コミュニケーション学・コミュニケーション学部:志望動機の例(推薦入試・大学進学ネット)

SPリンク
志望動機のコツ・テンプレート
志望動機のコツ・ポイント
志望動機テンプレート
社会科学
法学部・政治学部・政治経済学部
経営学部・商学部
経済学
社会学
観光学
情報学
メディア学部
教育学・人間学・心理学・哲学
教育学部
保育学部(児童学)
人間学部(人間科学)
コミュニケーション学
心理学
哲学
宗教学
言語・国際
言語学(日本語)
言語学(外国語)
国際関係学・外国文化
文学・地理・歴史
文学部
歴史学
地理学(資源)
考古学
リベラルアーツ・教養学
芸術
音楽・音大
美術・芸術
舞台・演劇・舞踏
生活科学
生活科学・家政学
服飾・被服学
食物・栄養学
住居学
その他の学問
理学部・工学部・理工学部
農学部・生物学部
福祉学部
体育学部・体育大学
環境学部・宇宙学・地球学
外部リンク
志望理由・志望動機の例文サイト

ホームに戻る

コミュニケーション学部:志望動機の例

「だれとコミュニケーションをするの?」とか「いつ、どこで、なぜ、どのようにコミュニケーションするの?」というように研究対象を絞っていきましょう。たとえば「だれと?」だった場合、明確な研究対象はいますか?親子でしょうか。先生と生徒でしょうか。それとも日本人と外国人?

■出だしは結論「何をやりたい?何になりたい?」

キーワードは「手法」「対象」「将来の夢」です。 手法はコミュニケーションの方法です。口頭以外にも電子メール・電話・ジェスチャーなどがあります。対象は「誰に対してのコミュニケーション?」「どんな場面でのコミュニケーション?」ということです。 家庭・医療・介護・会社・恋愛・異文化コミュニケーションなど色々ありますね。

■理由・背景

人は見た目が9割という本に、言語そのものがコミュニケーションに影響するのは7%で、非言語(ノンバーバルコミュニケーション)がコミュニケーションに影響するのは93%と書かれていました。これを知ってからというものの、ノンバーバルコミュニケーションの効果をたくさん実感してきました。同じセリフでも表情や抑揚によって伝わり方が180度変わるなどとても興味深いです。そして、最終的には○○に役立てる手法について研究したいとk何が得ています。」

「三つ子の魂百まで、という言葉がありますが、親が子に関わる時間は非常に大切だと思います。親子のコミュニケーションのあるべき姿を・・・」

「曖昧な表現を好む日本人と、はっきりモノをいう欧米人と、一体どこに差があるのか。また、両者が上手にコミュニケーションをとるには~)」

「電子メールや電話でのコミュニケーションが増加して、対面して話すことが少なくなっています。このようなコミュニケーションが世に与える影響、メリット、デメリットなどを~」

■大学へのこだわり

ここには、大学への志望動機を盛り込みます。みなさんが結論や理由で挙げたことを学習するのは、志望大学以外の大学でも可能ですよね?ですので、「たくさんある大学の中で、何故この大学に入りたいと思ったのか」を説明する必要があります。リクルート進学ネットなどでパンフレットを受け取り、調べておく必要があります)

■結論で締める

「だから私は、この大学で文学を学びたい」など、ここまでの流れに応じて、締めの言葉を述べてください。

■意思を伝えるための大学志望理由について

○大学への志望動機はパンフレットに載っている

同じ学部をもつ大学3校くらいの教育理念を比較すれば、その大学の武器が見えてきます。理念は必ずパンフに大きく掲載されているので、しっかりチェックしましょう。リクルート進学ネットでは、大半の大学資料を無料で請求できますので比較用パンフの請求などに活用すると良いでしょう。(ごく一部ですが有料もあります)

このページのトップへ

推薦入試・AO入試のすべて

ベネッセの試合格マニュアル
志望理由の書き方

学部ごとの志望動機の例がある

質問内容や模範解答例が豊富
SPリンク