TWEETYU


  トゥイーティー2号。1号とは機種的にも改造の度合いとしても関連性薄いギターではあれど、なにより
  キャワユイ、トゥイーティーちゃんが鎮座まして居ますんで、その名でござる。ヘッドにもその他の
  ルーニー・テューンズのデカール使って、メイカー・ロゴっぽく仕上げております。この頃はわざわざ
  プリンター使って自前ロゴ作製して貼るほどまだマニアックなノリになってなかったし。でもコレ、ドナルド・
  ダック・ダンみたいでなかなかイイでしょ(もっともコッチはベースじゃないし、それにアヒルじゃなくて
  カナリアだけんどね)。

  イタさ爆発のカラーリングは、
「キ〇ガイギター」という醜名をバンド仲間に付けられたにも関わらず、
  その塗り方お気に入りだったんで、それを踏襲したモノ。今度はミドリで攻めてみました。またその
  「キチ〇イ」の項の方に詳しいけど、金属パーツはペグのみブラックでその他シルバーっていうのが、
  その頃のCIっていうか(企業ぢゃないんだからCはいらんべ)マイ・ギターのアイディンティティーぽく
  思えたんで、これまたソレ踏襲と(当初は安物ペグ付いてたから、ソレもあって黒色のロト・タイプに
  換装ね。それとテンション・ピン変えた以外は金属パーツの変更ナシ)。

  その他、モトはアイボリーだったプラ系パーツ類は、ピックガード以外すべてブラックのものに交換
  したり塗り替えたりして御覧のように。お約束の位置にあるミニSWは、いつものハム・コイル切り
  替えのものでなく、ミドルPUの位相を変える為のもの。いわゆるフェイズSWです。オリジンの
  ワイアリングは特にイジってはおらず、5点式レバーSWのノーマルなストラトに準じたものなので、
  ハーフトーン時にそのミニSWを作動させることによって、イン・フェイズかアウト・オブ・フェィズに
  なるというアンバイ。改造箇所としてはそんなところでしょうか。

  元はコリア製のエレキみたいで、シンクロ型のトレモロなんかアームバーの径とスクリュー・ピッチが
  F・ローズ系モデルのヤツらと同等らしく、画像にある黒いバーはソレ系用なんだけど、御覧のように
  ピッタリと。まあワテの好みとしては(ミテクレだけならばオリジナルの華奢なアームも捨て難いモノ
  あるけど)、使い勝手と、あとトレモロ・ユニットを震わせてビョンビョン音出す場合にも質量あるバーの
  方がより効果大なんで、機能と実用にてこの点は歓迎です。

  またコリア製でノーマルな6点式のシンクロとなるとその精度が気になり、チューニングやアクションの
  点でちゃんと使えるものなのかという不安もありますが(確かに多々そういうアカンの見てきたけど)、
  その点コイツは問題ナシで、フリクション少なくスムースに可動します。ただ、ワテのギターには珍しく
  お約束のエンドロックス加工してないので、ヘッドが弦でザンバラアタマなのもその為です。なので
  その点では、その機構を持たせたものより当然、チューニングの安定度は劣ります。

  ナゼにその加工を施していないかといえば、このシンクロ(コピー)のトレモロ・ブロック厚が薄い為、
  ヘキサ・スクリュー用のタップを切るスペースがなかったからで、とはいえそれは、コレの(いちおう)
  1号機
「TWEETY」か、或いは「CAVE DRAGON」のようなブロックへのパーツ追加で対処すれば
  問題なくエンドロックス化出来ました。敢えてソレやらなかったのは、コイツにはペグポストで弦ロック
  する方法でと思い2パターン考えたんだけど、1つはソレ用の別アイテム装着する方法。もう1つは
  昔あったのと似たよな、マネ的加工。

