TOPICS 
     ● ORIGINAL PAINT & BODY SHAPE
     ● COIL TAP SW  ● END・ROX

 TWEETY
  

  トゥイーティーちゃん。その一号機です。コイツの出来上がりがだいたい見えた頃、ランド
  マークタワーに遊び行ったんだけど、このステッカー見てピンと来て、今作ってるギター
  となんかキャラがカブるトコあるかなと思いゲット、ペタリといったワケです。まあもともと
  ヘッドにメイカーロゴっぽく貼れるデカールを探してたんだけど、それに留まらずボディ
  にもいいアクセント付けられたし呼び名にもなったし、なかなかいいジャッジでした。とは
  いえ当初鮮やかだった黄色のその姿態は、今や経年変化で色褪せちょっとかわいそっ。

  元々のギターはフェンジャパが80年代に「BOXER」というセカンド・ネームで近代的な
  モデルを生産していたなかの一機種(原型はあんま留めとらんが)。まあ近代的っていう
  かその当時の流行りを大幅に取り入れたってカンジですな。ベースもあったけどギターに
  限っていえば、まずロックトレモロがお約束で、トーンにはTBXが装備されてたっけ。
  ネックはツブシで着色、ま大抵は黒ね、これは当時ブラッド・ギルスが自分のストラトに
  施してたんだけど、ナイトレンジャー人気もあってかギルス・モデル或いはそれを模した
  ようなストラト系ってホント各社から出てたね。

  だもんでフェンジャパにもほぼマンマの赤ボディ黒ピックガード(以下PG)、んで黒ネック
  ってのあったもん。もっともワシの買ったのは、更にその当時のノリが濃い、PGレスの2
  ハムモデル。っても選べるならよりスタンダードに近いPG付の方が好みだったけど、じゃ
  ナゼにこれを選んだかっていうと、コレしかBOXERシリーズにミディアム・スケールの
  モデルがなかったからナリよ。

  それまでの愛機は同じフェンジャパでも見た目はまんまフツーのストラト、けどM・スケール
  ネックのヤツ。コレやソレらを含めて愛用してた理由は
「STM」の項にシツコク書いてある
  んで割愛するけど、そのお初に買ったヤツっていうのは前述したようにトラッドなストラト型
  なもんで、トレモロも6点式フツーのシンクロ・モデル(もっともTrブロックにゃワガ今も愛用
  するエンド・ロックス装備だったけど)。今でこそ6点タイプでも2本スタッドと変わらない使い
  心地と精度にばっちしセッティング出来ると自負し豪語するワテだけど、当時はもひとつ
  上手く調整出来ず、よってアームのアクションも今一つだし、エンド・ロックスを持ってしても
  チューニングの安定は少々甘しだったワケ。

  ソコにブームとなって現れたロック式のトレモロ。今でこそあんま好きでないソレも、当時は
  まだアレコレ弾いてないんで、ココはイッパツ試してみるかと購入したのです。2ハム仕様も
  確かにPG付あったらソッチいったろうけど、手持ちにゃないモデルだったんで好奇心湧いて
  割と嫌悪感なく受け入れられたし。で、そのロック式トレモロの使い心地っていうのが、まず
  ロック式云々よか2本スタッドのレスポンスいいアクションに感動しましたナ。で、そのキモの
  部分はというと確かにチューニングが安定していて、アーミング大好きのオラには願ったりの
  モノだったけど・・・、その後色々なエレキ手に入れたりイジったりすると、ナット・ロック式じゃ
  なくても調律保てるなあとも思い、そうするとロック式トレモロのイヤな部分がどんどん目に
  耳に使用感に障り、まあコレは色々思うトコあって書き出すとキリないんで、いつか別項で。

  で、コーコーセーんときネック流用とはいえオリジナルのギターこさえちゃう位だから、コイツも
  無垢なままでいられるワケもなく、さんざ改造しまくりました。なにせ今なら当時よかは流石に
  お金あるし、しかもジャンクを二束三文で手に入れることも容易な時代だから、イジリ改造用に
  エレキ買ったりも出来るけど、その頃はそんなのままならず、するってと更にそのイジメ、いや
  イジリがコイツ1本に集中砲火となるワケですな。サイアクだったのが、1弦側のホーンを
  スパっと切り落としてしまったとき。カタチとしたら、ウイリッヒ・ロートのスカイ・ギターに似た
  ようなボディ・シェイプにね。っても当時はまだスカイ・ギター生まれてなかったから、単に
  自分の思い付きでやったんだけど、その安直さ故にそれはホントに改悪で、座って弾けなく
  なっちまったズラよ。

  そんな風にして玩ばれた末路は哀れな愛人や娼婦と同じく、新しいエレキ入手するとともに
  その存在をシカト、捨てこそしなかったもののそのヤツれた肌になどもう触れることない
  生殺し状態。けどしばらく経ってから、これではアカンっ、Mrフェミニスト(誰が?)の名が
  すたるとばかりにシンデレラあるいはプリティー・ウーマン計画を発動したと、そういうワケ
  です(ナニ擬人、イヤ擬女化してんだか)ふぅ〜、ようやくこれで改造バナシに移れるのう。

  まずはナニより切り落としちまったホーンに義手もとい義角付ける為に木片貼り付け、その
  後にシュコシュコ整形と。ソレに合わせるように6弦側のホーンも短くカットし同じく整形、
  ボディをコンパクト化。コレがこの後オイラのよくやる改造の定番メニューとなるワケですな。
  エルボーコンターのケツっぺたもカットしここでもボディをスリムにし、ウエストのクビレは
  ストラト系じゃ同位置が定石だけど、コレもジャガーかジャズ・マスターのごとく、ちょっち
  オフセットさせるようにこれまたカットと。と、そんな荒削りしてから全体整形しました。

