サッカー用語集(ア行)

2001.2.25更新

本ページ内のジャンプ 分類別
索引
50音別ページ 索引 ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行

アイコンタクト
アウトサイドキック
アウトスウィング
アウトフロントキック
あがる(上がる)
あげる(上げる)
アシスト
アジリティ
あたる(当たる)
アドバンテージ
アーリークロス
アンティシペーション
イエローカード
いれる(入れる)
インサイドキック
インスウィング
インステップキック
インターセプト
インプロビゼーション
インフロントキック
ウィング
ウィングバック
ウェッジコントロール
うら(裏)
エンド
オウンゴール(OG)
オーバー!
オーバーヘッドキック
オーバーラップ
オフェンシブ・ハーフ(OH)
オフサイド
オフサイドトラップ
オフ・ザ・ボールの動き
オープン攻撃
オープンスキル
オープンスペース
オブストラクション
オンサイド

アイコンタクト(eye-contact)
ボールを保持しているプレーヤーとパスを受ける味方プレーヤーが目を合わせること。練習を積んでいると目を合わせることでタイミングがはかれ、パスのコースを予測できる。
コミュニケーションの手段のひとつ。目と目の合図でお互いの意志疎通を図る際に用いられる。パスを出すタイミングをとるときに非常に重要となる。(2000)

アウトサイドキック(outside-kick)
「足首の外側」で蹴るキック。比較的近くにシュート、パス、クリアする時に使う。

アウトスウィング(Out Swing)
ゴールから遠ざかる方向にスワーブするキックのこと。コーナーキックの場合は、アウトスウィングコーナーと呼ぶ(cf.インスウィング)。(2000)

アウトフロントキック(outfront-kick)
「足の外側の甲」で蹴るキック。カーブをかけて、強くまたは比較的遠くにシュート、パス、クリアする時に使う。

あがる(上がる)
ミッドフィルダーディフェンダーが攻撃に参加すること。
守備から攻撃に移る時にプレーヤーが自陣ゴールから離れること。ディフェンダーに対して「上がれ!」のように使う。

あげる(上げる)
攻撃においてゴール前などの中央にボールをフィードすること。「センターリングを上げる」のように使う。「入れる」とも言う。
守備においてディフェンスラインをハーフウェーラインに近づけること。「守備ラインを上げる」のように使う。

アシスト(assist)
味方が得点できるようにパスを出すこと、または出したプレーヤー。

アジリティ(agility)
バランス、巧緻性、スピードなどを含む体力要素のひとつで、瞬発力とともに反応及び、細かな方向変化を含む素早い動きをこなす能力のこと。日本の選手の課題として取り上げられており、とくに1対1におけるディフェンスの対応に要求される。(2000)

あたる(当たる)
ボールを持っている相手プレーヤーにショルダーチャージタックルで当たること。チェックとかチャレンジとも言う。むやみに1対1で当たるのではなく、後方にカバーをするプレーヤーがいるとよい。

アドバンテージ(advantage)
反則があった場合に、反則された方が有利にゲームを進めていると主審が判断した時、ゲームを止めずに続けること。

アーリークロス(Early Cross)
クロスの一種。相手ディフェンダーが戻りきらないうちに、ディフェンスラインとゴールキーパーの間を狙って、浅い位置から早めに入れるクロスのこと。(2000)

アンティシペーション(Anticipation)
「予測」、「読み」のことで、サッカーでもっとも大切な能力のひとつ。(2000)


イエローカード(yellow card)
主審が試合中に「警告」を示すための黄色いカード。
危険なプレーや反スポーツ的行為をしたと判断される以下の反則に対して使われる。
このような反則をしたプレーヤーに対し、主審はイエローカードを提示し、警告を与えることができる。
警告2回(イエローカード2枚)でレッドカードが使われ「退場」になる。

警告となる反則
1.反スポーツ的な行為をした時
2.言葉または行動によって審判の下した決定に異議を示した時
3.繰り返し反則を犯した時
4.プレーの再開を遅らせた時
5.フリーキックなどで決められた距離を離れない時
いれる(入れる)
攻撃においてゴール前などの中央にボールをフィードすること。「センターリングを入れる」のように使う。「上げる」とも言う。
選手交代で「交代選手を入れる」とも使う。

インサイドキック(inside-kick)
「足首の内側」で蹴るキック。比較的近くに正確にシュート、パス、クリアする時に使う。

インスウィング(In swing)
ゴールに近づく方向にスワーブするキックのこと。コーナーキックの場合は、インスウィングコーナーと呼ぶ(cf.アウトスウィング)。(2000)

インステップキック(instep-kick)
「足の甲」で蹴るキック。真っ直ぐに、強くまたは比較的遠くにシュート、パス、クリアする時に使う。

インターセプト(intercept)
パスをしている相手のボールを奪うこと。カットとも言う。

インプロビゼーション(Improvisation)
即興性、あるいは瞬間的な「ひらめき」のこと。「基本」と相反する言葉に思われがちだが、オフ・ザ・ボールにおける視野の確保などといった「基本」ができていればこそ現れるものである。(2000)

