現在のサイト:第1話「北から来た牧師」シナリオメモ
 < 親サイト:BofAメモ(7) < ゲームデータ(8) < TRPG蛇行道!(9) <たまねぎ須永の部屋〈うつつまぼろし〉(0)
本記事が良かったらクリックしてください→

第1話「北から来た牧師」シナリオメモ(Ver.0624)

使用システム:「ブレイド・オブ・アルカナ」
GM:たまねぎ須永
プレイ日時:2000年6月24日

『本シナリオでのPCの最終目的』

1.殺戮者より聖痕を解放すること。
2.〈深黒の炉〉から聖痕を解放する。

『導入ステージ』

【ティネイシャス】
 あなたは病にうなされている間に、夢をいくつかみました。印象的なイメージは次のようなものです。
 たくさんの女性があなたを囲んでいます。すべて、ディザィア(ケニス=イデルの妻)のようであり、オクチャスクの愛人ガイスト子爵婦人のようでもあります。彼女たちは体の各部を刃に変え、互いに斬りつけあいます。空間は歯車の音で満たされ、あなたの思考はその音に占領されていきます。
 やがて、あなたに気付いた数体が斬りつけてきました。
(暗転)
 ……ギシギシ、ギシギシ。
 あなたは、耳にさわる歯車の音で目を覚ましました。隣りの部屋から女性の声が二つ聞こえます。一つは、ガイスト子爵婦人。もう一つは、熱病にうなされている間にいくらか聞いたような気がします。
(リシーナ)「ヴァランガという薬草が欲しいのです……。強い熱病にうなされた急患が運び込まれたのですが、蓄えをきらしておりまして」
(ガイスト)「その草は、貴重ですわ。館にも数えるほどしか蓄えていませんもの。これを差しあげると、今回は油なしになりますけれど、よろしくて?」
(リシーナ)「仕方ありません……」

【マルス】
 街道を東へ進んでいると、道からはずれた茂みの奥で、金属のぶつかり合う音が聞こえます。ごろつきが10代半ばの女性を襲っています。女性は、ハルバードをふり回していますが、はた目にはどちらが主人だか、わからないような動きです。
ごろつき(ウェントス/トループ)6人
体格:9/反射:11/共感:11/知性:8 HP:6
〈事情通〉●● 《挑発》《活劇》
ぼろぼろの革鎧(S2/I1/C2)とアイアンクロー(I+3)〈格闘〉●


 女性は、〈知覚〉(+1個)に成功すると、イルマ=ヴィーケだと判断できます。
 イルマは、オクチャスクを追ってきたら、この付近でテオに似た人物を見かけた、と聞きつけたことを告げます。何であれ、大事な二人をあんな目にあわせたオクチャスクを、形見のハルバードで傷つけてやりたい、とくらい炎を浮かばせた瞳であなたを凝視しながらつぶやきます([鎖])。

【ジェイク=イネーズ】
 ニエベの街で一休みしていると、オクチャスクのもとへ赤髪の印象的な人物が幾度か訪れていることを耳にできます。そのあとは、機嫌が良く、酒樽の注文があるんだそうです。

【アイン=イーラム】
 3年前の記憶を夢にみます。あなたは領主の館に忍び込みました。村を訪れた一団の旅人の一人が、領主に呼ばれたからです。彼女は、村の子どもたちの前で、いくつか面白い話を語りながら踊ってくれていました。きっと、領主さまの前でも、もっと面白い話や舞いを披露するだろう、という期待からでした。
 覗いてみると、領主と浅黒のマテラ族の男(オクチャスク?)が黒髪のオクタール族の女性(ヴィフィーナ?)を前に話し合っています。どうやらその女性が、あなたの目当ての旅人のようでした。
「これならば、素体として十分ですな。ダムナム殿の希望通り、聖女として役目を果たしてくれると思いますが」(マテラ族の男)
「もちろん、オクチャスク殿に引き渡しますが、その前に、な、これだけの上玉、楽しませてもらわんとな」(領主)
 彼女は、二人の話が聞こえていないようで、ひたすら踊りや歌を披露しています。  このような夢をみました。

