NEO ELEKING


  ネオ・エレキング。元は電卓や光るキーボードでお馴染みのカシオから販売されていたエレキ、
  その名もエレキングです。円谷プロとの商標権的なモンダイはなかったのかしら?ま、それは
  さて置き、これを覚えておられる方、あるいは「カシオからギターなんか出してたん?」と思わ
  れる方、リアクションは真っ二つだとは思いますが、なかなかにこれは画期的なエレキだった
  んよ。まあそれは後述するとして、当時はCHARがコレの広告に起用されてたりしましたな。

  さて、本来のエレキングは、メイプルネックのワンピース仕様のモノしかなく、このハイテックな
  感さえあるプラスティック成型のボディと有機的な木肌感溢れるソレとでは、あまりにミスマッチ
  でした。もちろんこれは個人的主観ですが、多くの人に見てもらってもそう思うんじゃないかしら?
  オリジナルの画像は残ってないけど、どこかで見かけたらワテのコイツと見比べてみて下さい。

  コスト的にローズの指板貼るのキビシイんだったら、どうせメイプル指板、塗装吹かなきゃなら
  ないんだし、全面ツブシで着色しちゃえばよかったのに、とも思います。画期的製品にも関わら
  ず、売り上げそんな芳しい商品ではなかったように思うけど、そのミテクレの部分でソンをした
  部分も大きかったのでは?ヘッド形状もあんまカッコよくなかったしね。

  そう思っていたオイラが入手したのです(6000円ナリ)、もう実践しかありません。また、その
  オリジンのネックはショート・スケールで、他項にもよく記してますがワシそれあんま好みでは
  ないので、その観点からも交換と。まあ元のコンセプトは宴会等の余興やその他出先で弾くの
  に重宝するエレキでしょうから、ショートをチョイスしたのは正解ではあるだろうけど、ワテとして
  はよく出来ているギターなので、自分の好みのスケールでちゃんと弾きたかったのです。

  で、こうなりました、ネオ・エレキングと。俗にいうコンコルド形ヘッド、わしゃエクスプローラー
  型のボディに付いている以外はこのヘッド形状好きじゃなく、バラしたエレキを再利用するにも
  このテのネックの使い道に難儀するのですが、これは素晴らしいチョイスだったと思います。
  どうです、ボディに違和感ないこのカンジ。これが本来の姿じゃない?そんな自画自賛も出る
  程に決まってると思うナリよ。とはいえニール・ショーンがわざわざ会社まで興して作った我の
  エレキ、ショーン・ギターってこんなカタチに近くなかったっけ?

  ネックは、グレコがまんまジャクソンをコピーしたヤツのもの。ソロイストだっけ?イケてない
  頃のベックも使ってたよね。スケールはミディアム。スケール違いのネックをブリッジも移動
  させず単純にくっ付けて大丈夫って?ふっ、そこは計算済みバイ。元ネック22F、こなた24F、
  その2フレ分が伸びシロになって、ダイレクトにそのまま付けても問題なくM・スケールで成立
  するってワケ。アッタマいい〜(ワシにゃ珍しいことだ)。サドル調整だけで余裕で対応出来る
  っていうか、オクターブ調整してるうちに合っちゃいまんがな。

  さてと、単にネックとっ換えただけだし、あんまり自賛ばっかしててもサブイので、ここからは
  後述するとした、エレキング本体のお話を致したいと思います。まずはパッと見にもお解りの
  ようにスピーカー搭載、ってことはアンプ内蔵のZO−3みたいなエレキなんですな。どちらが
  製造販売早かったのかは定かではないけど、エレキングもけっこう昔のモデルだから、もし先
  だったらこのテの先鞭つけたことになるよね(もっとも、ソレ以前にもにもアンプ搭載エレキは
  存在したし、それにZO−3はコンパクトにして携帯性高くし、しかもそれを可愛いルックスに
  まとめたから、こその大ヒット作でしょう)。

