サッカー用語集(サ行)

2001.2.25更新

本ページ内のジャンプ 分類別
索引
50音別ページ 索引 ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

サイドアタック
サイドコーチ
サイドチェンジ
サイドネット
サイドバック
さがる(下がる)
さげる(下げる)
サード・オブ・ザ・ピッチ
システム
ジャンピングアット
ジャンピングヘッド
シュートレンジ
主審
ジョッキー
ショートコーナー
ショートパス
ショルダーチャージ
シンガード
スイッチ
スイーパー
スクイーズ!
スクエアパス
スクリーニング
スクリーンプレー
スタンディング・タックル
スタンディング・ヘッド
ストッパー
ストッピング
ストライカー
ストライキング
すねあて(すね当て)
スピッティング
スプレッド
スペース
スライディング・タックル
スリーS
スリーB
スリースピード
スルーパス
スローイン
スワーブキック
セットプレー
セーブ
せる(競る)
線審
センターバック(CB)
センターフォワード(CF)
センターリング
速攻
ゾーンディフェンス
ゾーンプレス

サイドアタック(side attack)
タッチライン側のスペースを使って攻撃する戦術。主としてサイドバックやウィングバックが走り込むことが多い。「オープン攻撃」とも言う。

サイドコーチ(side-coaching)
試合中のベンチや応援席からの声。いざ試合が始まればプレーし、意思決定して行動するのは選手達です。特に少年サッカーの試合で、横から口うるさいコーチや父母が大きな声を張り上げてサイドコーチをやっている光景がよく見られます。試合中に感情的に怒って文句を言っても、子供たちは理解できません。日常の練習の中で指導することを基本にすべきで、試合中に大声で文句を言わないことです。

サイドチェンジ(side change)
相手ゴールに向かってボールのあるサイドから逆側のサイドにロングパスを送ること。
通常、ボールが無いサイドは守りが手薄になっているので、スムーズに攻めあがることができる。

サイドネット(side-net)
ゴールネットのうち、ゴールの横側の部分のこと。「サイドネットに突き刺さるシュート」「惜しくもシュートはサイドネットに外れた」のように使う。サイドネットを狙ってシュートを打てる子供はかなり上手。

サイドバック(side back)
ディフェンダーバック)が3人以上いるフォーメーションの時に両端にいるディフェンダーのこと。ウィングバック

さがる(下がる)
ミッドフィルダーディフェンダーが守備に戻ること。
攻撃から守備に移る時にプレーヤーが自陣ゴール方向に戻ること。ディフェンダーやミッドフィルダーに対して「下がれ!」のように使う。「戻る」「引く」とも言う。

さげる(下げる)
守備においてディフェンスラインゴールに近づけること。「守備ラインを下げる」のように使う。

サード・オブ・ザ・ピッチ(Thirds of the pitch)
ピッチとはコートの意味で、コートを3分割したゾーンのことをいう。戦術を考えたときに、ディフェンディングサード、ミドルサード、アタッキングサードに分けて考えることが多い。(2000)


システム(system)
プレーヤーの配置の方法や動き方。守備と攻撃を効率的に行うための原則的なポシションを決めるもので、3−5−2、4−4−2、4−3−3などのシステムがある。

ジャンピングアット(jumping at)
相手プレーヤーに飛びかかる反則。直接フリーキックが相手に与えられる。

ジャンピングヘッド(jumping head)
高めのボールにジャンプしてするヘディング

シュートレンジ(referee)
ゴールが決まる可能性の高いシュートを打てる範囲。普通ペナルティエリア付近のことを言う。

主審(referee)
試合をコントロールするメインの審判員。審判員は1試合につき、主審1人、副審2人で行う。試合中のすべての判定を主審が担当する。

ジョッキー(Jockeying)
馬を繰るよう、ボールを持っている選手に対して、ある方向に追い込むようにプレッシャーをかけていくディフェンス方法。(2000)

ショートコーナー(short corner)
コーナーキックの時に、すぐ近くにいる味方プレーヤーにパスを出して、そこからゴール前にボールをつないで攻める戦術。相手ディフェンダーが守備体系を整える前に素早くやるとよい。

