面接対策と小論文の書き方(就職活動&推薦入試・大学進学ネット)

SPリンク
小論文のルール
小論文はルールを守って
小論文と作文の違い(必読)
基本ルール色々
表現はシンプルに
自分を登場させない(客観的に)
小論文の内容
小論文は考察
基本構成
補足1.結論は主張を書くものだけど
補足2.検証と問題
補足3.良いふさわしい問題提起
動画で学ぶ小論文
大学受験スピート小論文
面接での重要なポイント
面接は第一印象で決まる
面接室への入り方~基本姿勢
基本的な質問と応答
自己PR・自己アピール
長所・短所
趣味・特技
最近気になるニュース
最近読んだ本
志望動機
志望動機・志望理由のコツ
志望動機テンプレート

ホームに戻る

面接対策と小論文の書き方

推薦入試の試験といえば、面接と小論文です。両方とも、推薦入試だけでなく就職活動にも活用できるので、しっかりと身に付けておきましょう。

※検索で訪れた大学生の方へ

大学進学ネットは高校生のための推薦入試対策がメインです。推薦入試も、就職活動も内容はほぼ同じなので、問題はないのですが、 レポート・卒論・就職用小論文・就職活動対策などは大学生活ネットでご確認いただくと良いかもしれません。

■面接(履歴書)の目的

面接(履歴書)は、「大学・企業に対して、自分を知ってもらうために行うこと」です。この目的を忘れてしまうと、見当違いの回答をしてしまうことがあるので、忘れないようにしましょう。「合格するため」ではありません。「合格するためには」と考えても、良い回答は作れないと思います。でも、「自分を知ってもらう」と考えれば、面接の回答も作りやすいはずです。そして、自分を知ってもらって、初めて合格を手にすることができます。

■小論文の書き方

大学におけるレポートの書き方とまったく同じと思ってください。ここで小論文の書き方をマスターしておけば、大学に進学してからも困りませんし、就職活動でも困りません。

小論文は文学などよりもはるかに簡単に作成することができます。文学には起承転結が必要です。この中で難しいのは、物語を盛り上げるための「転」の部分だと思います。しかり、小論文には「転」がありません。「起承結」という、ただただ事実を一直線で述べていくのが小論文です。

詳しくは、小論文の項目をお読みください。

大学入試の小論文指導の専門家が作った「動画で学ぶ小論文の書き方」です。制限時間を意識した珍しいマニュアル。制限時間がある中での構成を練る方法、良く見せるテクニックなどが盛り込まれていましたよ。
小さくてごめんなさい。「ぎりぎり合格への論文マニュアル」という本です。ギリギリどころかしっかりとツボを押さえています。特に「細かい技術」が網羅されている点で、珍しいタイプの本と言えます。コミカルで読みやすいのもポイントです。

このページのトップへ

推薦入試・AO入試のすべて

ベネッセの試合格マニュアル
面接対策・志望動機対策

質問内容や模範解答例が豊富
SPリンク