  ただ、エレキングがエライのはこの先。右上の画像にあるようにカセット・テープが挿入出来る
  ようになっているのよ(まカセットっていうのが時代を表わすんだけんど)。モチロン単にカセット
  入れのポケットってワケがなく、再生、そして録音も可でござい。だもんで、ちょっと弾いてみた
  フレーズその他を、録音機材わざわざ持ち出さなくとも、どんなカンジだったかなとその場で
  すぐに聴けちゃうのです(また、単に上手く弾けてるかのチェックだけじゃなく、曲のアイデア
  とかとしてそのままストックするとか、ハモリのアイデア考えるとかにも色々使えるし)。

  ナニより、再生した音にカブせてギターも弾けるので、もう「劇団ひとり」オーケストラが出来て
  しまうのよ。ワシャよくブルース進行のオケ入れて弾いたりしておったのう。あとクリスマスの
  集いんときにもオケ作って弾いたっけ。「ジングル・ベル」と「真っ赤なお鼻のトナカイさん」
  (だっけ?)のインスト組曲作って弾いたもん。メドレーじゃないよ。完全な1曲として。っても
  鼻歌でメロ思い出すとき、その2曲をゴッチャにしてしまっただけのテンネンなんだけど(笑)。
  もちろんすぐに気付くもオモロイのでイタダキって、そのまんま演奏ね。それ以外にもZO−3
  的なフツーの使い方でBBQや花見とかにもよく持ってたし、ホント重宝したエレキでした。

  ギター自体の音も悪くなく、内臓アンプからの音はもちろん、アウト・プットも付いているので
  独立アンプからも出音出来、その音もなかなか趣きがあります。あ、そうそう、コイツにゃ
  テープの回転速度変える機能も付いてるから、耳コピとかにも使えるし、そのオケのキー
  変えギターかぶせての演奏も出来るし(もちろんテンポは変わっちゃうけど)。また、オケとの
  バランス取るVOLもあるし、歪みも独立したVOLで調整出来るのでエフェクター入っている
  ようなモンだし、けどブリッジそばのVOLはあくまでギターのものなので、そこら辺の使い
  勝手も非常にギター弾き向けによく考えられてます。

  そ・こ・で、これを現代的に蘇らせたギターが出ないかなあと、オラなんかは切に願うのです。
  当時とはテクノロジーやメディアの変遷が隔世の感あるので、よりよいものがコンパクトに
  出来ると思うのだけど。このエレキング、駆動のこと書き忘れたけど、単2電池を6本という
  アメ車並(?)の大食らい。いや電池自体はけっこう持つけど、なんせその本数だし(だから
  ACアダプターのソケットまで設置されてるのよ)。それも今なら、リチウムだなんだって、
  充電式のバッテリーで高性能なものがあるので、経済的に済ませることも出来るし、しかも
  単2を6本より遙かに少スペース化して搭載出来るハズ。

  で、ナニより録音再生機能っ。これなんて今日びのi podその他の機器みれば、スペース
  なんて取らないに等しいでしょ。カセットの大きさだけで全メカ収まっちゃいそう。ギター
  本体に録音貯め込むことだってラクショーだし、どうとでもなるでしょ(個人的にはデジカメ
  のようにSDとかのカード式にしてソコに記録させる方が,なにかと使い勝手よさそうな気は
  するけど。あるいはUSBメモリーとか)。それよりナニより、カセット・テープみたいにキュリ
  キュリ巻き戻すの待って再生したり、あれドコら辺に録音してたっけとかいう煩わしさから
  解放されるのが素晴らしいっ(そんなワケで最近は殆どエレキング使ってナイけど・・・)。

  技術は腐るほどあるだろから、後は製品化商品化してくれる企業様があるかどうかの話
  ですな。今日び楽器あんま売れんから、新規に製品開発するのはキビシイだろうし投資
  するのもギャンブルだろけど、どこかチャレンジして頂けないかしら。そんときいいボディ・
  デザイン出なければ、
「RACKET」でも「WEEVIL」でも「イカギター」でも(イカは相手に
  されないか・・・)提供しまっせ!





TOP