真っ白に塗り潰しちゃうじゃ〜ん)、さすればオリジナル・ヘッドの夢よもう一度、と相成る。

       実際はもっと何パターンか考えたんだけど、左上画像に写るお絵描きがそのなかではイチバン、アナーキーですかね〜?以前、
       ほぼ同様なコンコルド・ヘッドのネックの、正にそのコンコルド部分をぶった切り、ヘッドレス・ネックをコサエたことがあるんだけど
       (ねっ、ホントにワシャってばコンコルド・ヘッド嫌いでしょw)、残ってたそのアタマの切れっ端をドッキングさせて、『V』型シェイプの
       ヘッドにしちゃおうかとも画策したのよ、○ィトンの『V』ってことでね〜(w)。

       けど、そのペグ配置に苦慮し、いやムリクリ弦に変な角度与えてもヨシとするならどうにかは出来るけど(フューチュラやモダーン
       みたく。後者なんて滑車みたいなの付けて強引に弦の通り角与えてなかったっけw)、自家製アーム・ユニット搭載することもあり、
       チューニングの不安定さを招くようなことは、このヘッド部分でしでかして欲しくなかったんでボツにしたと。それにデザイン的にも
       結構、仰々しいよね〜(w)。

       で、本文中にも記したけど、このコンコルド・ヘッドって既に変形形状だから、それをカットしようが木材張り足そうがどうにもナイスな
       リ・シェイプのアイデアが浮かばずに結果白旗、実に不本意ながら結局コンコルドのまま純白再塗装、それが右上画像ってわけ〜(涙)。


       と、上段ではそんな傷心でネックの白色再塗装を行ったワケですが、しかしボディの方は、そりゃ〜もうウッキウキな気持ちで吹き
       ましたがね〜♪これ以前は木材組んだ箇所が丸分かりも、塗り上げてしまえばそんな舞台裏が露呈することもなくなるし、ナニより
       モノトーンで覆われたことにより塊り感が一気に増幅、ギターのボディっぽくなってきたと、そげなカンジでしょ〜。

       ちなみにこの白塗装、既に記憶が曖昧ではあるけれど(w)、単に白吹いたのではなく、白サフェーサーのあと本塗料のシロ吹いた
       筈(確か)。この後、この上に紙貼りしちゃうってのに手間掛けるねぇ〜。

       そんな周到な白色塗装したもんで先に触れた、LVサウンドホールの塗装をガードする、マスキングテープならぬマスキング紙粘土も
       もぉ〜真っ白け(右上画像)。これでLVロゴの黒縁を無事、死守出来ているのであろうか・・・?


       無論大丈夫〜♪ ワシャがそんなヘマしますかってのっ(しょっちゅうやるクセにw)。LVロゴを死守した黄緑の紙粘土君、
       ほじってバラバラにしてしまうのが申し訳ないくらい、君はいい仕事をしてくれたよ、感謝っ。そのほじり出した紙粘土、凸凹
       んなってまるでレゴ:ブロックのような形状のモノが散見されるけど、それはLVロゴの底面に施した、パンチングメッシュに
       触れてた部分ね〜。

       それはそうと肝心のLVロゴ・サウンドホール、その出来栄えはどうよ〜。もうチョ〜くっきりはっきり、ブラックLVが目を射る
       がね〜。これでホールの縁をわざわざ、白縁から黒縁に塗り直したことが単なる徒労ではなかった、ナニよりの証左ナリっ。
       まぁこの段階ではボディ純白モノトーンだから、過分にブラックLVロゴが映えてることもあろうけど、ともあれナイスなその
       イデタチに、この夜ワシャの酒が進んだのは記すまでもない(w)。いい肴になったがね〜。

       オマケで右上画像コメント、ほぼ同時進行での2本、そのモノトーンと彩色アリ(しかもツートン)の対比が目にクルねっ(w)。


       ボディ、ネック共に白色のベース吹きが終わって、いよいよこのギターの本丸、LVロゴパターンの貼り付け工程に入る。
       っても、やぶからぼうにペタペタ貼り付けていく筈もなく、パターンのどの部分を切り取って使うのが見栄えいいか、
       ソレなり考え、よくよく吟味しようやく決定と、そんな段階を踏んだつもりなのよ。ワレとしては。

       そんな作業が見て取れそうなのが上画像ってトコ。ヘッド型に切り抜いた紙を、LVパターン紙の上にあてがい上下左右に
       アチコチ移動、どこの柄部分を使うのがいっちゃんカッチョよくなるだろかと、そりゃもうアレコレ見比べ過ぎて、しまいには
       不毛にも等しい行為のように思えてきたりして(w)。

