表現はシンプルに(就職活動&推薦入試・大学進学ネット)

SPリンク
小論文のルール
小論文はルールを守って
小論文と作文の違い(必読)
基本ルール色々
表現はシンプルに
自分を登場させない(客観的に)
小論文の内容
小論文は考察
基本構成
補足1.結論は主張を書くものだけど
補足2.検証と問題
補足3.良いふさわしい問題提起
動画で学ぶ小論文
大学受験スピート小論文
面接での重要なポイント
面接は第一印象で決まる
面接室への入り方~基本姿勢
基本的な質問と応答
自己PR・自己アピール
長所・短所
趣味・特技
最近気になるニュース
最近読んだ本
志望動機
志望動機・志望理由のコツ
志望動機テンプレート

ホームに戻る

表現はシンプルに

小論文は誰が読んでも100%同じように受け止められるものでなくてはいけません。「無駄な部分を一切なくして、必要な部分のみを書く」これが小論文です。こう聞くと、小論文って最も簡単な文章のように見えてきませんか?

小論文は「自分以外の誰かに見てもらうために書く」ことを意識する!

■「A」と言いたいのなら「A」としか言わない

自称「文章が得意な人」に多いのが文学的な表現の多用です。「まるで○○みたい」という、いわゆる比喩表現を使う人がいますが、これはいけません。たとえば、「鼻をかんだ後の鼻毛のように、彼女の髪は輝いていた」というなら、素直に「彼女の髪は輝いていた」と言えば良いのです。余計な情報が入らず、誰もが同じように受け止めることができます。

■便利なのは数字・名前(固有名詞)

○数字

「大学進学ネット管理人は、この文章を2007年9月24日に書きました」と、書いておけば、誰もが2007年9月24日に書いたと判断します。しかし、「この文章を今日書きました。」と書いておいた場合、それを1週間後に見た人はどう思うでしょうか。おそらく、2007年10月1日に書いた文章だと受け取ってしまうでしょう。

「ギャル曽根は、ハンバーグをたくさん食べた」と書くよりも「ギャル曽根は、ハンバーグを5kg食べた」と書いた方が意味が伝わりますよね。人によっては、500gで「たくさん」かもしれませんし、2kgで「たくさん」かもしれません。数字をうまく使うことで、誰が読んでも、全く同じ意味で物事を伝えることができるのです。

赤いのは3倍→食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字(上)

○固有名詞

「戦争」は名詞です。「第一次世界大戦」は戦争の名前(固有名詞)です。たとえば「戦争は大きな影響を与えた」と書いても、どの戦争のことか分かりません。人によって思い浮かべる戦争が違うではないでしょうか。

でも、戦争を「第一次世界大戦」に置き換えると、意味がくっきりと見えてきますよね。誰もが「第一次世界大戦」を思い浮かべるはずです。

大学入試の小論文指導の専門家が作った「動画で学ぶ小論文の書き方」です。制限時間を意識した珍しいマニュアル。制限時間がある中での構成を練る方法、良く見せるテクニックなどが盛り込まれていましたよ。
小さくてごめんなさい。「ぎりぎり合格への論文マニュアル」という本です。ギリギリどころかしっかりとツボを押さえています。特に「細かい技術」が網羅されている点で、珍しいタイプの本と言えます。コミカルで読みやすいのもポイントです。

このページのトップへ

推薦入試・AO入試のすべて

ベネッセの試合格マニュアル
面接対策・志望動機対策

質問内容や模範解答例が豊富
SPリンク