ゴーーール!

キックのシュート練習

2004.5.29更新
指導の心掛け・コーチの経験から 練習方法
低学年 5年生 低学年 5年生

トップへ 指導にあたって心掛けていること
トップへ 低学年の指導の経験から
トップへ 5年生の指導の経験から

トップへ 練習方法



シュート練習事例1
練習方法へ−事例1−
@からAの「人のいる所」にパス。
Aの人がパスしてくれるように、きちんとキックしよう。
@はBの「人のいない所」に、はしろう(ダッシュ!)
AはBの「人のいない所」にパス。
@からの人がBでシュートしやすくパスしよう。
Bは「キーパーのいない所、手のとどかない所」にシュート
【ふろく】
「人のいない所」を「オープン・スペース」といいます。
「オープン・スペース」は、たいせつです。おぼえよう!
「オープン・スペース」をつかえるようになれば、つよくなるぞ!
あいてのゴールにむかってのパスを「たてパス」といいます。
@からAへのパスが「たてパス」です。
あいてのゴールにむかってよこへのパスを「よこパス」といいます。
AからBへのパスが「よこパス」です。
子供同士ではパスが難しいので、Aはコーチがやりました。
またGKもコーチがやりました。
3年生では、試合前にはポスト役AとGKを子供が練習しました。


シュート練習事例2 練習方法へ−事例2−
@からAの「人のいる所」によこパス。
Aの人がパスしてくれるように、きちんとキックしよう。
@はBの「人のいない所」にむかおう。
AはBの「人のいない所」にパス。
@からの人がBでシュートしやすくパスしよう。
AからBへパスがでるときに、@からのひとはダッシュ!
Bは「キーパーのいない所、手のとどかない所」にシュート
@からBに、はしりこんでシュート!
【ふろく】
「人のいない所」を「オープン・スペース」といいます。
このれんしゅうではBが「オープン・スペース」です。
「オープン・スペース」に「はしりこむ」のがたいせつです。
AからBへのパスは「スルーパス」です。
これは、あいてのプレーヤーの「あいだをぬく」パスです。
子供同士ではパスが難しいので、Aはコーチがやりました。
またGKもコーチがやりました。
DF(守備)は実際には置きませんでした。
3年生では、試合前にはポスト役AとGKを子供が練習しました。


シュート練習事例3

練習方法へ−事例3−

@からBの「人のいない所」にパス。
Aの人がはしりこんでとれるように、きちんとキックしよう。
Aの人はBのボールにむかってダッシュ!@はCのゴールちかくにむかう。
AはBの「人のいない所」にはしこんで、Cのゴールまえにパス。
@からの人がCでシュートしやすくパスしよう。
@からのひとは、BからCへのボールにあわせよう!
Cはゴールにむかってシュート。
ボールをよくみてシュートしよう!
【ふろく】
@からBの「オープン・スペース」にパスするのがたいせつです。
BからCへのパスは、「センタリング」です。
これは、あいてのゴールちかくの「まんなか」へのパスです。
2年生ではキックが強くなく不正確な子供が多く、難しそうでした。
時間もロスすることが多いのが現実ですが、試合の前などに練習しました。
GKはコーチがやりましたが、試合前には子供のGK練習にしました。


シュート練習事例4

練習方法へ−事例4−

4〜5年生で練習したメニューです。
@3〜4m横にドリブルで移動。
A次の順の子供にショートパス。
Bパスを出してサイドに走る。
 *あわてて突進しないで、リターンパスに合せ
  少し「ふくらむ」ように曲線のコース取りをする
  ようにアドバイス。
Cパスを受けた子供がリターンパス。
 *5mくらい前のスペースを狙うようアドバイス
Dリターンパスを受けてゴールに向かう。

*リターンパスのコース/方向を示すコーンを置いてアドバイス。
 足元に出すパスとスペースに出すパスを指導。
 リターンパスは強めにオープンスペースに出すようにアドバイス。



シュート練習事例5

練習方法へ−事例5−

4〜5年生で練習したメニューです。
スペースを使えるようにします。
@中央側の子供から外側の子供の足元に横パス。
A外側の子供の前方のスペースに走り込む。
 *慌てずリターンパスに合わせるように。
B外側の子供はパスを受けてリターンパス。
 *前方のスペースを狙うようにアドバイス。
Cリターンパスを出して中央側に走り込む。
 *こちらも慌てずセンターリングに合わせる。
D外側に出た子供はリターンパスをコントロール。
E中央側の子供にセンターリングを合わせる。
 *ドリブルとともにルックアップして。
Fセンターリングに合わせてシュート。
 *ダイレクトまたはワンタッチコントロールして。

*リターンパスを出して中央側に走り込む子供は「声を出す」ようにアドバイス。
 どうしても慌ててゴール前に急いでしまう傾向がある。
 ここでも回り込むようにしてセンターリングに合わせるようアドバイス。
*センターリングはGKにカットされないように「戻し気味」に入れるようアドバイス。


シュート練習事例6

練習方法へ−事例6−

5年生で練習したメニューです。
 いろいろな方向からのパスをゴール前で受ける。
 ツータッチでシュート。
 グッド・ボディ・シェイプ、
 ストッピング後のシュートの向上を狙う。
@ペナルティエリアライン付近に子供12人。
 約2m間隔でバラバラに配置。
Aシューターはペナルティキックマーク付近。
Bゴール右側から順にパス&シュート。
Cパスをコントロールしてすぐにシュ−ト。
Dシュートしたら大きなコーンをタッチ。
Eコーンにタッチしたら次の子供がパス。

