素人さんの家庭菜園季節の野菜

8月炎天下、熱中症に注意しながら作業しよう

8月は7月に引き続き収穫があるのと、秋野菜の準備がそろそろ入ってきます。とにかく炎天下なので、昼日中は出来るだけ作業を避けます。実際、水やりも日中にあげると、お湯になるので野菜によろしくないと言われています。収穫などで時間のなくて日中作業をする場合はアイスノンを仕込み、飲み水の携帯は必須。のどの渇きを覚えなくても飲みながら作業します。さらに、夕方に作業する場合「蚊」の餌食になりますので、蚊取り線香も必須。蚊取り線香の渦巻きをいくつかに折り分けて、畑の各所に設置しながら作業することを提案いたします。
人間も夏バテでダメダメになるのですが、8月から秋冬野菜のための準備がもう始まるのです。

  1. 8月上旬から少しずつ秋野菜予定地の耕作 ジャガイモ収穫跡地にダイコン場所を作ったり
  2. 8月中旬お盆の頃、ニンジンなど種まき
  3. 8月下旬〜末にはダイコンの種まき キャベツ、ハクサイ、ブロッコリーなども種まき

8月上旬から少しずつ秋野菜予定地の耕作

ニンジンやダイコンの予定地を耕し始めます。とにかく暑さで体力を消耗するので一気にやらないことが大事。ちょっとずつ予定地を耕作しておきます。

8月中旬お盆の頃、ニンジンなど種まき

ニンジンの種まきはお盆の頃を目安にします。また、スティックセニョール(アスパラ風味の茎立てブロッコリー)の種を庭などでポリポットに蒔きます。そして上旬から引き続き、ちょっとずつダイコン予定地を準備しておきます。ニンジンの場合は蒔いてから芽が出るまで水を欠かさず与えます。8月中旬〜下旬頃、ナスの実の成りが一段落したようであれば切り返しを行います。乾燥しすぎたりして、弱っていると切り返しに失敗して枯れます。ただ、弱っていると切り返さなくても枯れます。台風や夕立などの大量の雨が降ると、ナスは復活します。

8月下旬〜末にはダイコンの種まき

月末にはダイコンの第一段の種を蒔きます。ダイコンの種まきは早すぎると虫にやられたりしますので8月下旬から9月上旬にかけ、週末に何回かに分散して種まきをします。秋冬のブロッコリー、ハクサイ、春用のキャベツなどもこの頃に庭でポリポット種まきができます。ポットに撒くのは、虫の被害防止と夏野菜全盛期なので畑のスペースがないためです。また台風が接近したりして被害の恐れあるので、トマトやナスの支柱を確認したり、インゲンなど収穫の終わった野菜は片付けをしておきます。

↑このページのTOPに戻る
→次の項目に進む