素人さんの家庭菜園季節の野菜

家庭菜園でしまった( ̄◇ ̄;)と思うこと

何が一番悲しいか、蒔き時、植え時を逃してしまうことです。もちろん、育てている物が病気になったり、虫にやられたりして残念な結果になることも悲しいのです。しかし、植え時を逃すと、大体はまた1年待たないと次の適期がこないこと。
過去危うかったのは、サツマイモの植える時期いろいろと忙しく6月半ばをすぎてから苗を買いにいこうと思ったらどこにも売っていなかったと言うことがありました。この時はある程度育ってから、菜園の他の方に接ぎ木用の苗を頂きました。(サツマイモは接ぎ木で育てることが出来る)。以来、早すぎず遅すぎずで、市場から欲しい物が消えない時期というのに十分注意を払うようになりました。
秋冬野菜の種まきの時も逃しがち。夏野菜がまだ実をつけていていつまでももったいないな〜と片付けないと、秋冬野菜の種まき時を逃します。
よその畑で、「あ、こんな野菜作っている」と実がなった頃思っても当然撒くには遅いのですよね。初めての野菜はいつ蒔くかとか調べて、その時期まで覚えておかないと行けない。キヌサヤなど、毎年5月頃にいいな〜と思っていましたが、蒔き時が10月11月。半年経った頃に忘れているのですよね。
家庭菜園ではとにかく1年サイクルなので、年間の計画、予定、が大事です。年一回考えるのではなく、やはり春夏秋冬の4期くらいに分けて考えるのが良いです。畑でぼーっと、この作物の後はなにを植えようかとか考えることが大事です。楽しいですし。

↑このページのTOPに戻る
→次の項目に進む