  前者はソレ実際に作って使ってみたけど、効果は問題ないもののやはり後付けパーツ、しかもひとつ
  じゃなくて6コも付けなきゃいけないとなるとスマートじゃないし、後者は見た目もスッキリで弦ロック
  する時も簡便なれど、工作の難易度と強度の不安があったので、結局今に至るまで手を付けずと。
  どういうアイデアかというと簡単で、ペグポストの真上から弦通しの穴までドリルで穴開け、ソコに
  タップ切り、イモネジ或いはヘキサ・スクリューで弦を留めるって方法。けどペグポストって弦通し穴
  付近はクビレて細くなってるじゃん。それで使っているうちポキッっていくのが怖くてねぇ。よって今日
  まで放置プレイです。

  おかげでコレ、家ではソコソコ弾くけど、バンドとか外に持って行って使うことはゼロではないにしろ
  出番少なかった。けど素直にエンド・ロックス加工しておけば、メインにバリバリ使ってたと思うギター
  です。っていうのもコイツ、モーレツに音がいい! けどデザインとかメカ等は画像でも大体のカンジ
  受け取ってもらえるだろから大っぴらに書けるけど、音はどう記したって実際聴いて貰わない限り
  眉ツバもんだから、それをアレコレ書くのはちょっと気が引けるんだけど、それでも記したいくらい、
  なのです。

  ワテの手持ちのエレキってストラト系が大勢だけど、各々音のキャラの違いはあるとはいえ、ストラト
  らしいストラトの音がするという点では、言っちゃあコイツが図抜けてイチバン。ドの付く安物コピー
  なのにね。またそれは、過去イジったり弾かせて頂いた本家に負けじ劣らずと書いたら怒られるかしら。
  ま人それぞれ好みも、どういう音をいいと思うかも、それにストラトらしい音というイメージも異なるかも
  知れないけど、アタシ的にはストラトったらクリーンからクランチのときにどれだけ輝けるかってトコで、
  (まあそれはゴマカシ効かない部分だから、他のエレキも同様っちゃそうだけど)その点コイツは実に
  清廉な音でウットリ、けどお上品なだけでなく野趣溢れてワイルドにもなるし、そのときの設定って
  右手で音のニュアンスや歪み加減も色々とコントロール出来るけど、それが非常にメリハリ効く点
  でもゴキゲンです。

  ならばドライブ方向がソレに劣るかっていうと、まったくそんなことはなく、そもそもいいエレキって
  どんなセッティングどんなアンプでもそうそう外した音にはならないと思うけど(とはいえ、どしても
  ダメだったりシックリ来ない組み合わせもあるから、紋切型にそう言うのはキケンですな)、ま兎も角
  歪み設定でのコイツは、音の太さっていうか膨らみある音っていった方が表現としてはより近いかな、
  まったくシングル故の細さを感じない。だからワテのストラト系大抵リアハムにしちゃってるけど、
  それは普通のヤツだとリア・シングルは音の細さに加え、キンキンし過ぎた音に聴こえちゃうって
  いうのがその理由。だけどもコイツはいっさいそれを思わさせないのよ。なのでドコか改造したくとも
  もうこのまんまでナンも問題ナシ(あ、チナミに歪みっていってもその加減は、今どきのギンギン・
  ギラギラ音までいかない設定でよ。アッコまでいったらオッチャンなんかは、エレキなんてなんだ
  っていいじゃんと思ってしまう世代じゃけに)。

  まあワシ、そんな音を武士道的に精進して突き詰める類いじゃないから、周りのそういう手合い
  (音を追ってオールドにいっちゃったり、ハンダはのせ方で音変わるだやっぱしケスターに限るだ
  ワイヤーはベルテンだナットはモチ牛骨だって拘る御仁達にね)にも弾いてもらったけど、やっぱ
  評価高かった。なにせオラ工作的にはそこら辺無頓着だし、ギター的にもオールド系は値札的に
  購入意識ゼロ、興味湧かん故に全く強くないのよね。なので独り善がりの評価なのかなってのも
  あったんだけど、それでいちおう確信出来ました。なにせ手持ちの本家はムスタングのみ、人の
  イジったり弾いたりしたストラトも60年代モノからはないしね。

