ご 由 来


江戸時代の須賀港

(新編相模国風土記稿)

恵比寿神


明治時代の例大祭


   御祭神  大山祇命(おおやまづみのみこと) 事代主大神(ことしろぬしのおおかみ)


        ◇大山祇命の神様

       清浄なることを尊ぶ神さまで、悪しき災難を退け、

          直き正しき心身をお守り下さります。あらゆる「厄災」を退け、心身健康

          病気治癒など身体健全のご神徳があります。


      ◇事代主大神の神様

        別名「えびす様」で親しまれ、「大きな鯛」を抱かれた福徳円満のお姿の

        通り、人々に「開運」を導き、商売繁昌や豊漁豊作をはじめ、諸産業の繁

        栄のご神徳があります。古くから皇居の八神の御一柱としてもお祀りされ

        ており極めて尊厳の高い神さまです。


                    = お宮の豆知識 =


        日本最古の書物「古事記」や「日本書紀」など文献から、大山祇命様と

        事代主大神様は、それぞれの娘さまが皇室へ嫁いでることが記されてます。

        現在も皇居では御縁(みゆかり)のある神さまとして宮中の神殿にお祀り

        されてます。良縁成就と安産のご加護、子孫繁栄や家庭円満にとても

        ご神徳のある神さまです。



= 御  創  建 =

 古代の人々が(1000年以上前)、この地に足を踏み入れ漁業を中心と

  する生活基盤ができた頃といわれておりますが、文献などもなく定かでは

  ありません.

  なお、古文書や江戸時代に編纂された「新編相模国風土記稿」などから

  平安時代(794年〜)当地は「須賀のから浜」と呼ばれ、「薬師三島明神

  の本地仏なり長一尺五寸弘法の作と伝」と記し、ご社殿に神さまと本地佛

  薬師を祀られてることが記されてます。

  その頃から人々の信仰を集めていたと思われます。

  そして、時代と共に港町として発展し、戦国時代の永禄9年(1566年〜)

  には、大名の小田原北条氏から魚類や船運業の集散地として手厚い保護

  をうけ、江戸時代(1600年〜)には幕府公認の港として、相模国

  (神奈川県)の穀物と資材等を江戸や千葉の房総半島へ運搬する海運業

  の要所として栄えました。

  当神社も港町の総鎮守(そうちんじゅ)として、住民や魚商業、回船業の

  方々より厚い崇敬の念を集めました。江戸時代半ば(1670年〜)には

  「須賀千軒(すかせんげん)」といわれるほど商店や民家が増え、相模国

  の海運・海路の玄関口として大いに発展しました。

  特に大山など山岳信仰が盛んになると、江戸や伊豆、房総半島から大勢

  の旅人が船で須賀港に寄港し、当神社に参拝し、道中の安全と心身の守

  護を祈願する慣わしがありました。

  現在も、港町の総鎮守として「明神さま」「湘南のえびす様」の御名で

  親しまれ、お店や会社の「商売繁昌」、家庭の「家内安全」など家庭円満

  や目標達成をもたらす神社として多くの方々から厚く信仰されてます。

  また、近年では「湘南ひらつか七福神」の一社、「開運のお宮」として

  広く遠方の方々がご参拝になられてます。




       

[ 江戸幕府 提出帳文 天保6年(1835年) ] 

     一 祭礼。定日ハ隔年九月二十九日。 神輿村中巡行之上 

     浜下ニテ、 即日相済申候。

     規式ノ起コリノ義、相分カリ不申候。但、別当ハ、檀林学頭、

     本寺之格ニテ供奉仕候。

     尤モ、休年ハ、護摩法楽。神楽計リニ御座候。又、毎年六月

     朔日、社頭ニテ、大般若経転読仕候。其他、年中数度、祈祷法楽

     仕国家静謐奉祈候。 (江戸時代に幕府へ提出した文献記録より)



= 境 内 社 (けいだいしゃ) = 

(様々なご利益のある神さまが境内におまつりされています)

 伊邪那岐社 (いざなぎしゃ)
  子 宝(国 う み)の 神 さ ま
 弁 天 社 (べんてんしゃ)
  財 運 ・ 芸 能 の 神 さ ま
 厄 神 社 (やくじんじゃ)
  子 供 の 病 よ け の 神 さ ま
 石 神 社 (いしがみしゃ)
  健 康 長 寿 の 神 さ ま
 忠 魂 碑 (ちゅうこんひ)
  英 霊 を 称 え る 祈 念 碑