技術練習〜スローイン

2001.6.5更新

コーチの経験から 練習方法


トップへコーチの経験から(低学年)
(1)ボールについて
  • 1〜2年生で4号球でのスローインは1〜2年生にとって「ボールが大きく大変」です。
  • 比較的小さく軽いドッジボールや3号球で飛ばせるようにして「自信を付けさせる」のも一案です。
  • 1〜2年生では遠くへ飛ばすよりも「約束事(ルール)を守れる」ようにすることを優先し、うまく味方につなげられなくても目をつむるくらいの気持ちでいましょう。
(2)投げる方向の決め事
  • 両手で頭の上をキチンと通過させること。
    地面から両足を離さないこと。
    投げたい方向に体の正面を向けること。
    この三つの約束事(ルール)を多くの子供が試合では忘れてしまいます。
  • どこに投げてよいのか迷ったり、受け手の味方を捜したり、遠くに投げれないので戸惑ったり、せかされたり、文句を言われたり、・・・
    とにかく、「あわててしまう」ようです。
  • また、大抵の1〜2年生は「味方も相手も集まるまで待っている」かのように、ゆっくり構えてしまい、投げる所がなくなってしまいます。
  • そこで投げる方向を決め事にしておくと良さそうです。
    まず、「相手ゴール方向のタッチライン沿い(縦に)」に投げる。
    次に、「オープンスペース(人のいない所)」に投げる。
    そして「フリーな味方」に投げる。
    (「うまい子」に投げるのは指導しなくても子供が意識してしまいます。
    素早く近くのフリーな味方」に投げれると良いのですが・・・)
  • 大人の場合だと順序が逆でしょうが、
    1〜2年生の場合には大抵の子供は回りを見る余裕が無く
    「フリーな味方」と言っても、誰がフリーだか判別できない
    「オープスペース」と言っても、人のいない所を認識できない
    「縦に投げろ」と言っても、フィールドの縦・横が判らない
  • 従って、タッチライン沿いの方向を練習の時に教えます。
  • 低学年の試合では、じっくり・ゆっくり構えてしまう前に、まずタッチライン沿いに投げ、味方が走り込むようにしました。
    相手が先にボールに寄ってもタッチライン沿いなのでコントロールしにくく、
    タッチに出せば距離をかせげ、内側に行けばボールを奪いやすくなります。
  • ただし、3年生になると理解できる子供が増えるので、キチンと指導できるようになってきました。
    (まだまだですけど・・・)
(3)投げるコツ
  • 低学年では「手だけで投げる」傾向があります。
    体も小さいので「上体の反り」、腹筋・背筋を使った「力」での投げ方はできません。
  • 1〜2年生では「投げる方向の決め事」を守れるようにすることを、遠くに飛ばすことより優先して指導しました。
    スローインの上手な子供にはコツを教えます。
  • 3年生になる頃に「手首のスナップ」について指導します。
  • 学校の授業でドッジボールをするようになり、また友達とキャッチボールをするようになり、
    結構きつく早いボールにも慣れてきます。
    子供にもよりますが、この頃には「スナップ」を理解できてきます。
  • スローインの場合には両手でボールを投げますが、
    ボールの離れ際に手のひらを外側にスナップさせる」とボールに勢いが付き、大抵の子供は飛距離・スピードとも増やすことができます。
  • 上体の反り」も3年生になると覚えてきます。あまり指導しなくとも子供自身で意識して反らせるようになっています。

スローイン
トップへ 練習方法
(1)2人1組(コーチと)
(2)2人1組(子供同士で)
(3)実戦形式で


スローインの戦術練習へ


練習メニューへ

本年度のホームページに戻る
ボタンを押すともとのページにもどります