総構
そうがまえ

山ノ神堀切付近総構
天正18(1590)年、小田原を本拠地とし関東を支配した北条氏に、
天下統一を目前にした豊臣秀吉が宣戦布告をします。
総勢22万の大軍を有する秀吉に対し北条氏はたったの5万、
北条氏には圧倒的に不利な戦、ですが、秘策がありました。
それがこれから紹介する総構です。

総構イメージ 作画杉山実氏
総構イメージ 作画杉山実氏
総構とは中国や西洋のお城のように、
町までお城の範囲として堀と土塁で囲んだ城郭で又の名を『大外郭』とも言います。
小田原城の総構は北西及び南西部には丘陵地を、
北東部は渋取川周辺の湿地帯、南東部は相模湾を天然の要害として利用します。

山中城の障子堀
画像は山中城の障子堀です。
小田原城の総構もこのような畝で区切られる障子堀が構築されていると言われます。
畝を形成することにより堀に落ちた敵兵の身動きを奪い守り手側は敵を射易くなります。
又、関東ローム層と言われる粘土質の赤土は滑りやすく、
蟻地獄のように一度落ちたら這い上がるのは不可能と言われます。

山ノ神堀切付近総構
小田原城の総構は周囲全長9kmも構築され、
22万の兵力を有した秀吉でさえ容易に攻め入ることができませんでした。
力攻めを諦めた秀吉は心理戦として石垣山に一夜城を築く事により北条氏を驚かして降伏させます。
北条氏を滅ぼし天下統一を果たした秀吉は自らの居城大阪城に総構と障子堀を構築します。
そして日本全国のお城で総構が造られるようになり城郭史に大きな影響を与えました。

小田原城Map
小田原の街には総構の面影を伺えるポイントが随所にあります。

総構を歩いてみましょう
小田原城の総構は日本の城郭史に残る凄いお城です。
総構をめぐり、あなたも戦国時代の息吹を感じてみませんか?

見所は以下の通りです。詳しくは画像をクリック!!

井細田口 井細田口
井細田口は総構の甲州街道の出入り口として北東に位置します。
史跡は何も残されておりませんが、
井細田口の喰違の構造が現在の国道255線にそのまま残されています。
暗渠に隠れてしまった渋取川が井細田口の近くにも流れており、
地図を見比べると大外郭の外堀と一致しております。

谷津御鐘ノ台 谷津御鐘ノ台
大外郭には御鐘ノ台と呼ばれる場所が2箇所あります。
そのうち谷津山にあるのがこの谷津御金ノ台です。
秀吉の小田原攻めの際にこの辺りを守ったのは北条氏房で、
四角い櫓台のような地形が残されております。
谷津山尾根筋には大外郭の城壁と堀も残されており、
久野口と呼ばれる虎口もあるようで、
防衛拠点として重要な場所の一つです。
井細田口まで踏み込んで谷津山尾根筋に沿って大外郭を紹介します。

城下張出 城下張出
横矢がけが四角く張り出したような非常に珍しい構造の場所です。
総構には同じような構造の場所が他にも数箇所あるようですが、
この城下張出が一番保存状態が良い場所です。
以前は藪で覆われておりましたが、近年綺麗に刈られ、
城下張出の構造が解り易くなりました。

荻窪口 荻窪口
関東学院大学の近くは比較的保存状態の良い総構が残されております。
又、付近には荻窪口と呼ばれる虎口があったようですが、
地形が複雑すぎて具体的な構造が謎のままだそうです。
この荻窪口近辺の掘も深い藪に覆われておりましたが、
近年藪が刈られ、眺めも良く綺麗に整備されました。

稲荷森 稲荷森
桜の馬場と呼ばれる場所の近くの堀で小峰大堀切よりも深い堀です。
小田原城大外郭ではもっとも保存状態の良い場所と言われており、
城壁の落差は10m近くありそうです。
降りたら堀底から這い上がるのも困難な場所です。

御鐘ノ台 御鐘ノ台
小田原城の西端に位置しもっとも標高の高い場所になります。
地名の由来は秀吉の小田原攻めの際に陣鐘が置かれたと言われており、
谷津御鐘ノ台に対して小峰御鐘ノ台と呼ばれています。
半島状に突き出した形状の縄張りで小田原城の最前基地となります。
近辺の遺構保存状態も良い場所で、総構の堀も確認できます。
又、北原白秋の散歩道でもあり、眺めも非常に良い場所です。

板橋見附 板橋見附
板橋見付は戦国時代には無く、江戸時代になってから造られました。
東海道の西の出入り口の為、上方見附とも言われました。
喰違の構造の道路が現在にもそのまま残されています。
お城と邸園、小田原用水と旧東海道の古い街並みを眺めながら、
板橋地区を散策するのも面白いですよ。
早川口 早川口
小田原城の総構では比較的に防御力の弱い地域を
二重の堀と土塁で防御力を強化するようで、
この早川口も二重の堀と土塁で構成されています。
堀道とした虎口として形成され非常に珍しい構造となっています。
この早川遺構は庭園として使われていた場所のようで、
その面影を残す美しい公園となっています。

御台場 御台場
御台場は幕末の黒船来航に対抗して建設された砲台の事です。
この御台場、実は小田原の海岸には3基あります。
そして歴史は東京のお台場よりも古いのです。
現在は跡地として史跡も殆ど残っておりませんが、
美しい小田原の海岸に残る小田原の名所と共に紹介します。

滄浪閣土塁 滄浪閣土塁
滄浪閣は伊藤博文の別邸です。
滄浪閣で民法が練られたことから民法発祥の地とされています。
また、小田原城総構の土塁上に伊藤博文像が建っています。
現在史跡指定を受けておらず、将来消失の危機に立たされています。
連上院土塁と比較した調査結果を合わせて公開します。
   
江戸口見附 江戸口見附
元々は山王口と呼ばれた小田原城と東海道との出入り口となります。
この江戸口見附は山王口より若干北へ移動し、
土塁で囲まれた食い違いの虎口で形成されていました。
現在は史跡標柱と小さな公園のみとなっており、
国道一号線を挟んで丁度向かい側に一里塚の記念碑もあります。

連上院土塁 連上院土塁
連上院というお寺さんの裏庭に残るく土塁です。
境内の敷地分完全に近い状態で残されている土塁です。
途中太平洋戦争時の着弾跡もあります。
又、土塁手前の道路は渋取川という川を暗渠で蓋をした道路で、
この渋取川は天然の堀として利用されていました。

渋取川 渋取川
連上院土塁から続く道路ですが、実は総構の堀として利用された川です。
江戸口見付から井細田方面まで続く道ですが、
地図で示される外郭線と見事に一致しております。
残念ながら史跡らしきものを見ることはできませんが、
道路と言うよりも歩道に近い道なので街歩きに歩き易い道です。


トップページへ