  メカは、トップ・ロック取っ払い、するってとTrユニットのファイン・チューナーも無用の長物と
  化すんで取り外し、でもそれじゃチューニングが不安だわとおっしゃる奥さんの為に出ましたっ
  初めてのセルフ・エンドロックス加工。それも単にTrブロックにタップ切るんじゃなく、イキナリ
  大作業、L字チャンネルのアルミ材使ってのアドオン加工。元がファインチューナー付のTr
  ユニットなんで、普通のTrブロックより薄くしかも特殊な形状、よってこの様な仕事に。でも
  無事設置完了です。そうそう、ボディ表側のTrユニット直下にESP云うトコのリセス・ザグリ
  ってのも自設し、アーム・アップの可変域増やす作業もやっておま。画像でもそれが解るで
  しょ。ちなみにTrユニットの後部上側に見える六つの穴はファイン・チューナー外した跡ね。
  あれオクターブ調整用のネジ一本欠品・・・。

  リアハムにはD社のS・ディストーションもどきなルックスのPU搭載、コレが変なヤツで3芯
  なのよ。まあ要は両ボビン結線した部分が一芯になって露出してるんだべと判断し、なら4芯
  タップ配線するときの手間が省けたよなもんねと、3P2点式のミニSW使ってハイ出来上がり。
  あ、PUのピンク着色はコレに合わせて塗ったワケでなく、昔はアレコレPU載せ換えなんての
  も楽しんでやってたんだけど、
「グヤンキー」で使ってたのをコッチに持って来たり戻したりして
  たら、いつの間にやらピンクに塗ったヤツが多くなってしまったナリ。でもヘッドロゴにと貼った
  TWEETYの文字もピンクなもんで、見事にマッチング。おお、コレは神のお導きかっ。

  そうそう、ヘッドといえばコチラにも手を掛けて、ボディ小型化によりそれまで通りの6連ペグ
  ヘッドじゃアタマでっかちに見えちゃうもんで、4対2ペグ配置のミュージックマン風に。ただし
  シェイプは当時メジャーだったクレイマーのそれを4:2化したようなカンジに仕上げました。

  さてさて、コトの前後は多少異なるものの、そんな工程やっつけていよいよ塗装と相成るワケ
  ですな。なにせボディはさんざ切り刻んだんで、元塗装完全剥離手抜きなし。シーラー塗って
  さあ本コーティング。カラーチョイスはオレンジ、しかも発色よくいきたいので蛍光混ぜて塗り
  ました。より鮮やかに見えるっぽく思って下さったなら、それはそういう施工内容だからです。
  ヘッドもマッチングカラーに、そしてこの頃マイ・ブームの
「キ〇ガイギター」で気に入っていた
  シマシマ指板塗装も同色で行いました。しかしメイプル指板なら塗料コーティングしてあるし、
  そこに着色しても同様なことで違和感ないだろけど、それを遂に木肌剥き出し、禁断のローズ
  指板でやってしまった・・・。でもこれで視覚に加え触覚でもポジション把握が可能って、オラ
  座頭市じゃないんでムリっす。

  更にトップ・コートのクリアも無事吹き終わり、擦ったり磨いたり組み立てたりで、かようのように
  完成致しました。ワテ普段から色の組み合わせとか気になったり好きだったりするんだけど、
  このオレンジとピンクのコンビっていうのはまったく発想なかったものの、こうして見るとそんな
  違和感なく、けっこうカワイイかんじにまとまってるかな、とも思います。そこに入るブラック・
  パーツもいいアクセントになってるしね。

  肝心の音の方はといえば、完全剥離で塗装行ったにも関わらず、あんまヨロシクなし。PUを
  別モノに変えちゃっているんで単純比較するのもなんだけど、記憶にあるオリジナルの状態の
  ときよかパッとしないかなあ。まあ昔の音ってのもアヤフヤではあるものの、でも悲しいっす。
  やっぱホーン一回チョン切ってるしボディも切り刻んだし、そりゃバランス崩れてイイ音なんか
  するワケないじゃんとかも、自嘲的に思います。

  またとのこでの目止めやんなかったのがいけなかったのかなとか、他にも塗装工程でのいくつ
  かの選択ミスを疑うトコもあるんだけど、これも確実には断定出来ないので記載せずに置きます
  (でも色々思うトコあるんだけどね)。けどまあ、これは総じてリアPUでの寸評で、フロントでは
  まあ普通に鳴るんで、もしかしたらS・ディストーションもどきのPUがダメ、もしくはこのギター
  とのマッチングがヨロシクないだけかも知れないけど。けどソレ試してまっせ〜ん。ほらそうすると
  またピンクに塗らなきゃいけないPUが必要になるしねっ。

  まあその呼び名に恥じないキュートなエレキにはなったと思うし、その点プリティ・ウーマン計画
  ってか淑女計画は成功したでしょっ!    

 オマケ: イチバン下の正面画像、ボディ中央がやたら黄色に写っているけど、それは塗装
       コスレでも塗りムラでもなんでもなく、撮影部屋の窓から我が家の隣りにある資材
       置き場の巨大な黄色いクレーンが映り込んだ為(プロフィールの項参照)。まさか
       背後に来とるとは・・・。ついでにワガも少々映り込んどるし・・・、トホホっ。



 

TOP