素人さんの家庭菜園季節の野菜

畑での作業手順

家庭菜園の世話をしに畑にいったら何をするか。私の大体の作業手順をご紹介します。重要なのは、「その日」どの位作業できる時間があるかによって、重要ポイント、優先順位をつけるのが大事です。。

まず畑をみる

ぐるっと畑の様子を見て、何をしなければいけないかを確かめます。水やり、収穫する物があるか、草むしりの緊急性はどのくらいか、弱っている野菜はあるか、片付ける野菜はあるか、次の作物を植える準備はできるかなどなどです。

  1. 水やり
    →朝なら一番に水やりをします。夕方の水やりは、夏なら17時過ぎ、冬なら15時前までにというのが私の基準です。夏は暑いときに水をあげてもお湯をあげるような状態ですし、冬はあまり遅くに水をあげて夜に凍ったりするのも避けたいので季節によって順序を考えています。
  2. 野菜の状態への対応
    →水やりと前後して、野菜の状態への対応をします。栄養が不足していそうだったり、鳥の被害があったり、病虫害の被害が発見されたり、その中で即時対応が出来そうな物は対策(網を掛けたり、傷んだ葉を除去したり、芽かきなど)を施します。
  3. 草むしりの緊急性
    →特に夏場。増えてはいけない雑草が発見されたり、お隣の畑との境に雑草が繁茂してきたり、雑草が生長してしまって穂など「種」が出来そうな物は除去します。畑での滞在予定時間を換算して、収穫の時間とバランスを取り、これ以上雑草が生長してはマズイと思われる場所から草むしりします。
  4. 野菜の片付けもしくは準備
    →野菜の片付けは手が空いたときにしています。次に蒔く場所の準備もできるだけ前々から少しづつ行います。時間があれば一気にしても良いのですが、農繁期の6〜10月は草むしりほか忙しい時期に秋野菜の準備になる為、とにかく手が空いたときに少しずつ準備します。
  5. 収穫
    →朝穫りが一番なのでしょうが、なかなか朝が苦手で (´▽`)ゞ  夕方収穫です。収穫量にもよりますが、収穫は畑での作業の最後にしています。これはなるべく収穫してすぐに調理したり洗ったり(水をあげる)して、作業中に畑で萎びたりしないようにする為です。

大体上記の順番で作業をするのですが、全部は無理です。冬は1の水やりをしないときが多いですし、2は状況によって必要なかったりします。
時間のない時:1→5 冬は5のみ
1.5時間コース:1→2→5 もしくは 1→3→5
2~3時間コース:1→2→3→5 もしくは 1→3→4→5

↑このページのTOPに戻る
→次の項目に進む