       で、大体アタリが付いたら、LVじゃないワシャのロゴや(w)、トラスロッドカバー乗せつつ更に詰める、ってな場面が右上
       画像と。当然、ヘッド同様にボディへの柄の乗せ方も、アレコレ考え位置決めしたことは、言うまでもありませ〜んっ。


       ということで、そんな周到な位置決めにて黒バックLVパターン貼り付け終了〜、それが上2枚の画像ね〜。まだこの段階では
       パール吹いてないこともあり、ソリッドなブラック感が強く、これはこれで悪くないカンジ。更に言うなら、バッグというかボディの
       下半分、ソコがまだ真っ白けではるけど、この黒バックLV柄&無地の白コンビっていうのも、悪くないように見えますな。

       がしかし、無論ワシャがそれで満足を得られる筈もなく、やるならとことん、クドく見えようがケバく思われようが白バックLV
       パターン貼らず仕舞いでは到底、気が治まらんのですな〜。


      というこって白LVパターン貼り。が、左上画像をよく見てみれば、ボディ表側のパターン紙貼りは既に終わっており、
      なのにナニゆえその裏側、無地の方を被写体にしてるのだろか・・・?ま、バックパネルの色の対比を写したかったん
      でしょうな〜。パンダちっくな、白黒を(w)。
      
      この状態もまた、これはこれで悪くなく、そのコントラストがカッチョいいですな。加えて、このようにパネルはパネルらしく、
      素材まんまにパーツとする方が本来は好みなのだけど、今回はとことんLV柄、それがウリなもんで、右上画像のように
      パネルまでLV柄〜(w)。そしてヘッドも負けじと黒LV柄、施されましたなっ。


      てなもんで無事紙貼り終了〜の画ですな。左上画像はLVサウンドホールのカットがまだだけど、これはこれで悪くない
      ミテクレね。再三の言い回しでホント、すいません(w)。そうそう、ちなみに今回、かなり貼り難い箇所も多々ありはしたけど、
      貼り直しの憂き目に遭うことなんて一度もナシよっ。さすがワシャ(w)。どっかで壁紙職人とかで雇ってくんないかしら(w)。
      
      そんな自慢冗談はさておき、この後ボディ脇のパイピング部分に彩色施すワケだけど、まだそれが成されてない、シンプルな
      白と黒のLVロゴ・コンビも、凛としたカンジでヨイんじゃない?しかしそう思う気持ちはあれど、目指せチャラさ一直線っ、
      ちゅ〜こってその縁取り、あざとくピンクにしてしまうのだ〜(w)。

      右上画像では、LVサウンドホールが顔を出し、ヘッドにはワシャのブランド・ロゴ(w)と、モデル・ネームが入りましたな〜。


      というワケでパイピングのピンク塗装の画。たかだか3mm程度の縁取りを塗装するのに、こんな大仰なマスキングが
      必要とは、いつも世の中とは不条理なモンですな。ってもせっかく貼り終えたLVパターンにピンクのミストが掛かったら
      ワシャ悶絶しちゃうんで、このように周到なディフェンス必須なワケっす。

      で、この作業も特にトチることなく終了〜。それが右上画像と。一段上の画像、『凛として見える』とも記した時点での姿と
      見比べると、明らかにケバくなってっぺ〜(w)。


      ピンクの縁取り施されオミズな感が香り始めるも、しかしまだスレてない、そして清潔感は残っているようなミテクレに
      踏み留まっていると思いません?なんたって現状では、ソリッドのブラック&ホワイト(のLVパターン)ですからな、
      そんなにケバケバしくは映らず、ヤラしいカンジもしないと思うのですよ。

      しかし右上画像にあるように、ヒカリモノ(w)を与えられたり、水商売ちっくな化粧(=パール塗装ってこってすなw)が
      板についてくると・・・。

      
      てなこって、「嗚呼っ、そんなにやさぐれてしまって、あのときの可憐さは今何処、もう君は夜のオンナになってしまったのね〜」、
      ちゅう(w)、パール・パウダー噴霧完了の画で〜す。こう見ると左上画像、これ以前のソリッド・ブラックの状態、黒色部分が
      しっかり黒々してる方がカッコいいようにも思えるけど、光の反射や透過具合ではパールの存在が全く希薄になり、フツーの
      ソリッド・ブラックに映るケースも多々あるんでそっちの姿も楽しめるし、まぁ裏と表の顔がある悪いオンナのよう、ということで(w)。

      対して右上画像、これはベースコート白地でのパール具合、こっちはもう(ソリッドのホワイトもモチロン悪くはないけれど)、断然
      いつでもパールホワイト状態で輝いていて欲しい、そんな仕上がりね〜。ワシャ基本クルマの色の選択肢に白・銀はナイんだけど
      (制服の如く皆さん乗っているからね〜)、同じ白でもわざわざ3万のエクストラ・コスト払って(国産車での大体の相場っス)、
      パールホワイト買い求める人の気持ちが、これでよく解りました(w)。