ショートパス(short pass)
距離の短いパス。インサイドキックアウトサイドキックを使うことが多い。小学生低学年では確実にショートパスをできるように指導したい。距離の長いパスはロングパスと言う。

ショルダーチャージ(sholder charge)
ひじから肩にかけての部分で相手を押すこと。相手からボールを奪う技術。ひじが体から離れるとファウルチャージプッシングの反則になる。

シンガード(shinguards)
すね当て。すねを保護する用具で、競技規則で身につけることを定められている。プラスチックや硬質ゴムでできている。つけていないと相手プレーヤーとの接触、タックル、キックにより打撲・骨折の危険性が高くなる。


スイッチ(スウィッチ)(switch)
ボールを持っている味方のプレーヤーに向かって走り、交差する時にボールを受けるプレー。
交差する時に受け渡さなければ「ダミー」になる。
@攻撃方向を変えること、A2人の選手が互いに逆方向に交差(クロスオーバー)しながらボールを受け渡すこと、Bディフェンスにおいてマークを受け渡すこと。(2000)

スイーパー(スウィーパー)(sweeper)
相手プレーヤーをマークせず、ディフェンダーの一番後で、カバーリングや他のディフェンダーへの指示を出す役目のプレーヤー。
センターバックの一つで、チャンスの時には攻撃にも参加するプレーヤーをリベロと呼ぶ。
ディフェンス陣の後方に位置し、特定のマークを持たない守備選手。ディフェンスラインの裏に出てくるボールを掃除(Sweep)することからついた名。(2000)

スクイーズ!(Sqeeze!)
間合いを詰め、相手によりプレッシャーをかけていくこと。(2000)

スクエアパス(Square pass)
フィールドを横切るパス、すなわち横パスのこと。主として攻撃のセットアップに用いられる。(2000)

スクリーニング(スクリーン)(screening)
ボールと相手の間に自分の体を入れて相手からボールを見えなくすること。ボールをキープする基本。
ボールと相手の間に自分の身体を入れて、ボールを奪われないようにする技術。シールディング(Shielding)とも言う。(2000)

スクリーンプレー(screen play)
ボールと相手の間に自分の体を入れて相手の守備を防ぐこと。ボールキープや壁パスの時に使う。

スタンディング・タックル(standing tackle)
上体を起こし立った状態でタックルすること。ショルダーチャージをして相手の体勢を崩すとよい。

スタンディング・ヘッド(standing heading)
上体を起こし立った状態で両足を地面につけてヘディングすること。両足は肩幅に広げて立つか、両足を前後に開いて立つ。

ストッパー(stopper)
相手のフォワードをマークして攻撃を阻止するディフェンダーセンターバックの一つ。

ストッピング(stopping)
ボールコントロールの技術。浮いたボールをコントロールする。ボールの勢いを殺してその場に止めたり、方向を変えて持ち出したりする。
これに対し、足の裏、インサイドなどを使って地面にボールを押さえつけるようにコントロールすることをトラップまたはトラッピングと言う。

ストライカー(striker)
シュートをする役目のプレーヤー。
基本的にはフォワードのプレーヤーがこれに該当し、センターフォワード(CF)がストライカーであることが多い。
そのチーム内で特にシュートを多く決めるプレーヤーを「エースストライカー」と呼ぶ。

ストライキング(striker)
相手プレーヤーを殴る、または殴ろうとする反則。直接フリーキックが相手に与えられる。

すねあて(shinguards:すね当て)
シンガード。すねを保護する用具で、競技規則で身につけることを定められている。プラスチックや硬質ゴムでできている。つけていないと相手プレーヤーとの接触、タックル、キックにより打撲・骨折の危険性が高くなる。

スピッティング(spitting)
相手プレーヤーにつばを吐きかける反則。直接フリーキックが相手に与えられる。

スプレッド(Spread)
広がること。(2000)