  そんな範囲内だけど、別にコレでも遜色ないと思っちゃうんだから、となると個人的には大枚
  叩いていいエレキ買う気がもう起こらんのです。でもまあそれは音という項目に視点立てての
  ことだし、ストラトの「ホンモノ」はフェンダーしか有り得ないワケだから、その観点ではワテも
  お金さえあったならソッコー買いに走りまっせ!(アッシュ・ボディでトランス・ブルーのヤツが
  欲すぃっ)。

  ただ、現状のオイラのように財布スカスカでピーピーしてても、いい音得るのになんも悲観する
  ことなかんべぇと思うワケです。出会いや運でいいのに当たることもあるし、自分で聴き比べて
  ガンガン探し回るもいいし。それに究極的なこといえば、そういういい楽器見つけたり手にしたり
  するのは嬉しいけど、結局音は機材よかプレイヤーでしょ。人が弾いて、「あれっ、ここのアンプ
  こんないい音出たっけ?」とか、更にはギター含めて丸々同じ機材でも、トドメはまったく同じ
  セッティングでさえ、なんでこんな違うの、なんでそんないい音出るの?と愕然とするメに何度も
  あったけど(涙)、そういった機材のセッティングのセンス、そして弾き手のタッチが、音の良し
  悪しにゃ大きく関わって来ると、ホント今までにつくづく思い知られて来ましたっ(涙々)。

  最後に、コイツのスペックをまだ記載していなかったのでソイツを。当初部品取り目的での入手も
  その音に魅かれバラすのヤメにしたので、パーツ的な変更は殆どナシで、改造も軽微に留めて
  いるのは前述の通り。で、木材系のスペックといえば、ネックはジミヘンライクに貼りメイプル、
  そしてかなりの太さ。ネックの太さにおける音の良し悪しというのは、しばし論争のネタになるけど、
  ワシも基本太いネックはいい音太い音になるってのに賛成のクチ。かのPRSさんもそう言ってたし。
  あ、けどワテはそれに感化されたワケじゃなく、あくまで今まで色々弾いてきたなかでの実感よ。

  楽器屋で無料配布してた小冊子にコメントしてたビルダーさん、またある某ビルダーさんのHPには、
  それは石器時代の考え方だみたいに否定してたけど、どうもその方達はロック式トレモロも自家
  製品によく使うみたいだし、そもそもに好きな音が我々のよなイモい太古の音でなく、「近代的」な
  音が好みなのでしょう。「80年代」のあのテのがね。それに同じようなことで、お二方とも太い弦に
  こだわるなんてナンセンスとも記してあったけど、それでああ成程ねと思ったもん。チナミに昔の
  ギタマガで多数のビルダーにネックのアレコレ訊く特集あったけど、そこでは太ネック肯定派の
  方が多かった(筈)。

  けど単に太さ云々だけじゃなく、乾燥がどうだ柾目がどうだ指板材がどうだって、その他の項目も
  山ほどあるんだろうし、それらの具合が実際音にどう反映してるかなんて、ワテにはまったく解析
  不可能よ。あ、ただ細いっていうか質量少ないネックでも、それに見合った質量のボディに合わせ
  れば、それなりに鳴るギターになるのかなというカンジはあります。

  またもハナシ与太ったけど、コイツのスペックの最後にそのボディの材を記すと、な、なんと合板
  モノよっ。「ふざけるなっ、そんなエレキを今までエラソーにいい音とか書いてきたんか!」と咬み
  つかれそうだけど、しゃーないやん、そう思うしそう感じるんだから(ついでに書けば5千円でゲット
  したモノだす)。ただ、個人的見解だと合板エレキってバカにしたモンじゃなくて、ま、ここはイイ音
  とは書かず好みの音がするものとしておくけど、なかにはけっこう当たりもあるのよ。そんなド鉄板
  な安物中の安物、合板エレキが(シツコイけどワシ的に)いい音すると思うんだから、アコギと違って
  エレキは奥が深いね!(なにもアコギが浅いってんじゃなく、アッチはしっかり正しく作れば、それが
  素直に音に反映されそうじゃん!)。



      TOPICS

  ● ORIGINAL PAINT
  ● PHASE SW















TOP