      今回は木工や金属加工、塗装といった作業においての凡ミス大ミスは殆どなかったんだけど、最後の最後に来て、ドエライを
      やってもうたぁぁ〜。別になんてことない作業でそれは発生、左上画像に写るアルミ角棒、から作製したテイルピース、その
      上部には弦を留める為のイモネジを納める為のタップ(ネジ穴)が切ってあったのね。で、ネジが回転しながらチョクに弦に
      触れると切れちゃうこともあるんで、インサートパーツをカマして弦を固定、という設定にし、その利き具合をチェックしつつ
      タップを刻み増ししてたのよ。あれ〜、まだ届かないのか、もう少し、おっ、かてぇ〜な〜、とかやってたら、パキ〜ンッ!

      そう、タップ・ドリルが折れてしまったのだぁ〜!(左画像の上から2番目、1番上はアームの穴だからつまりは1弦用の
      箇所ね)。しかもその折れたトコは、アルミ角材から露出してないほぼツライチの位置だったので、バイスで挟み込み
      取り出すことも出来ず、さぁ困った。こんな四方八方に孔開けまくりタップも切りまくって作製したブツを、再度作り直す
      なんてもう気が振れてしまいます。仕方ないんでルーターでチビチビ(としか進まない)削っていくのだが、普段はドリル
      側に対し、もっとガンガン孔開かないのかね〜、もっと強固な材質のドリルはないもんかね〜とか思っているクセに、
      いざそのドリル材自体を削るハメになると、なんでこんなに強靭な素材なのかね〜、折れたときのことを考えて、もっと
      柔軟にしとくとか配慮はないのかね〜、と思う始末。救いようのない我が侭っぷりっスな。ともあれ、2日掛けて(この作業
      のみに専念して)、ようやく取り除きました〜(涙)。

      そんな徒労のあと、その不死鳥のように蘇った(w)テイルピースをテッカテカに磨き上げ、そして右上画像のように
      ワイヤリングも済ませ、さぁ完成まであと一歩ぢゃ〜〜。


       いやぁ色々あったけど、遂にカタチにはなりましたよ。いやぁそのときは感無量〜。辛酸をナメた、最後の最後にきての
       テイルピース加工の悪夢ももはや遠い昔、なんたって今や弦を締め込みロックするという、その仕事をちゃんとして
       まっしゃろ〜。ちなみにこの時点ではまだ、テイルピースから突き抜けた弦の余り部分は生やしっぱなし、画像の通りに。
       ミテクレはワイルドでいいんだけど、結構ジャマなのよね〜(w)。

       この後、アーム・ユニットの調整や電装チェック(そういえば初めは原因究明不可のノイズに大分悩まされたっけ。
       ポッドとか総取っかえしたら何てことなく直った。なんだかな〜w)、そしてナットの溝切りやオクターブ等の細かい
       調整に移っていき、ますます本当の意味での完成に近づくワケですなっ。


       そして遂に自家製長々アームバーも装着し、これでミタメ的にはもうコンプリート状態、ある意味完成〜。このアームバーは
       結構終盤になってから手を付け、塗装の完全硬化・完全乾燥を待つなか作業したのであ〜る(2液ウレタンといえど、ナニゲに
       結構ヒケるのよ〜)。

       等々記すと、いかにも完成もうすぐ目の前、余裕綽々のようだが、実際には本文中にも記したように、この段階に来てアーム・
       ユニットの作動に不具合発生!それを修正する為に使用スプリングを全くの別物にし、ユニット自体も大幅に異なった構造に
       変更するといった大舵を切る。しかしそれ一発ではゴールに辿りつけなかったので、一日一案、違う構造を考え実践、それを
       3回=3日繰り返しどうにかゴールテープを切った自分を誉めてあげたい(w)。

       しかしまぁよく違う構造でのアイデアが一日イッコ、三連チャンで出てきたと思いますぅ〜。

       
       というワケでどうにか無事、ギターという楽器としても使えるようになって、ホントに完成〜。ってもこの画像、一段上の画像と
       同一時に撮ったモノだと思うから、実際このときはまだアーム・ユニットの構造変更に四苦八苦してるんでしょうな(w)。

       それに本文中にも記したように、現状のアーム・ユニットはあくまで仮の状態で、ゆくゆくは自分好みのアクションで作動
       する、シンクロ・トレモロ用のスプリング使用した仕様に戻すつもり。あと、このLVBG君専用のストラップもこれから自作
       するんで、もしかしたらこの後もまだまだ、この下に製作後記が続いちゃうことになるかもしれませ〜ん(w)。

 
TOP