言語学・外国語学:志望動機の例(推薦入試・大学進学ネット)

SPリンク
志望動機のコツ・テンプレート
志望動機のコツ・ポイント
志望動機テンプレート
社会科学
法学部・政治学部・政治経済学部
経営学部・商学部
経済学
社会学
観光学
情報学
メディア学部
教育学・人間学・心理学・哲学
教育学部
保育学部(児童学)
人間学部(人間科学)
コミュニケーション学
心理学
哲学
宗教学
言語・国際
言語学(日本語)
言語学(外国語)
国際関係学・外国文化
文学・地理・歴史
文学部
歴史学
地理学(資源)
考古学
リベラルアーツ・教養学
芸術
音楽・音大
美術・芸術
舞台・演劇・舞踏
生活科学
生活科学・家政学
服飾・被服学
食物・栄養学
住居学
その他の学問
理学部・工学部・理工学部
農学部・生物学部
福祉学部
体育学部・体育大学
環境学部・宇宙学・地球学
外部リンク
志望理由・志望動機の例文サイト

ホームに戻る

言語学・外国語学:志望動機の例

もちろん英語だけではありません。内容も言語を覚えるのみではなく、言語の成り立ちと文化、異文化コミュニケーション、歴史・宗教と言語、外国語教育など様々です。

■結論

■理由

日本人の英語を読んで、英語の文章の組み立て方が、どのような論理や感覚に基づいているかなどを知った。たとえば、住所の表現は、建物名、道路名など自分に近いところから始まり、名前も同様に自分を表すファーストネームから始まる。一方、日本語は、都道府県から、ファミリーネームからなど、周りから自分に近づいてくる表現が多く、ここだけでも文化の違いを感じられる。私は、このような事例をもっと探し、英語文法と文化の関係について研究したい。」

国家の品格を読んで、小学生への英語教育の必要性について考えてみたいと思った。十分な国語力がついてから英語を勉強すべきか、それとも国語力は気にせずに英語を勉強しても良いものなのかを明らかにしたい。国語力がなければ、読解力や表現力に乏しくなるという藤原さん(筆者)の主張も分かるが、一方で小さいころから英語を見に付け活躍している人もいる。このような主張や事例を、生活環境や文化などの観点から研究したい。」

「外国語教師になりたい!フライトアテンダントになりたい」などの場合には、その職業のことを簡単に調べてから、「どういう人になりたいか・どういう活躍をしたいか」を考えてみましょう。
→やりたい仕事から大学・学部を探すのならリクルート進学ネット

■大切なのは意思(1番力を入れる所)

ここには、大学への志望動機を盛り込みます。みなさんが結論や理由で挙げたことを学習するのは、志望大学以外の大学でも可能ですよね?ですので、「たくさんある大学の中で、何故この大学に入りたいと思ったのか」を説明する必要があります。リクルート進学ネットなどでパンフレットを受け取り、調べておく必要があります)

■結論で締める

だから私は、この大学で外国語を学びたい・・・と締めます。

■意思を伝えるための大学志望理由について

○大学への志望動機はパンフレットに載っている

同じ学部をもつ大学3校くらいの教育理念を比較すれば、その大学の武器が見えてきます。理念は必ずパンフに大きく掲載されているので、しっかりチェックしましょう。リクルート進学ネットでは、大半の大学資料を無料で請求できますので比較用パンフの請求などに活用すると良いでしょう。(ごく一部ですが有料もあります)

このページのトップへ

推薦入試・AO入試のすべて

ベネッセの試合格マニュアル
志望理由の書き方

学部ごとの志望動機の例がある

質問内容や模範解答例が豊富
SPリンク