スペース(space)
自由にプレーできるフィールドポジション。
オープンスペース、スペースを使う、スペースをつくる、敵にスペースを与えないなどと使われる。

スライディング・タックル(sliding tackle)
上体を倒した状態で体を投げ出し片脚を伸ばしてタックルすること。相手がシュート、センターリングをしようとしている間際やドリブルしている時に、スライディングしてボールを蹴り出したり、奪う。切羽詰まった状態で行うタックルであり、見掛けの格好はよいが、しっかりとパスやドリブルのコースを消す方が大切である。
体を投げ出すので地面への手・腕のつき方に注意しないと、骨折・捻挫の危険性がある。また腰の外側を地面に擦ることが多いので、擦り傷や打撲に気をつける必要がある。
守備の時、身体を投げ出して相手のボールを奪おうとする、あるいはパスやシュートコースをふさぐ技術。(2000)

スリーS(three S)
サッカーにおいて最も重要な3要素。1970年代に言われた。
Speed(スピード:速さ)
Stamina(スタミナ:持久力)
Spirit(スピリット:精神力)

スリーB(three B)
サッカーにおいて最も重要な3要素。
Brain(ブレイン:頭脳)
Body Balance(ボディバランス)
Ball Control(ボールコントロール)

スリースピード(three speed)
サッカーにおいて最も重要なスピードの3要素。
Ball Speed(ボールの速さ)
Running Speed(走る速さ)
Thinking Speed(判断の速さ)

スルーパス(through-pass(Killer pass))
相手ディフェンダーの間をすり抜けるパス。
このパスが通れば決定的なチャンスが生まれる可能性が高くなる。
ディフェンダーの間を通してディフェンスラインの裏側へ走り抜ける味方へ通すパスのこと。ペネトレイトパス、キラーパスとも言う。(2000)

スローイン(throw-in)
ボールがタッチラインを越えた時、最後にボールに触わったプレーヤーの相手チームに与えられるゲームの再開方法。ボールがフィールドに入った瞬間にインプレーとなる。
両手でボールをつかみ、頭の後方から頭上を通して、フィールドに体の正面から投げ込む。両足が地面から離れてはならない。
いずれかの違反をするとファウルスローとなる。

スワーブキック(Swerve kick)
ボールに回転をかけて、曲げるキックのこと。(2000)


セットプレー(set play)
スローインコーナーキックフリーキックなど止まったボールからプレーを再開すること。

セーブ(save)
ゴールキーパーが横や斜め前などに飛び、倒れながらボールをつかむ技術。セービングとも言う。

せる(競る)
相手プレーヤーとボールを奪い合う、またはヘディングする時に落下点をめぐって競り合うこと。
ボールウォッチャーになってしまい、競ることを忘れる子供が時折見られる。サッカーはボールを奪い合うゲームの一つであり、積極的に競ることにチャレンジさせたい。

線審(lines man)
副審のこと。「ラインズマン」とも呼んだが、ルール改訂で呼称変更された。

センターバック(center back):CB
中央のディフェンダースイーパーストッパーリベロなどはセンターバック。

センターフォワード(center forward):CF
中央のフォワードストライカーゴールゲッターが多い。

センターリング(centering)
相手陣地のタッチライン付近から中央のゴール前にいる味方プレーヤーに出すパス。


速攻
守備から攻撃に移る時に、縦パススルーパスを用いたり、縦への早いドリブルを用いた素早い攻撃。これに対し、ゆっくりとパスを回しての時間をかけた攻撃を「遅攻」と言う。

ゾーンディフェンス(zone defence)
それぞれのディフェンダーが守る範囲(ゾーン)を決めておく守備の方法。「マンツーマン・ディフェンス」の対語。
特定の攻撃者をマークするのではなく、マークの受け渡しをしながら、ディフェンダー間の相対的な地域分担をもって守備を行う戦術。(2000)

ゾーンプレス(zone press)
ディフェンダー(DF)からフォワード(FW)までの距離を約30メートル前後に保ちながら試合を進める戦術。
攻撃時にはミッドフィルダー(MF)やDFもフォローに入り、守備の時にはボールを持った相手に付近の3人ですばやく囲む。これにより攻撃に厚みを増し、守備の時にも相手がパスを出しにくくなるが、通常よりも体力を消耗しやすく、DFとゴールキーパー(GK)の間に大きなスペースがあいてしまう場合がある。

50音別ページ 索引 ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行 分類別
索引
本ページ内のジャンプ
ボタンを押すともとのページにもどります
ホームページホームページに戻る