素人さんの家庭菜園季節の野菜

家庭菜園に向く人

家庭菜園をやってみよう!思った方なら誰でも家庭菜園は出来ると思います。後は、個々の性格に合わせて育てるのに向かない野菜はあるかもしれません。続けられるかどうかについては、まさに、何を育てるかにかかってくのではないかと思います。

タイプ別育てる野菜

なお、このコメントは管理人hanakoが思うままに記載しますので、何の根拠もありません(*゜∀゜*)エヘ

一回にど〜んと作業する、一挙集中型タイプ

 足しげく畑に通えなくても育ちやすい、収穫しやすい野菜は以下の通り。つまり、適当に放っておいても育ったり、適正な時期に一挙に収穫したりするような野菜達です。

  • 【2月末頃】ジャガイモ
     →植える、芽かきをする、掘り上げるの3ステップ
  • 【3月】サニーレタス
     →種をまく、間引きながら収穫を繰り返す
  • 【4月下旬】シソ
     →種をまく、間引く、順次収穫。翌年勝手に芽が出てくる、順次収穫の繰り返し
  • 【4月下旬】ミニトマト
     →苗を買う。支柱を立てる。芽かきだけする。わき芽は3本くらい育ってしまっても大丈夫
  • 【5月】エダマメ
     →ポットに種をまく、本葉3〜4枚で菜園に移植、収穫の3ステップ。育ちすぎたら大豆にしてね
  • 【5月】ラッカセイ
     →ポットに種をまく、本葉3〜4枚で菜園に移植、収穫の3ステップ
  • 【6月上旬】サツマイモ
     →苗を買う、植える、収穫の3ステップ ※植え付け直後の乾燥だけ注意してね
  • 【6月】モロヘイヤ
     →種をまく、適当に間引く、順次収穫
  • 【9月】ダイコン
     →種をまく、途中2回に分けて間引く、順次収穫。収穫期は畑で植えっぱなしでもOK
  • 【11月上旬】タマネギ
     →苗を買う、植える、収穫の3ステップ

↑このページのTOPに戻る

コツコツと地道に作業する、こまめなタイプ

  • 【4月下旬】トマト
     →芽かきをコマメに。ワキ枝が育ってしまうと大玉になりません
  • 【4月下旬】ナス
     →ナスは水で育てます。ひたすら水やりをすると実付きが良いです
  • 【6月】オクラ
     →実がなり2日と開けずに収穫しないとすぐ大きくなります。小さいうちが美味しい
  • 【5月】ツルアリインゲン
     →実がなり始めたら大量収穫。2日と開けずに収穫しないとすぐ大きくなります
  • 【5月】キュウリ
     →キュウリも水で育てます。実もこまめに取らないとすぐに大きく育ちます
  • 【8月】キャベツ
     →害虫防止網は隙間無く設置。収穫後も塞ぎます
  • 【8月】ニンジン
     →土を柔らかくすること、種まきから芽が出るまで土を乾かさないよう水やり、こまめな間引き
  • 【11月】キヌサヤ
     →実がなり始めると2日開けずに収穫しないとすぐ実が大きくなります

↑このページのTOPに戻る

虫嫌いなあなた。

私も虫は激しく嫌いなのです。ただ、畑で出くわすと放っておいてもいいか。と思うのでなんとかやっている状況。羽のある虫は勝手にどこかへ飛んでいくのであまり気にしない。とくに芋虫系がおぞましい。虫が付いたら家族の他の者に処理してもらうか、その作物はあきらめるか、棒でピッと飛ばして(もしくは棒をピッと投げて)長いタイプのスコップで遠くからエイッと土をかぶせておしまいにします。もしくは放っておく。つまりは具体的な対応はしていないに等しい。全滅したらそれまでと思っています。アブラムシは激しく発生したらその野菜はあきらめます。捨てます。そのくらい私も虫が嫌いです。そんなあなたにはこの野菜。

  • 【2月末頃】ジャガイモ
     →病気にはなったりしますが、虫にやられることは少ない
  • 【5月】キュウリ
     →ウリバエのみ。ウリバエ対策は苗移植時に収穫後のタマネギの葉を回りに敷く
  • 【4月下旬】シソ
     →虫らしい虫が付いたことが無いです。独特の香りが虫を避けるのでしょうか
  • 【5月】ラッカセイ
     →ラッカセイも虫はほとんど付かない。土の下に実が出来るからでしょうか
  • 【6月上旬】サツマイモ
     →これも虫にやられた経験はありません。モグラがかじるけど
  • 【11月上旬】タマネギ
     →冬の間に育てるからでしょうか虫の影響は感じたことがありません
ちなみに、虫よけに一番効果があるのは「防虫ネット」 です。

↑このページのTOPに戻る
→次の項目に進む