【シニオン】
 オクチャスクの言った「東の方向」へ進んできました。
 そんな旅路を進んでいますと、街道の端に、卓を出している老婆が声をかけてきます。彼女は、真っ青なローブに身を包み、片手でカードの束をもてあそんでいます。
「熱を奪う猟犬よ、お主の追っている人物に会うにはこの書状を持っていくがいい」
 書状には、ニエベの街の〈水竜〉亭にて、とあります。そして、蒼い墨で、複雑なマークが描かれています。記憶によれば、これは〈青鮫団〉のハーレーの署名です。

『展開ステージ』


 ニエベは、山に囲まれた盆地にある、人口千人ほどの街です。冬は寒く、夏でも20度前半までしか気温の上昇しません。
 このニエベの街の近くに、オクチャスクは館を構えています。街の住人の態度は、無関心といったところです。
 〈水竜〉亭に行くと、シニオンは20代の女性に別室に誘われます。女性は、からだの線を強調するような薄めの衣装を着用しており、他のPCからさらうようにシニオンを別室へ運び込みます。彼女が、ハーレーです。
 彼女はシニオンを寝床へ押し付けながら、
「オクチャスクの館に忍び込むんだってね」
と、問いかけてきます。シニオンの返事がよければ、館へ忍び込む手伝いをしてあげようかい? と提案してきます。
「いつぞや、世話になったお礼さ」
と妖しく微笑みます。

【迷宮】
 オクチャスクの館は、地下実験部と地上に分かれています。ハーレーの狙うお宝は、地上部にあります。シニオンは、実験部の入り口まで案内されます。そこまで行くための障害は、〈青鮫団〉の活躍で解除されてきました。不満そうなPLがいたら、希望判定をさせて失敗したらD10のHPダメージをあげましょう。
 地下に対して(例:〈隠密〉がいない)不安を感じているようならば、〈隠密〉●●の部下(ハーレー配下の青鮫団NPC)をつけてくれます。

〈地下実験部〉
 今回は、ブレイド・オブ・アルカナでダンジョンをやってみます。やっぱり、ファンタジーといえば、迷宮ですからね(でも、迷宮をひたすら迷って進む状況を描いた小説などは見たことないなぁ)。
 建物は全体的に石製です。扉は、木造です。
 罠、鍵はすべて、〈隠密〉に成功すれば解除できます。
 各部屋ともに、天井に大きな目の絵が彫り込まれています。この目を壊せば、その部屋に対して、オクチャスクは手を出せません。


 壊していない状態だと、各罠は、オクチャスクの特技判定 と対決判定することになります。また、奇跡を使ってきます。

「A」
 地上部への階段があります。
 右側の扉は、特に罠はありませんが、鍵がかかっています。
 左側の扉も同様です。
 ただし、AからBへつながる廊下には罠があります。《疾風輪》でできたベルトコンベーヤーがあり、右から左へと高速で床が移動しています。
 この床を無力化せずに乗ったPCは、〈運動〉の対決に負けると、左端の壁にぶつかり、C+6をうけます。
 AからCへの廊下には《魔術師》(エフェクトス)の罠があります。トループ殱滅用なので意味はないでしょうけれど。

「B」
 南の扉は、鍵はかかっていないが、罠があります。罠は《石榴》。
 北の扉は、鍵がかかっていますし、罠もあります。罠は《眠りの花》。扉をくぐっている最中に発動します。
 部屋の中には、泉があります。この水は、《酸の海》《癒しの雫》を組み合わせたものです。飲めば《雫》の効果に加えて《海》の効果でC+1の効果を受けます(回復量は21点)。体にかければ、防具を壊しつつ、身体を回復させます。

「C」
 北の扉には、鍵も罠もかかっていません。
 南の扉には、鍵と罠があります。罠は、《月》で、Cの部屋に対してかかります。これが発動すれば、暗視できないものは-1Dで戦闘することになります。  東の扉には、鍵も罠もありません。
 部屋の中には、《元力招来》で召喚された凍の精霊(トループ)がいます。
 