インフロントキック(infront-kick)
「足の内側の甲」で蹴るキック。カーブをかけて、強くまたは比較的遠くにシュート、パス、クリアする時に使う。


ウイング(wing(Winger))
フォワードが3人以上いるフォーメーションの時に両端にいるフォワードのこと。
コートを縦にわけたときのタッチライン寄りの地域のこと。あるいはその地域でプレーする攻撃選手のこと。世界では、フランク(Flank)の方が広く用いられている。(2000)

ウイングバック(wing back)
ディフェンダーバック)が3人以上いるフォーメーションの時に両端にいるディフェンダーのこと。サイドバック

ウェッジコントロール(wedge control)
足の裏、インサイド、アウトサイド、すねなどを使って地面にボールを押さえつけるようにコントロールする。キチンと三角形をつくること、斜めの屋根をつくることが大切。「クッションコントロール」の対語。
ボールコントロールの一種。足首と地面の間にある角度をつくって、ボールコントロールする技術のこと。(2000)

うら(裏)
ディフェンスラインとゴールの間のスペース。このスペースにスルーパスなどのパスを入れて攻撃すると得点に結びつきやすい。「パスを裏に通す」「ディフェンスラインの裏を突く」のように使う。


エンド(end)
ハーフウェーラインの味方側と相手側を区別して呼ぶ時に、味方エンドと相手エンドと言う。


オウンゴール(own goal):OG
味方のゴールにボールを入れてしまうこと。自殺点と呼ぶこともある。

オーバー!(Over!)
「ボールに触れないで次ぎの動きをしろ!」という意味を表す言葉。自分の後方にパスを受ける味方の選手がいる場合や、縦パスを受ける際に前方(攻撃方向)にスペースがあり、トラップの必要がない場合などに味方が掛ける言葉。(2000)

オーバーヘッドキック(overhead kick)
空中にあるボールを自分の頭越しに後方へ蹴ること。
クルッと回すと「バイシクルキック」とも言う。

オーバーラップ(overlap(Overlap run))
ディフェンダーが前線に上がり、攻撃に参加すること。
ボールの後方から、ボールを持っている選手の背後を通ってその選手を通り越し、前方のスペースに飛び出す動き。動く方向が重なることからつけられた。動く方向が逆の場合は、クロスオーバー。(2000)

オフェンシブ・ハーフ(offensive half):OH
攻撃的ミッドフィルダー(MF)

オフサイド(offside)
相手サイドで、ボールより相手側で、2人目の相手チームのプレーヤーより相手ゴールに近いの位置を「オフサイドの位置」と言う。そうでない位置を「オンサイド」と言う。
「オフサイドの反則」は、いわゆる待ち伏せ行為を禁止するルールで、相手サイドでパスを受けるプレーヤーより前に、相手チームのプレーヤーが2人以上いなければならない。
オフサイドの反則は、間接フリーキックが相手に与えられる。

オフサイド トラップ(offside trap)
守備の最終ラインを通常よりハーフウェーラインに近くにして、相手の「オフサイドの反則」を狙う高度な戦術のこと。
相手チームがパスを出す直前に味方チームの守備ラインを上げ、パスを受ける相手チームのプレーヤーを残してオフサイドの反則にする。
ディフェンス側が最終ラインを操作することによって、相手プレーヤを意図的にオフサイドにさせるようにする守備の戦術。(2000)

オフ・ザ・ボールの動き(Movement off the ball)
ボールを持っていない局面(状況)での動き。時間、スペースの限定された現代サッカーでは、ボールを受ける前、すなわち、オフ・ザ・ボールの動きが、さまざまな局面での勝負の重要なファクターとなる。(2000)

オープン攻撃(open offence)
相手プレーヤーの少ない領域(オープンスペース)にパスを出して攻撃すること。
コーナーフラッグ付近の両サイドのオープンスペースにパスを出すことが多いので、「サイドアタック」とも言う。

オープンスキル(open skill)
絶えず変化して不安的な環境でなされ、予測が困難なスキルを指す。サッカーやバレーボールなどの集団スポーツとテニスや柔道のような対人的スポーツである。対人動作。
これに対し「クローズド・スキル」は、環境な変化が少なく安定しており、予測が容易なスキルを指す。陸上、水泳、ゴルフなどの個人的スポーツでも単独の技能、ドリブル、パス、シュートなどを取り上げるとクローズドスキルとなる。個人技。

オープンスペース(open space)
相手プレーヤーのいない空いている領域。
ここにパスを出すと相手守備陣を崩しチャンスを作ることができる。

オブストラクション(obstruction)
直接ボールにプレーしないで相手を妨害する行為。ルール改訂で「オブストラクション」と言う用語は使われなくなり、「インピード(impedes the progress of an opponent)」と言う表現に変わった。
間接フリーキックが相手に与えられる。

オンサイド(on side)
オフサイドの反則」を取られない位置。

50音別ページ 索引 ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行 分類別
索引
本ページ内のジャンプ
ボタンを押すともとのページにもどります
ホームページホームページに戻る