壁パス

2001.10.23更新

コーチの経験から 練習方法


トップへコーチの経験から(低学年)

トップへコーチの経験から(5年生)

トップへコーチの経験から(6年生)


トップへ練習方法

(1)1対1の練習から
 攻撃側と守備側の2組に分けて1対1の練習。
@1対1
 攻撃側の子供がドリブルし、
 守備側の子供をかわしてシュート。
*なかなか1対1で抜く事が出来ない。
 このことを意識させておく。
 次の練習で、
 「壁役の味方と協力してDFをかわす」
 ことを実感させる。

A1対1+2(壁役)
 基本的には@と同じだが、
 左右の壁役の子供を使える。
 攻撃側の子供がかわせない時には
 壁役の子供とワンツーパス(壁パス)をする。
*攻撃する子供は、
 ・DF(守備役の子供)を近くに引き寄せる
 ・DFとの間合いでパスのタイミングを図る
 ・壁役へのパスを足元に出す
 ・DFの裏に素早く走り込む
*パスをもらう壁役の子供は、
 ・パスをもらえる位置(方向と距離)に動く
  パスを受ける事が出来るように寄る
  遠すぎないように
 ・ダイレクトでスペースにパスを戻す


(2)パス&ゴーからシュートの練習
 参考書『Jリーグをめざす!サッカー<戦術編>』の「3対2の攻撃戦術」を参考にして、3人の動きからのシュートを練習。
 主にパス&ゴー、トラップ時のボディシェイプ、スペースへのパスと走りこみを練習。
@中央の青●にパス。
 パスを出した赤●がスペースに移動。
Aコーチにドリブルで少し近寄り、パス。
Bコーチからのリターンパスをトラップし、
 赤●にパス&ゴー。
 壁パスの戻りを受けるスペースに移動。
C壁パスの戻りをコントロール。
Dゴールにシュート
 ゴールライン際に流れた場合、
 マイナスのセンターリングに切替える。

*コーチからのリターンパスを受ける時、
 ワンタッチでしっかりトラップ。
*壁パスを出す時、
 受け手の足元に、
 正確に適切なスピードにする。
*スペースにダッシュする時、
 あわてて直線的にならず、
 ウェーブしてスペースに出るボールを、
 とらえるようにする。

(3)3人の動きからのシュートの練習
 壁パスによるリターンパスを使いませんが、3人の動きの組合せでシュートにつなげる練習です。(2)と組み合わせると良い。
@中央の青●にパス。
 パスを出した赤●がスペースに移動。
Aコーチにドリブルで少し近寄り、パス。
 パスを出して横(のスペース)に移動。
Bコーチから赤●にパス。
 青●赤●からのパスを
 受けることができるスペースに移動。
C赤●からのパスをコントロール。
Dゴールにシュート
 ゴールライン際に流れた場合、
 マイナスのセンターリングに切替える。

青●はコーチにパスを出した後に、
 赤●からのパスをもらう動きを
 無条件にすることがないように、
 コーチからリターンがくる可能性に
 対応できる体の向きを取れるようにする。
*順番待ちの子供を含めて「右」「前」と  声を出すようにする。

(4)両パターンの混合
 青●からのパスを(2)「壁パスのパターン」と(3)「3人の動きからシュートのパターン」のいずれにするか、状況に応じて決める。
 いろいろな選択、状況に対応できる姿勢・動きを心掛けることができます。
 青●をコーチではなく、MF役の子供ができると良いのですが、プレーの正確さと判断の早さが必要です。

(5)1対1と壁パスの組合せ
@子供達を守備役の組A、攻撃の組B、壁役の組Cの3組に分ける。
AAからBにパスし、Aは前に出てBの進路をふさぐ。
BBがトラップして壁役のCにパスし守備役Aの裏に走る。
C壁役Cは守備役Aの裏に壁パスを戻す。
DBは壁パスを受けて組Aの後ろに並ぶ。
EAは組C、Cは組Bの後に並ぶ。
F(B〜Cの代わりに)壁パスを出すフェイントをして守備役Aをかわしてドリブルする。
 壁パスをするか、フェイントで抜くかを選択させることで実戦的な練習にできる。

練習メニューへ

本年度のホームページに戻る
ボタンを押すともとのページにもどります