凍の精霊
体格:2 反射:5 共感:3 知性:5 希望:4 HP:4
攻撃〈元力〉●●(判定値18)C+4


「D」
 倉庫です。いろいろな家具や日用雑貨が、壁際の棚に多数おさめられています。
 品物をよく見てみると、みな、模様の中にさりげなくディアボルスの紋章が彫り込まれています。手に取ったのならば、希望判定をしてください。失敗すると、聖痕が埋め込まれた家具を手に取ってしまい、〈自我〉(●●判定値4)で対決してください。負けると、体の操作権を奪われてしまいます。毎シーン対決します。
 操作権を奪った家具は四肢の感覚に喜ぶだけで、能動的な行動は行いません。無駄な時間を過ごすだけです。

「E」
 南の扉には、鍵も罠もありません。
 北の扉には、鍵はありませんが、罠(《陽光の杖》)があります。
 部屋の中には、テオ=マクドールがいます。
「捧げよ、聖痕。今こそ、大願成就の時ぞ!」([宴]判定)
 

テオ=マクドール(ゴーレム)
∵魔器∵ 体格:13 反射:13 共感:11 知性:8 希望:12 HP:26 AP:3
〈重武器〉●●● 〈運動〉●● 〈騎乗〉●●
《突撃》《機甲馬》《馬術》《ツバメ返し》(重-2)《すり抜け》(運-3)
ブロード・ソード(魔器です)(AP-3)S+7防2
フルプレート+革マント+クロス・ヘルムS11/I7/C5
 EとHの間の廊下には《自動人形》で創られたクレアータ(ディザィアやガイスト子爵婦人に似ていますが、知性のかけらも感じられません)が密集していて、体格か〈運動〉判定に成功しないと通り抜けられません。失敗すると、クレアータの体がはじけて、《酸の海》を受けます。(悪徳により[鎖])

「F」
 南の扉は、鍵がかかっていますし、罠もあります。罠は《眠りの花》。扉をくぐっている最中に発動します。
 右の扉は、鍵がかかっていますが、罠はありません。
 左の扉は、鍵はありませんが、罠(《炎の舌》)があります。
 部屋にはウィガード=カムザがいます。
「今こそ解放のとき! 捧げよ、聖痕、今宵は人類の目覚めなり!」([宴]判定)
 

ウィガード=カムザ(ゴーレム)
∵魔器∵ 体格:15 反射:12 共感:10 知性:11 希望:9 HP:30 AP:4
〈重武器〉●●● 〈回避〉●●-3 〈祈念〉●●
《聖光》(祈-3) 《増腕》(重-4、2nd攻撃) 《剣圧》(重-4) 《重撃》(重-3、受け-1個)《斬鉄剣》(重-5、F受けた武器防具破壊)
フレイルC+7防0
カイト・シールド(魔器)C+1防6
プレートメイル+オープンヘルム+革マント(S10/I7/C5)


「G」
 酒樽が多数転がっています。なかなか良質のワイン、ブランデーです。
 中をのぞくと、子どもが多数入っています。([鎖])
 この室内で行動するならば、希望判定すること。失敗すると、《氷の世界》が発動します。

「H」
 地下へと続く自然の洞窟が開けています。
 その入り口の前にガイスト夫人が立っています。
「皆様、見事にここまでいらっしゃいましたね。そのお手並み、オクチャスク共々感動いたしました」
「これならば、あなた様がたも古代儀式に立ち合われる資格がおありということですわ。さぁ、ついていらっしゃい」
 ここで戦闘をふっかけるならば、ガイスト夫人は残念そうな顔になりつつも全力で相手をします。
「せっかく、あなたがたを見込んでいたのに……。残念ですわ」
 オクチャスクは、防御系の奇跡をとばしてきます。

「地下最深部」
 20mほどの深さを潜ったようです。高さ8mの20m2の空間に出ます。空間は、天井からこうごうとした光にてらされており、灯りは不要です。
 中央部には、「黒」以外の何者でもない大きな炉(炉というか、大きな釜)があります。それに付随して建てられている3mほどの高さの台のうえに、オクチャスクはいます。
「さて、始めようか」([宴]判定)
 そう言って、黒いたいまつを炉の中に落とします(∵大破壊∵∵爆破∵∵封印∵を併用)。炉を中心に気温が下がり始めます。それと同時に、聖痕が共振を始めます。通常の共振とは逆の感覚です(例:吐血→宙に血で描かれた聖痕が浮かび上がり、口の中に血が逆流していきます)。
「聖痕は人間には過ぎたる力なのだよ。だから、この〈深黒の炉〉で、すべて、解体する。これにより、人間は力、神々から解放されるのだ」
 オクチャスクの体は、聖痕で暗く光っています。彼自身は聖痕をまだ所持しています。
「これはすべての聖痕を解体するまでの間、必要な力なのだ。君たちのような聖痕持ちから聖痕を回収するために必要なのだよ」
「ここまできたのならば、わかるだろう? 聖痕はこの世界にあってはならない力だということを。ともに聖痕を解体しようではないか? ブレダ王に近いエルローズ殿にも協力を説き伏せてある。これは世の流れなのだよ」
 

