サッカー用語集(マ行)

2001.2.27更新

本ページ内のジャンプ 分類別
索引
50音別ページ 索引 ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

マーク
M−T−M
マノン
マンツーマン
ミスキック
ミスパス
ミッドフィルダー(MF)
ミドルレンジ


もちすぎ(持ち過ぎ)
もつ(持つ)
もどす(戻す)
もどる(戻る)

マーク(mark)
フォワードミッドフィールダーなどの相手攻撃プレーヤーの側に付いて守備をすること。マン・ツー・マンでマークすることもある。
相手プレーヤーのポジションに合わせてポジションをとり、ボールを奪うための体勢をつくること。視野が重要になる。(2000)

M−T−M(match-training-match)
4対4などのミニゲームの中で技術面、戦術面での問題やテーマを取り出し、個別のトレーニングを行い、選手に理解させ、矯正し、それを再びゲームの中に戻す指導方法。

マノン(man-on)
プレーヤーがパスを受ける際、相手にマークされている状態。
味方プレーヤーに声をかけて相手の状態を教えるコーチングに使う言葉。
「相手が来ている!」の英語で「Man on!」(『マノン』と発音する)からきた言葉。
「相手が来ているぞ、ボールを奪われるな!」といった意味を一言で表す言葉で、もっとも重要な掛け声の一つ。その選手が見えない方向から相手がチャレンジして来たときなどに、味方選手が掛けてあげる。'99トヨタカップでマンチェスターUtd.の選手たちから、もっとも多く、大きな声で聞かれた言葉。(2000)

マンツーマン(man to man)
1人の選手が相手1人をぴったりマークする守備方法。「ゾーンディフェンス」の対語。


ミスパス(missed pass)
失敗したパス。キックの精度だけでなくコース、強さ、高さ、スピード、タイミングが受け手と合わないと失敗する。

ミッドフィルダー(midfielder):MF
フォワードディフェンダーの中間のポジション。両ポジションのつなぎ役で攻撃と守備の両方に関わる。ハーフ
特に守備重視のミッドフィルダーを守備的ミッドフィルダー、ディフェンシブハーフ(DH)と呼び、攻撃重視のミッドフィールダーを攻撃的ミッドフィルダー、オフェンシブハーフ(OH)と呼ぶ。
ボランチも守備的ミッドフィルダーの分類に入る。

ミドルレンジ(middle range)
センターサークルからペナルティアーク付近までの中盤。ミドルレンジからのシュートはロングシュートである。




もちすぎ(持ち過ぎ)
ドリブルなどでボールを保持しすぎ、シュートやパスの機会を失うこと。あまり持ち過ぎると、味方プレーヤーと協力できずチャンスを潰してしまう。

もつ(持つ)
ドリブルなどでボールを保持すること。キープすること。

もどす(戻す)
バックパスをすること。相手守備態勢が整っている時に一旦後方の味方プレーヤーにバックパスして、サイドチェンジセンタリング縦パスなど別の攻撃を仕掛ける。

もどる(戻る)
ミッドフィルダーディフェンダーが守備に戻ること。
攻撃から守備に移る時にプレーヤーが自陣ゴール方向に戻ること。ディフェンダーやミッドフィルダーに対して「戻れ!」のように使う。「下がる」「引く」とも言う。

50音別ページ 索引 ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行 分類別
索引
本ページ内のジャンプ
ボタンを押すともとのページにもどります
ホームページホームページに戻る