*ファーストタッチでコントロールし、シュートを打てるようにします。
 ただパスの来る方向、利き足によって、子供毎に向上の余地がたくさんあります。
*パスを出す子供のキックの強さ、正確さも大切です。
  正確さは大体よいが、キックが弱い。
  キックは強いが、正確でない。
 どちらも改善が必要です。


シュート練習事例7

練習方法へ−事例7−

5年生で練習したメニューです。
 ポストプレーからパス&シュート。
 グッド・ボディ・シェイプ、
 2人のコンビネーションの向上を狙う。
@ポスト役の子供が約5m先のコーンにタッチ。
A最初のパスをポスト役に出して、スペースに走り込む。
Bポスト役はスペースにリターンパス。
 パスを出した方と逆のスペースに走る。
Cリターンパスをコントロールしてドリブル。
 ゴール前のスペースにセンターリング。
Dセンターリングをシュート。

*課題
 パスが弱い、不正確になることが多い。
 ワンタッチ、ツータッチでなかなかコントロールできない。
*ミスをしても続けるようにアドバイス。

シュート練習事例8

練習方法へ−事例8−

5年生で練習したメニューです。
1対1の攻防からシュートへ。

攻撃と守備の2組に分ける。
攻撃の子供はセンターサークル付近、
守備の子供はゴール脇に集合。
守備側はコースを消す。タックル禁止。
@攻撃の子供が守備の子供に大きくパス。
A守備の子供は攻撃の子供にパスを戻す。
B1対1。
C攻撃の子供はフェイントで
 守備の子供をかわしシュート。
D1回毎に攻撃(守備)が終わったら
 守備(攻撃)の列の後ろにつく。

*スピードに変化を付けて抜き去ることが難しい。
 もっと積極的にゴールを狙えるようにしたい。


シュート練習事例9

練習方法へ−事例9−

5年生で練習したメニューです。
1対1の攻防に壁役を加えたシュートへの練習。

攻撃側と守備側の2組に分けて1対1の練習。
@1対1
 攻撃側の子供がドリブルしフェイントで
 守備側の子供をかわしてシュート。
*なかなか1対1で抜く事が出来ない。
 このことを意識させておく。
 次の練習で、壁役の味方と協力して
 DFをかわせることを実感させる。

A1対1+2(壁役)
 基本的には@と同じだが、
 左右の壁役の子供を使える。
 攻撃側の子供がかわすことができない時には
 壁役の子供とワンツーパスをしても良い。
*攻撃する子供は、
 ・DF(守備役の子供)を近距離に引き寄せる
 ・DFとの間合いによりパスのタイミングを図る
 ・壁役へのパスを足元に出す
 ・DFの裏に素早く走り込む
*パスをもらう壁役の子供は、
 ・パスをもらえる位置(方向と距離)に動く
  パスを受ける事が出来るように寄る
  遠すぎないように
 ・ダイレクトでスペースにパスを戻す
*攻撃側と守備側は1回ずつ交代しました。

シュート練習事例10

練習方法へ−事例10−

5年生で練習したメニューです。
センターと左サイド、右サイドに位置する3人で1組。

@センターから右(左)サイドにショートパス。
A右(左)サイドから逆サイドにロングパス。
B逆サイドでボールを受ける。
Cセンターと逆サイドのプレーヤーをルックアップし、
 センターリング(ドリブルはしなくてもよい)
Dセンターリングをセンター(逆サイド)がシュート

*右→中→左→右→・・・とポジションをローテーションする。
*ショートパスは、
 ロングパスをキックしやすい位置に、
 ロングパスをキックしやすいスピードに、
 コントロールしたい。
*ロングパスは、
 なるべくダイレクトで、
 思い切ってキックする。
*シュートはなるべくダイレクトで決めたい。


シュート練習事例11

練習方法へ−事例11−

5年生で練習したメニューです。
センターと左サイド、右サイドに位置する3人で1組。
DFの裏を突破するようにポジションチェンジをする。

@センターから右(左)サイドにショートパス。
A右(左)サイドから中央DFの裏にスルーパス。
B逆サイドから走りこんでボールをコントロール。
Cルックアップし、左右のサイドのいずれかにパス
Dパスをコントロールし他の2人にセンターリング
 (シュートしてもよい)
Eセンターリングを他の2人がシュート

*右→中→左→右→・・・と
 ポジションをローテーションする。


シュート練習事例12

練習方法へ−事例12−

5年生で練習したメニューです。
中盤からトップへのカウンターパスを素早く展開する練習。
試合では、
 中盤でトラップしてパスコースを見てキックするこたが多く、
 展開に時間がかかり、FWが我慢しきれず
 FWの飛び出しとタイミングが合わずオフサイドの反則が多かった。
中盤でトラップせず、ダイレクトパスでオープンスペースに展開する。
左右の両サイドからの展開を練習した。
@中盤の底からコーチがMFにパス。(ゴロや浮き球など)
AMFはダイレクトで左右のオープンスペースにキック
 なるべくロングキックで相手DFの裏を狙う
Bオープンスペースに走りこみボールをコントロール
Cルックアップし、センターリング
Dセンターリングに合わせてシュート

*ダイレクトでキックすることがうまくできない。
 真後ろや斜め後方からのボールをジャストミートできず、
 空振りやキックミスが多い。
 特にボレーキック、ハーフボレーキックは慣れていないようだ。
*DFの裏を狙うには、
  早いボール、
  頭を超えるボール
 をキックできるようにしたいが、まだまだ・・・・

技術練習〜キックへ

練習メニューへ

本年度のホームページに戻る
ボタンを押すともとのページにもどります