オクチャスク
(∵大破壊∵ ∵爆破∵ ∵封印∵)∵再生∵ ∵死神の手∵ ∵模造∵*2 ∵天真∵*2 ∵神移∵ ∵不死∵
ゴーレム(ゴーレム)
 ルールブック168頁を参照のこと。
 
〈炉〉が破壊されるまでは、ここで聖痕が解放されると、〈炉〉に吸い込まれます。これを破壊するには、∵大破壊∵∵爆破∵などが必要です。
 破壊できなければ、シナリオの最後に、赤髪の女性が持ち去ります。〈事情通〉に成功すれば、エルローズかな?と思えます。

【データ編】
オクチャスク(マテラ族/男性/23歳/瞳:こげ茶/髪:灰/肌:浅黒/殺戮者)
体格7 反射:14 共感:9 知性:21 希望:15 HP:14 AP:7
エフェクトス=デクストラ=オービス(首筋/耳/装飾品)
(∵大破壊∵ ∵爆破∵ ∵封印∵は儀式で使用)∵再生∵ ∵死神の手∵ ∵模造∵*2∵天真∵*2 ∵神移∵ ∵不死∵
〈錬金術〉●●● 〈元力〉●● 〈秘儀魔法〉●●● 〈軽武器〉●●
《元力:凍》《元力耐性》《元力槍》《元力招来》《塔》《古代儀式》 他、デクストラの特技すべて
武器:超巨大サイズ(中、S+11/S+13,AP-7,防5)
防具:なし
因縁

◎シニオン/幼子 エフェトス時代の弟弟子
〇ロヴレンド/主人
◎ペイジ/保護者 錬金術、ベスティアとしての指導者
共振:吐血する
異形:大きなトカゲの影を持つ小さな子供
 ベスティア所属の錬金術師です。もともとさらなる力を求めてエフェクトスの団体セプテントリオンを抜け、秘儀魔法、錬金術を学んできました。ベスティア、ロヴレンドという出会いが、力の恐ろしさを彼に教え、聖痕を解体することを決意させたのでした。

ガイスト子爵夫人ドリス(ヴァルター/女性/28?歳/瞳:青/髪:金/肌:白/殺戮者)
体格10 反射8 共感13 知性15 希望12 HP:20 AP:8
ステラ=ステラ=クレアータ(背/胸/瞳の奥)
∵活性化∵*2 ∵戦鬼∵ ∵神移∵ ∵因果応報∵
〈自我〉●●● 〈交渉〉●● 〈隠密〉●●●● 〈格闘〉●●●
《声援》《光の翼》《星の瞳》《鼓舞》《人化》《牙突針》
武器:なし
防具:ガードローブ+サークレット
因縁

◎リシーナ/貸し クレアータ整備セット(整備油など)の供与
〇オクチャスク/慕情
共振:嘔吐感
異形:下半身の凍ったリアルな人形
 オクチャスクの愛人です。ガイスト家の庶子をもとにオクチャスクの創ったクレアータです。ガイスト家は、オクチャスクの陰謀で、彼女のものになっており、それが彼の資金源になっています。
本記事が良かったらクリックしてください→

【関連リンク】



[最初の頁] [運営者] [お問い合せ] [掲示板]
[サイトマップ] [この頁の1行目] [本コーナーの最初]

検索

Google
 
Web tamasuna.stbbs.net(たまねぎ須永の部屋内)
www.scn-net.ne.jp(TRPG蛇行道!内)
 Google のデータベース更新のタイミングにより、実際の情報と検索結果が一致しないことがございます。ズレは約1ヶ月程度といわれております。